冬のケベックは
楽しい

氷点下の冬でも、ケベコワの遊び心は止まらない。
スケートやカーリングなど
冬のスポーツを楽しむのは当たり前。
日本人には想像もつかない遊び心が
ケベックにはあふれている。

真冬のケベック州を訪れたあなたがきっと最初に驚くのは、氷点下で凍えるほどの寒さでも、ケベックには人があふれているということ。「ケベック・ウィンター・カーニバル」「モントリオール・ルミエール」「イグルーフェスト」など、冬の祭典に参加すれば、寒さを忘れる情熱に触れることができる。
四季折々の魅力があふれるケベックだが、冬には訪れた人々の人生観を変える景色が広がる。ユネスコ世界遺産のケベックシティ旧市街はまるで絵本の世界に入り込んだかのような幻想的な景色に。そして冬限定のアイスホテルでは、現実の世界ではないと錯覚してしまいそうな氷の芸術に包まれ、一生に一度の思い出を作ることができるはず。
また、野生動物との出会いも冬ならではの感動がある。ハープシール(タテゴトアザラシ)の赤ちゃんの表情を見れば、心が温かくなる自分に歓びを感じるはず。驚きと感動にあふれた冬のケベックを旅してみよう。

  • モントリオール・ルミエール(光の祭典)

    Montreal en Lumiere

    毎年90万人以上の人が訪れる冬の祭典。期間中はモントリオールの街中に数々の光のアート作品が現れ、夜空を賑やかに彩る。世界中のクリエイターが創造する「光、アート、テクノロジー」をテーマにした屋外インスタレーションは、言葉にできないほどの美しさ。一流シェフのグルメイベントから家族向けアクティビティまで、人々の歓びであふれる冬のモントリオールへ。

  • イグルーフェスト

    Igloo Fest

    世界で最もクールでアツい屋外音楽イベント。毎年、1月中旬から2月上旬にモントリオール旧港で開催されるイグルーフェストで、最先端の電子音楽を聴きながら踊りまくろう。参加者の情熱と興奮によって、そこが氷点下であることをついつい忘れてしまうほどの盛り上がり。

  • ジャーマン・クリスマスマーケット

    German Christmas Market

    11月末からクリスマスにかけて、ケベック市庁舎の側に特設されるドイツ式のクリスマスマーケット。ドイツ料理やホットチョコレートなどを味わえるだけでなくコンサートや、ワークショップなども催されている。運が良ければ、サンタクロースにも会えるかも?

  • アイスホテル

    Hotel de Glace

    冬のケベックで特別な宿泊体験を。毎年、期間限定で営業する全て雪と氷で造られたアイスホテル。幻想的なライティングに浮かび上がるロビーの豪華さに圧倒される。彫刻や柱、シャンデリアはもちろん、バーのカウンターや椅子も氷。おまけにシャンパングラスも氷なので味わうときは手袋を忘れずに。客室には暖かい毛皮が敷かれているのでご安心を。

  • ハープシール・ウォッチング

    Harp Seal watching

    セントローレンス湾に浮かぶマドレーヌ島。2月下旬から3月初旬にかけて、この島の海を埋め尽くす流氷の上では、約25万頭のハープシール(タテゴトアザラシ)が出産、子育てをしている。この時期にだけ催行されるタテゴトアザラシ観賞ツアーは、真っ白でふわふわの毛皮をまとったタテゴトアザラシの赤ちゃんを間近で見ることができる。ツアーでは、島の中心からヘリコプターに乗って流氷へ。上空から見降ろすセントローレンス湾の絶景に息をのみながら、実際に氷に降り立ってから出会うタテゴトアザラシの真っ白な赤ちゃんに心を奪われる。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

SEARCH