NEWFOUNDLND AND LABRADORTRAVEL GUIDE 知りたいニューファンドランド

City Experience

街を歩く

セント・ジョンズ

St. John’s

カナダ最東端の都市セント・ジョンズ

ニューファンドランド島東部のアバロン半島に位置するセント・ジョンズは、ニューファンドランド&ラブラドール州の州都。15世紀末頃に、探検家ジョン・カボットがヨーロッパ人として初めて上陸した場所といわれており、北米で最も古い歴史をもつ街のひとつだ。カナダの歴史を語る上で、この都市の存在は欠かすことができない。英国植民地としての歴史が長く、今でも街には英国の影響が色濃く残っている。港沿いのダウンタウンには英国風パブやバーがひしめき、夜になるとパブの明かりと地元の人々の賑やかな声が、世界一霧の深い街としてギネス登録されているセント・ジョンズに、独特の明かりをもたらす。初めてやってきた旅行者でも思わずパブに足を踏み入れたくなる。
この街を歩いていると、急な斜面に建ち並ぶ、お菓子のようにカラフルで印象的な横板張りの家々を目にする。この街が“ジェリービーンズ・タウン”と呼ばれる理由が分かるはずだ。路地の周辺に何気なくフォトスポットがあふれ、急な坂道を登っていることを忘れてしまう。
ダウンタウンから車で約10分、小高い丘の上に位置するシグナル・ヒル国定史跡。この場所からセント・ジョンズの全景や大西洋を一望することができる。大きな豪華客船や貨物が入り江を出入りすることも少なくなく、他の港町では見られない風景が広がる。シグナル・ヒルは、英仏戦争の舞台であり、世界で初めて海外から送られてきた無線信号の受信に成功した場所としても有名。カナダの歴史において、重要な役割を果たしてきた場所だ。
そして北米最東端にあるスピア岬灯台国定史跡を訪れると、ヨーロッパとのつながりをより深く感じられるはず。ニューファンドランドで最古の灯台は、切り立った崖の上から大西洋を見下ろしている。情緒たっぷりの風景の中、潮風を浴びながら遊歩道を歩いてみよう。ニューファンドランド&ラブラドール州で新しい発見と出会う期待感に胸が躍るにちがいない。

1

Quidi Vidi Village

キディ・ビディ・ビレッジ

キディ・ビディ港の入り江のほとりに昔ながらの漁村の雰囲気を残す集落。18世紀に建てられたかつてのアイルランド移民の住宅「マラード・コテージ」は、北米で最も古い木造建築のひとつ。現在は、地元料理を味わえるレストランとして開業中。キディ・ビディ・ブリュワリーは、地ビールを楽しめる人気スポットとして賑わう。

2

Signal Hill
National Historic Site

シグナル・ヒル国定史跡

セント・ジョンズのランドマーク的な存在であり、最も人気がある観光スポットのひとつ。1901年、この場所でグリエルモ・マルコーニが史上初となる大西洋横断無線信号の受信に成功した。ジョン・カボットが上陸してから400周年を記念し建設されたカボット・タワーは、さまざまな歴史に彩られた街のシンボルとなっている。夏の間は「シグナル・ヒル・タトゥー」と呼ばれる軍事パフォーマンスが行われる。

3

The Battery

ザ・バッテリー

戦時中にセント・ジョンズ港を守るために活躍したバッテリー(砲台)には、急な斜面にカラフルな家屋が並ぶ。

4

Water St.

ウォーター通り

レストランやショップ、銀行などが並ぶ、セント・ジョンズの中心部。情緒豊かな街並みを気の向くままに歩いていると、気が付けばノスタルジックな気分に。

5

Jellybean Row Houses

ジェリービーンズ・タウン

港町セント・ジョンズを象徴する風景のひとつ。まるで色とりどりのジェリービーン(お菓子)のような街並みは「ジェリービーンズ・タウン」とも呼ばれる。
カラフルな家々のアイテムはお土産にも人気。

4

The Rooms

ザ・ルームズ

セント・ジョンズの街中でひときわ存在感を放つザ・ルームズは、2005年にオープンした総合型の文化施設。近代的でスタイリッシュな建物では、セント・ジョンズの歴史やアートに触れることができる。最上階の「ザ・ルームズ・カフェ」は、若者に人気のスポット。セント・ジョンズの街並みを一望しながら、優雅に食事を楽しもう。ギフトショップには個性豊かなアイテムが豊富に揃っているので、お土産探しにもぴったり。

7

George St.

ジョージ通り

バーやパブが並び、地元の若者の賑やかな声と音楽が聞こえてくる。ここへ来たら夜遅くまでナイトライフを楽しもう。

8

To Cape Spear Lighthouse
National Historic Site

スピア岬灯台国定史跡

北米最東端のスピア岬灯台は、北米で最初に日の出が見られる場所として人気を集める観光スポット。小高い丘の上に立つ木造の灯台は、1836年に作られたニューファンドランドで最古の灯台で、1995年まで安全な航海を守り続けていた。歴史を伝える貴重な遺産として、現在は国定史跡に指定されている。