「Cilantro」ピザ窯で焼くピザが絶品!パイナップルとチリのピザが最高に美味だったカリフォルニア料理のフュージョンレストラン

見て!触れて!食べて!飲んで!ネタフルの丸ごとアルバータ

お気に入りに追加

「Cilantro」ピザ窯で焼くピザが絶品!パイナップルとチリのピザが最高に美味だったカリフォルニア料理のフュージョンレストラン

cilantro-3414

アルバータ州を旅していて気づくのは、料理の美味しさです。明確に「これがカナダ料理」と呼ばれるものはありませんが、アルバータ牛をはじめとした地元の食材を使い、世界中の料理にインスパイアを受けた、オリジナルの美味しい料理を食べられる店が本当に多いのです。ご紹介するのは、カルガリーのダウンタウンにある「パクチー」という意味の店名を持つレストラン「Cilantro」です。

cilantro-3423

カルガリーの人気店は、お洒落な店が多いです。「Cilantro」を訪れたのは平日だったので、スーツ姿のビジネスランチ風の人や、近所からふらりとやってきたような人たちでほぼ満席でした。

cilantro-3393

1階席。

cilantro-3396

案内されたのは2階席。バーコーナーがありました。

cilantro-3392

iPadで予約管理、座席管理がされてました。

cilantro-3394

メニューで中心の価格帯となるのは、20〜30ドルくらいでしょうか。ひとつひとつはボリュームがあるので、いくつかオーダーしてシェアするのがオススメです。

cilantro-3397

特にお勧めしたいのがピザ。だって、これがありますから。

cilantro-3395

ピザ窯!

目の前で生地を伸ばし、次々にピザが焼かれていきます。

cilantro-3398

何を食べようか迷う、旅のメンバーたち。カルガリー国際空港に到着したその足でやってきたので、お腹もペコペコです。

cilantro-3400

と、その前に、旅の無事を祈願して乾杯です。今回の旅のテーマの一つでもあるのですが、実はアルバータ州でもクラフトビールが流行しています。大小様々な蒸留所が生まれ、日本でいうところの地酒のように、土地土地のビールを楽しむことができるようになっています。レストランに行くと、ビールはだいたいクラフトビールなんです。ボトルビールだけでなく、何種類かは樽生が繋がれています。

cilantro-3403

ぼくは大好きなワイルドローズの「VELVET FOG」でスタート。

cilantro-3402

乾杯!

cilantro-3406

定番のシーザーサラダ。レストランでサラダというと、ほとんどの店でシーザーサラダが食べられます。そして、美味しいです。

そして、オーダーしたピザが次々に登場です。

cilantro-3405

トマトのピザ。シンプルで軽めで、焼き上げられたトマトが美味しいです。

cilantro-3409

個人的に超お気に入りになったパイナップルのピザ。チリでピリ辛、ベーコンとパイナップルの相性が抜群でした。料理にフルーツが入ってるのはあまり好みではないのですが、このパイナップルは甘さ控えめで、最高にベーコンと合いました。日本でも食べたいです。

cilantro-3411

アルバータならではの食材、エルクを使ったピザです。スパイスでうまく独特の香りも消され、肉々しいピザを堪能することができます。

cilantro-3412

これまたアルバータならではの食材、バイソンを使ったブリスケットです。ブリスケットというのは部位で、肩バラ肉のことだそうです。ピザ生地でバイソンを挟んでいるような感じでしょうか。スパイスが効いていて、野趣溢れる肉を包み込みます。

cilantro-3408

海外の食事が口に合わないかもしれない、なんていう心配が杞憂になるカルガリーのレストラン事情をお伝えしました。

cilantro-3416

カルガリーでは、ぜひ食事も堪能してください!

コメントを残す