バンクーバー発祥の地で、 センスを感じる食とモノを。

&プレミアム

バンクーバー発祥の地で、 センスを感じる食とモノを。

お気に入りに追加

&Vancouver

Gastown/ギャスタウン

都市と自然が隣り合い、世界で最も暮らしやすい街といわれるバンクーバーを紹介する雑誌『アンドプレミアム』の新連載。第1回はバンクーバー発祥の地、ギャスタウンへ。ナビゲーターは『オールド フェイスフル ショップ』で働くドナルド・ランブロウだ。

area data

バンクーバー中心部、ダウンタウンの北東部に位置し、バラード入り江に面したエリア。美しい街路樹やレンガ造りの建物など、レトロな雰囲気が味わえる。エリア内にあるウォーターフロント駅は、東京で例えるなら東京駅や新宿駅のようなビッグステーション。空港から電車で市内にアクセスする際の到着駅でもある。

今回のナビゲーター

ドナルド・ランブロウ
Old Faithful Shop マネージャー

ギャスタウンにあるライフスタイルショップの店長。国内外から集めた質の高い日用品を扱う。

地元の人々から愛される、センスのいい良店へ。

まずは『ネメシス・コーヒー』へ。常連も旅行客も分け隔てなく迎えてくれるフレンドリーな店で、「コーヒーはもちろん、選曲もいいよ」とランブロウ。人気のエスプレッソでひと息ついた後はショッピングへ。「ギャスタウンらしい服なら『ネイバー/ウーマン』だね。有名無名を問わず、エッジの効いたアイテムが見つかると思う」。小腹がすいたら?と聞くと『ピュアブレッド』を挙げてくれた。「おばあちゃんのレシピを使ったというパンやマフィンの店で、素朴な味がいいんだ」。夕食のおすすめは、ギャスタウンで最も予約が取れないとの噂もある『ラバトワール』。「手作り&地元産オーガニックにこだわったカナダ西海岸料理が絶品!」だそう。最後はランブロウが働く『オールド フェイスフル ショップ』へ。経営者のウォルター・マニングらが彼の祖父が100年前に営んでいた雑貨店を復活させた店で、セレクトに確かな審美眼が感じられる空間だ。「ギャスタウンは歴史と創造性が混在する街。クールな店が次々とできているよ!」

ネメシス・コーヒー

ほうじ茶などお茶類も充実。2 バンクーバーでコーヒー文化が花開いた’90年代育ちのコール・トレパニエ。今では仲間7人と地元密着型のこの店を営むように。3 濃厚な味わいのナッツバタートーストC$6.50とフルーツたっぷりのシリアルC$6.50。
フードメニューのファンも多い。

02 W Hastings St., Vancouver ☎なし 8:00〜18:00 土日9:00〜17:00 無休

ネメシス・コーヒー

02 ネイバー/ウーマン

4 植物性木蝋100%のオリジナルトラベルキャンドル。5 趣ある店構え。6 カナダ以外からセレクトした日用品やスツールなど大ぶりのアイテムも並ぶ。オーナーが愛犬家ゆえ、ペットグッズも充実。オリジナルの照明器具も製作している。

320 W Cordova St., Vancouver ☎778−327−9376 11:00〜19:00 日〜18:00 無休

02 ネイバー/ウーマン

オールド フェイスフル ショップ

7 オーナーのサーガー・ディラウリはNYでバイヤーとして活躍していた人物で、地元のファッショニスタからの信頼も厚い。日本では見かけない気鋭のブランドが見つかるかも。8 靴やバッグなど小物も。9 徒歩数分の距離にメンズショップもある。

45 Powell St., Vancouver ☎778−379−1409 11:00〜19:00 日12:00〜18:00 無休

オールド フェイスフル ショップ

ピュアブレッド

10 窓際のイートインスペース。全20席あるがいつも混雑! 11 旬の果物もたっぷり。おすすめのレモン・ブルーベリー・バジル・スコーンはC$
4.25。散策のお供に。12 毎日約50種が焼き上がる。ベジタリアンやグルテンフリーが充実しているのは、さすがオーガニック先進都市のバンクーバー。

159 W Hastings St., Vancouver ☎604−563−8060 8:
00〜18:00 無休 ウィスラーにも店舗が。

ピュアブレッド

05 ラバトワール

13 カナダのベストレストランに毎年ランクインする実力派で、フレンチを取り入れたカナダ西海岸料理が人気。14 ステーキ・ダイアンC$45。焼き牡蠣など、バンクーバーの海の幸も味わえる。15 入ってすぐはバーコーナー。カクテルの腕も確か。週末は隠れたブランチスポットでもある。

217 Carrall St., Vancouver ☎604−568−1701 17:30〜22:00 (金土〜22:30) 土日ブランチ10:00〜14:00 無休

05 ラバトワール

『&Premium』54号掲載 photo:Hironobu Sato Illustration:Sara Kakizaki coordinate:ARA Professional Travel edit&text:Yuka Uchida

コメント

  • ふくちゃん

    7月12日から、カナダに行きます。
    もちろん、バンクーバーにも行くので、早速行ってみたいですね!

コメントを残す