カナダの世界遺産

カナダの世界遺産

お気に入りに追加

カナダにはユネスコ世界遺産として登録されている場所が17ヶ所点在している。地球の悠久の時間が作り上げた自然遺産、その中で生きてきた先住民や移民たちのたくましさを伝える文化遺産。そのひとつひとつが、この国の雄大さと奥深さを物語り、私たちに強い感動を与えてくれる。

世界遺産マップ

ランス・オ・メドー国定史跡

ニューファンドランド島最北端にある考古遺跡。世界遺産の登録が始まった1978年に決定された、世界遺産第1号のひとつ。1000年以上も前に北欧バイキングが上陸し、生活されたとされる場所。実際に生活道具など様々な遺跡や遺物が発掘されている。

国名 :カナダ
分類 :文化遺産
登録年 :1978年
遺産名(英語):L’Anse aux Meadows National Historic Site

ランス・オ・メドウ国定史跡

ナハニ国立公園

ナハニ国立公園

サウス・ナハニ川に沿って細長く広がるノースウエスト準州の国立公園。その面積は4765平方kmと広大。落差90mの絶壁を怒涛のように流れ落ちるバージニア滝をはじめ言葉を失うような景観が連続する。カリブーやマウンテンシープなど北の野生動物も多数生息している。

国名 :カナダ
分類 :自然遺産
登録年 :1978年
遺産名(英語):Nahanni National Park


州立恐竜公園

300体以上の恐竜の化石が発掘された古生物学の宝庫。1億年ほど前、この辺りに35種類のk長竜が生息していたことが判明している。周辺は7千万年前の地層がむき出しになっており、恐竜時代に迷い込んだような奇観が広がる。

国名 :カナダ
分類 :自然遺産
登録年 :1979年
遺産名(英語):Dinosaur Provincial Park

州立恐竜公園

アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群

アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群

クルアニ国立公園を含むアラスカとカナダの国境にある4つの自然保護区には、カナダ最高峰のマウント・ローガンをはじめ5000m級の高峰が連なり、合間には長さ65kmのローウェル氷河など、長大な氷河が流れ出している。

国名 :アメリカ、カナダ
分類 :自然遺産
登録年 :1979,1992,1994年
遺産名(英語):Kluane / Wrangell-St Elias / Glacier Bay / Tatshenshini-Alsek


ヘッド・スマッシュト・イン・バッファロー・ジャンプ

先住民が断崖にバッファローの群れを追い込み、崖下に落として一網打尽にする、という独特の狩猟をおこなった場所。無数のバッファローの骨と合わせて当時の人々の日用品や武器なども数多く発掘されている。

国名 :カナダ
分類 :文化遺産
登録年 :1981年
遺産名(英語):Head-Smashed-In Buffalo Jump

ヘッド・スマッシュト・イン・バッファロー・ジャンプ

スカン・グアイ(アンソニー島)

スカン・グアイ(アンソニー島)

2000年以上も前からこの地で自然と共存してきた先住民ハイダ族の生活跡がみられる場所。19世紀までに人々は島を去り、現在では鬱蒼とした森の中に30基以上のトーテムポールやかつて人々が暮らしたログハウスが残るばかり。

国名 :カナダ
分類 :文化遺産
登録年 :1981年
遺産名(英語):SGang Gwaay


ウッド・バッファロー国立公園

アルバータ州北東部とノースウエスト準州の南部に広がっているカナダ最大の国立公園。約4000頭のバッファロー(アメリカバイソン)をはじめ、数多くの野生動物が生息している。

国名 :カナダ
分類 :自然遺産
登録年 :1983年
遺産名(英語):Wood Buffalo National Park

ウッド・バッファロー国立公園

カナディアン・ロッキー山岳公園群

カナディアン・ロッキー山岳公園群

バンフ、ジャスパー、ヨーホー、クートニーの4つの国立公園とそれに隣接する3つの州立公園からなる一帯。3000m級の山々が屹立し、その合間にはコロンビア大氷原などたくさんの氷原や氷河が顔をのぞかせている。雄大な渓谷には針葉樹の森が広がり、ターコイズブルーに輝く湖が点在。

国名 :カナダ
分類 :自然遺産
登録年 :1984,1990年
遺産名(英語):Canadian Rocky Mountain Parks


ケベック旧市街

1608年の入植以来、北米におけるフランス文化の中心的役割を担ってきた街。18世紀にイギリスの支配下となり、1867年にカナダが建国してからもなお、ここにはフランスの言葉と伝統が引き継がれてきた。城壁に囲まれた旧市街には、中世ヨーロッパの面影が色濃く残る。

国名 :カナダ
分類 :文化遺産
登録年 :1985年
遺産名(英語):Historic District of Old Quebec

ケベック旧市街

グロス・モーン国立公園

グロス・モーン国立公園

太古の地球で起こった様々なできごとを目の当たりにできるダイナミックな場所。海底マントルが地上に押し上げられてできた赤茶色の山々、数千万年分の地層が隆起してむき出しになった絶壁、氷河によって削られた深い内陸フィヨルドなどが見られる。

国名 :カナダ
分類 :自然遺産
登録年 :1987年
遺産名(英語):Gros Morne National Park


ルーネンバーグ旧市街

18世紀、植民地戦争に勝利したイギリスがドイツなどのプロテスタント系の人々を移民として送り、作り上げた街。斜面に碁盤の目状に延びる街路、そこに並ぶ窓付き屋根のあるビクトリア調家屋など、今も当時の街並みが残されている。

国名 :カナダ
分類 :文化遺産
登録年 :1995年
遺産名(英語):Old Town Lunenburg

ルーネンバーグ旧市街

ウォータートン・グレーシャー国際平和公園

ウォータートン・グレーシャー国際平和公園

1932年にアメリカとカナダの国境を越えて作られた世界初の国際平和公園。カナダ側のウォータートン・レイク国立公園は東の大平原からカナディアン・ロッキーが盛り上がる場所にあり、変化に富んだ自然が広がる。

国名 :アメリカ、カナダ
分類 :自然遺産
登録年 :1995年
遺産名(英語):Waterton Glacier International Peace Park


ミグアシャ国立公園

ケベック州のガスペ半島に位置する国立公園。3億7000年前の魚の化石などが出土し、考古学者が注目する場所。手足のようなひれが完全に保存されている魚の化石は、ダーウィンの進化論において、魚が歩行を習得したという、極めて重要な瞬間を示すものとなっている。

国名 :カナダ
分類 :自然遺産
登録年 :1999年
遺産名(英語):Miguasha National Park

ミグアシャ公園

リドー運河

リドー運河

カナダの首都オタワとキングストン間の202kmをつなぐ歴史的な水路。1832年、アメリカに対抗するための軍事輸送ルートとして開かれたもので、起伏のある丘陵地帯にあるため、途中47ヶ所に水門を設けて、水位を調整する工夫がなされている。

国名 :カナダ
分類 :文化遺産
登録年 :2007年
遺産名(英語):Rideau Canal


ジョギンズ化石断崖

古代、石炭紀の情景を伺わせる、世界で最も保存状態のよい天然の化石の森。むき出しの太古の断崖から、初期爬虫類や植物など貴重な化石が発掘。古代、石炭紀の情景を伺わせる、世界で最も保存状態のよい天然の化石の森を見ることができる。

国名 :カナダ
分類 :自然遺産
登録年 :2008年
遺産名(英語):Joggins Fossil Cliffs

ジョギンズ化石断崖

グラン・プレの景観

グラン・プレの景観

アカディア文化の発祥の地。17世紀、フランス人入植者たちはグラン・プレ(=広大な草原)を開拓し、入植を開始。18世紀には英仏戦争に巻き込まれ、イギリスによる弾圧を受けるが、グラン・プレには多くの遺構が残っており、その土地には美しい景観が広がる。

国名 :カナダ
分類 :文化遺産
登録年 :2012年
遺産名(英語):The Landscape of Grand-Pré


レッド・ベイのバスク人捕鯨基地

16世紀にスペイン少数民族のバスク人によって捕鯨活動が行われていた場所。陸上の遺跡のほか、海底には当時の捕鯨方法や造船技術を伝える沈没船があり、水中文化遺産として歴史的に重要な場所となっている。

国名 :カナダ
分類 :文化遺産
登録年 :2013年
遺産名(英語):Red Bay Basque Whaling Station

レッド・ベイのバスク人捕鯨拠点