&プレミアム

17世紀の街並みから知る、モントリオールの歴史。

お気に入りに追加

&Montreal

オールド・モントリオール

17世紀にフランス人が開拓したケベック州。州最大の都市、モントリオールにも仏文化が多く残っている。この街の歴史を知るため、マリーンさんに旧市街地を案内してもらった。

area data

1600年代〜1800年代に造られた、石畳のクラシカルな街並みが残る旧市街地。有名なノートルダム大聖堂があるのもここ。セントローレンス川に面した水辺のエリアでもある。地下鉄のPlace-d’Armes駅、Champ-de-Mars駅から徒歩すぐ。目抜き通りのサン・ポール通りは、20分程度で端から端まで散策できる。

今回のナビゲーター

マリーン
ブロガー

モントリオール在住の人気ブロガー。食と旅を中心に執筆。街の最新情報にも詳しい。

石畳の街に漂う、ヨーロッパの空気。

「まず訪れてほしいのは『ポイント・ア・カリエー』ね!」とマリーンさん。ここはモントリオールの街について学べる考古学歴史博物館。地下には発掘調査場も残り、探検するような感覚で街の歴史が勉強できる。
「街中にも歴史的建築が残っているのよ」と教えてくれたのは『クルー・コレクティブ アンド カフェ』。「1928年築の銀行を改装していて、内装がとびきり素敵なの」。ノートルダム大聖堂近くの『ブラッスリー・セットゥサンアン』も同じく建物が魅力。「ネオクラシックの建物でフレンチなんて優雅よね!」
19世紀から続く『ル・プティ・デップ』はまさにパリにありそうな駄菓子屋。フランス文化が色濃く根づいている、この街らしいスポットだ。「最後は『モントリオール・プティーン』で地元グルメを!」とマリーンさん。ポテトにグレービーソースとチーズをかけたプティーンは地元っ子のソウルフード。この街に来たなら必食だ。「ラストはできたばかりのアレクサンドラ港へ。この港を歩けば、さっきまでいたオールド・モントリオールが、いかに歴史ある地区か実感できるはずよ」

1 ブラッスリー・セットゥサンアン

1 ノートルダム大聖堂の近くにある、ネオクラシック建築を改装したフレンチレストラン。内装も料理もパリ黄金期のブラッスリーから着想を得たもの。ディナーはアペタイザーとメインを1品ずつ選んでC$50ほど。2 バーだけに立ち寄っても。ブラックベリー・ティー・カクテルC$15。

701 Côte de la Place d’Armes, Montréal
☎514−904−1201
6:30~23:00(金土~24:00) 無休

1 ブラッスリー・セットゥサンアン

2 ル・プティ・デップ

3 愛らしい佇まいの1822年創業の駄菓子屋。ショーケースに並ぶのは素朴なクッキーやカップケーキ。4 カラフルなキャンディの他に、お土産になりそうなキッチュな雑貨も置いている。5 店があるのはオールド・モントリオールの中心、サン・ポール通り。店内には小さなカフェコーナーもあり、街歩きの休憩にもぴったり。

179 Rue Saint-Paul O, Montréal
☎514‒284‒9162
8:00~21:00(木金土~23:00) 無休

2 ル・プティ・デップ

3 モントリオール・プティーン

6 モントリオールのご当地グルメ「プティーン」。フレンチ・フライにグレービーソースとチーズをかけた一品で、決め手はカナダの他州にはないケベック産のフレッシュチーズ。7 モントリオールには様々なプティーンがあるが、人気はテラスのあるここ。オリジナルのスモークミート味もぜひ。

181 Rue Saint Paul Est, Montréal
☎514‒866‒0008
11:00~21:00(木~23:00 金土~翌2:00 日~22:00)無休
プティーンC$10.25。

3 モントリオール・プティーン

4 クルー・コレクティブ アンド カフェ

8, 9 1928年創業の銀行を改装したカフェ。荘厳なモザイクが施された天井や大理石の階段、煌めくシャンデリアなど、当時のまま残された優雅な空間に圧倒される。10 センスのいいフードや淹れたてのコーヒーなど、カフェとしても人気は確か。一部のフロアがシェアオフィスになっていたりと、クリエイティブな空気も感じられる。

360 Rue Saint-Jacques, Montréal
☎なし
8:00~20:00 無休

4 クルー・コレクティブ アンド カフェ

5 ポイント・ア・カリエー 考古学歴史博物館

11 街の成り立ちを展示する考古学歴史博物館。モントリオールがまさにここから始まったとされる、歴史的な土地に立つ。ライトアップされた発掘調査場など、ドラマチックな演出も人気。12クラシカルな街並みで目を引くユニークな建物。近くには新しくなったアレクサンドラ港もあるので水辺の散策も一緒に楽しみたい。

350 Place Royale, Montréal
☎514‒872‒9150
10:00~17:00(土日11:00~) 月休
入館料C$22。

5 ポイント・ア・カリエー 考古学歴史博物館

『&Premium』66号掲載 photo : Mika Kataoka (Maple Fun Tours) illustration : Sara Kakizaki coordination : Mika Kataoka (Maple Fun Tours) edit & text : Yuka Uchida

コメントを残す