MOVIE

HOME~心輝くカナダの旅 inプリンス・エドワード島~

元女優の水木彩也子、27歳。20年続けた女優をやめて日本一周をする中、芽生えた新しい目標は人々の心の故郷になるような宿を作ること。小さい頃から憧れていた「赤毛のアン」の物語の舞台、カナダのプリンス・エドワード島でB&Bや小さな可愛い村をめぐり、人々の島への愛とおもてなしの心得を学ぶ。
いくつもの出会いを重ねながら、いつしか心が輝く新しい自分に生まれ変わっていることに気づく。

HIGHLIGHTS

  • モンゴメリー・イン・アット・イングルサイド/Montgomery Inn at Ingleside

    「赤毛のアン」の作者モンゴメリの祖父の家。今も直系に当たるポールさんが当時のままに家を保存し、B&Bを営んでいる。モンゴメリさんも小さい頃よくここに滞在した。「赤毛のアン」に出てくる「輝く湖水」はこの家から見える湖がモデルとなっている。モンゴメリさんの幼少期の頃のエピソードなどを楽しく話したりしながら、ゲストをもてなすポールさんにとって大切しているのは「ゲストファースト」の思い。ゲストに小説の主人公になった気持ちでくつろいでもらいたいのだそう。
  • グランド・ビクトリアン・PEI/Grand Victorian PEI

    古い教会をリノベートした結婚式場。この町を旅している時に売りに出ている古い教会を見つけて一目惚れして購入したというグレッグとマリリー夫妻。結婚式の準備をする新婦の部屋はロマンチックなビクトリア時代の内装、新郎が友人たちとリラックスしながら待つボーイズルームにはビリヤード台があったり、二人のアイディアが隅々にまで活かされて、暖かいムードが漂っている。
  • ザ・オールド・ミルポンド B&B/The Old Millpond B&B

    ローナさんとグレンさんが、故郷の両親の家にそっくりだったいうことで購入した古い家をリノベートした2部屋だけのB&B。ローナさんの行き届いた気遣いに溢れた心地の客室にゲスト専用のリビングルームもある。夫婦で手分けして作る朝食も絶品。希望があれば、お菓子作りなども教えてくれる。様々な理由でここを訪れる人々にとってのサンクチュアリーであり続けたいと常にゲストの心に寄り添うおもてなしを心がけているというローナさん。また帰りたくなるような暖かさに満ちている。
  • フレンチ・リバー/French River

    プリンス・エドワード島の風物詩ともなっているカラフルな漁師小屋が並ぶ入江。7月は満開のルピナスに彩られ、秋は小麦畑が黄金色に輝く。季節を通して美しい風景を楽しむことができる。
  • サンダー・コーブ/Thunder Cove

    赤土の長い海岸線の先にあるティーカップの形をした岩が有名なビーチ。崖も岩も波や風による侵食で日々、形を変えている。
  • お化けの森/Haunted Wood

    プリンス・エドワード島の美しさを人々に伝えようとインフルエンサーとして活躍するステファニーとともに、グリーン・ゲイブルズから続く小道を歩く。ここは、空想好きのアンが「お化けの森」と名付け、膨らみすぎた空想で自ら怖くなって通れなくなってしまうというエピソードのある森。確かに鬱蒼とした木々の枝の形がお化けを想像させる。

コメント

  • チカコ

    18才の頃、バンクーバーに留学しました。毎日学校に通い、休みの日はスタンレーパークやガスタウン、ローヒードモール、ダウンタウンに出かけた楽しい日々でした。あれから40年の月日。もう一度バンクーバーを訪ねてみたい気持ちでいっぱいです。今度はプリンスエドワード島にも行ってみたいです!カナダ大好き!カナダ万歳‼️

  • chiyo ohashi

    仕事で夏場、秋にはよく行っていました。のどかで田園風景がいいですね!今では本土から長い橋もかかり便利になりました。のんびりSEA FOODSを食べながらの旅行をおすっすめします。

  • 桜子

    10歳の時、本屋さんで 初めて自分で選んだ本が、赤毛のアンでした。ず~と夢に描いたプリンスエドワード島に77歳のお祝いとして訪ね、すっかりアンになりきって楽しい時をすごしました。

     青春時代の想い出がそのままよみがえり、主人がギルバートに❔ そんなぁ~⁉️ ですよね❤️

  • 千田 百合子

    これから 始まる 物語~~~~~ 素敵な 旅でしたね☺️ 楽しみですね ステキな出会いに感謝です‍♀️ ✨ ⭐️

  • いしはまひろこ

    いつか私も、行きたいな。アンの年頃は過ぎてしまったけと、写真を見てるだけで、楽しい気持ちに、なります。

  • いしはまひろこ

    (*^o^*)行きたい。いつか行きたい!かないますにいに!

  • 岩城 雅子

    私も 今年こそ 今年こそと思いながら
    未だに プリンスエドワード島に行けてません 憧れ続けて50年‼️ 海外に行ける環境になって10年ですが‼️ 後 5年の内には と 考えていますが
    リンゴの花咲 小路を歩きたいわ

  • 加藤 文子

    赤毛のアンに出会って30年はたちます
    大好きなアン、あなたに必ず会いに行きます
    この物語を日本に紹介してくれた村岡花子先生にも感謝です❤

  • kumiko kousaka

    昨年、38年ぶりの海外旅行で、憧れのプリンス・エドワード島へいきました。

    あの素晴らしい風景を思い目を閉じると、心はあの場所に飛んでいきます。

    まるで初めて行った場所じゃないような感覚の旅でした。

  • Toko Suzuki

    カナダにはスキーで行きましたが(バンフー、レイクウェールズ、ブラックコム、ヴァンクーバー)今度はプリンス、エドワード島やトロントに行ってみたいです‼️

  • 冨岡克子

    もう一度行きたいなぁ!

  • 冨岡克子

    ボストンで研修中の長男一家と、母を連れて訪ねた時、昔からの憧れだったプリンスエドワード島を、幼かった孫娘と一緒に
    訪ねました。
    ロブスターをレストランで食べていた時に知り合った方の、別荘に招かれたことを、思い出しました。
    彼はアメリカに4件の家があるそうです。新聞社のオーナーだそうです。
    今思えば、カナダならではの夢物語の話しです。
    アンが招いてくれた貴重な、旅の思い出です

  • 樋口 由紀代

    凄いですね。私も、赤毛のアンに憧れ続けて、夢が叶って35年の時を経て行ってきました。
    もしもし、行けたら是非会いに行きたいです。頑張って下さい❣️

コメントを残す

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

SEARCH