もっと知りたい イッカク

お気に入りに追加

【イッカク】 クジラ目 イッカク科

和名:イッカク
漢字表記:一角
英名:Narwhal
学名:Monodon monoceros

体長:オス4.7m(「角(ツノ)」は除く) メス4.0m
体重:オス1,600kg メス900kg
寿命:最長50年
分布:北極海域(カナダ、グリーンランド、ロシア)
食べ物:魚類(カレイ、タラ、サケ、ニシンなど)、カニ、エビ、タコ、イカなど

「角」の正体は上あごの左の歯

イッカクは、オスもメスも、上あごに歯(犬歯)が2本ある。

メスの場合、2本とも骨の中に埋もれたままになっている。つまり、事実上、歯がないのに等しい。

一方、オスでは、右の歯は骨に埋もれているが、左の歯はどんどん伸びて、上唇を突き破り、反時計回りにねじれながら、長くてまっすぐな牙となる。この牙が、「角」の正体だ。

「角」の正体は、左の歯。

「角」の正体は、左の歯。

この「角」は、イッカクの体長(頭胴長)の1/3~1/2にもなり、中には長さ3m、重さ10kgに達するものもある。

「角」の先端は磨かれたように白くなっているが、先端より下の部分は、藻などが付着して、緑ないし赤味がかっている例が多い。

一角(ユニコーン)伝説

イッカク

イッカク

一角獣(ユニコーン)

一角獣(ユニコーン)

中世のヨーロッパに、イッカクの角が持ち込まれることがあった。極北の先住民が狩ったイッカクの角が、流れ流れて、ヨーロッパに着くころには、もとの動物の情報などきれいさっぱりなくなってしまい、「伝説の動物、一角獣(ユニコーン)の角だ」ということになっていた。

もしかしたら、逆に、持ち込まれたイッカクの角を見て、一角獣という「謎の未確認動物」を思いついたのかもしれない。

なにしろ、誰も見たことのない「霊獣」の角だ。削った粉を飲めば、霊験あらたか、というわけで、解毒剤や、抗うつ薬として珍重され、同じ重さの黄金の何倍もの値段で取り引きされたという。

歯のないハクジラ?

イッカクはハクジラ亜目イッカク科に属する。イッカク科は、イッカクとシロイルカ(ベルーガ)の二種だけで構成される。この二種は近縁で、ごくまれに交雑することもある。

イッカク

イッカク

シロイルカ

シロイルカ

イッカクもシロイルカも、歯のあるクジラ、ハクジラの仲間である。

しかし、シロイルカの歯は小さく、あまり尖っていないし、イッカクに至っては、歯そのものがないに等しい。

そのため、両種とも、獲物はもっぱら吸い込んで捕らえ、丸ごと飲み込む。獲物が大きすぎると、喉を通らないので、適度な大きさの獲物を狙うことになる。

群れで暮らすイッカク

群れで暮らすイッカク

角(牙)比べで仲間の間の順位を決める

角(牙)比べで仲間の間の順位を決める

音を使い、チームワークでハンティング

イッカクは、6~12匹ぐらいの群れで行動する。

シロイルカや、ほかのハクジラの仲間と同じく、イッカクの頭には「メロン」と呼ばれる、脂肪が詰まった器官がある。鼻の奥から出した音を、メロンで屈折させ、前に集中して発射する。そして跳ね返ってくる音を聞いて、暗い海の仲でも魚の位置を知ることができるのだ。

そのとき出す音は、「クリック音」と呼ばれている。

群れが協力して、このクリック音で魚を驚かし、追い込むこともある。

時には、1500mもの深さにいる魚の群れを捕まえると言う。

イッカク
イッカク

コメント

  • 棚橋柚葉

    今、高校生三年生の卒業して、シロイルカショーをやいたいです。トレーナーになりたいです。

コメントを残す