いつかオーロラを見たい

お気に入りに追加

いつかオーロラを見てみたい。願い続けて、何年が過ぎただろう。一歩踏み出せなかったのは、「もし見えなかったらどうしよう」という小さな恐怖心ゆえ。どんなに晴天率が高い場所へ出向いたとしても、太陽活動が活発な時期を選んだとしても、実際に見られるかどうかは運次第。一生に一度の夢なのに、天候に左右されてしまうなんて。あまりにも悲しく、上手に気持ちを切り替えられる自信がない。

うじうじと悩んでいた私に、またとないチャンスが訪れた。カナダに行けば、オーロラを追いかけながら飛ぶ「オーロラチャーターフライト」に乗れるという報せ。そうか、空から見ればいいのだ。オーロラが現れるのは上空100〜400kmだから、飛行機の航路よりもはるか上空。でも、分厚い雲に覆われて地上からは見えない日でも、突き抜けてしまえば確率は大きく上がるだろう。

いつかオーロラを見たい-イメージ5
エアノースのB737機に乗り込む。この先は防寒着も不要。

2019年3月、かくして私は、ユーコン準州の州都・ホワイトホースへと向かった。オーロラが頻繁に出現するエリア「オーロラベルト」の真下に位置するホワイトホース は、3 日間滞在するとほぼ見られると言われるほど好条件の鑑賞スポット。2017年の冬に始まった「オーロラチャーターフライト」は、B737型機で地上10km以上にまで到達する、世界でも類を見ない本格的なものだ。地元のエアライン「エアノース」が運航を担当しており、ベテランのパイロットが予報を確認しながらその日のベストルートを選んでいるのだそう。実際に、過去2回は大成功をおさめたと聞き、期待に胸が高鳴る。

いつかオーロラを見たい-イメージ6
席は全席指定。グループごとに窓際席から用意されているので、鑑賞のチャンスは平等だ。

運命の夜。他のツアー参加者とともに市街地にあるホテルからの送迎バスに乗り込んだ。空港で待っていたのは。クラシックな風貌のジェット機。記念写真を撮り、タラップを歩いて機内へ。制服姿のCAさんが席を回ってドリンクサービスしてくれるのは、ふだん乗っている旅客機と同じだ。さて、いよいよ離陸。揺れをほとんど感じないほどスムーズに飛び立った飛行機は、高度をグングンと上げていく。

いつかオーロラを見たい-イメージ7
光に邪魔されずに鑑賞できるようにとの配慮から、機内は真っ暗。カメラを固定するのはかなり難しい。

10分ほど経った頃だろうか。窓の向こうに、緑色の光が見えたのは。オーロラだ。こんなにもあっさりと、夢が叶ってしまっていいものだろうか。現実感がないままに、シャッターを切る。時に光を強め、形を変えながら、ダイナミックに動くオーロラのショーがしばし続く。

しばらくすると、オーロラが見えなくなった。かと思うと、反対側の席から聞こえてきた大きな歓声。どうやら、左右どちら側の席に座っても平等に見られるように、というパイロットの気配りらしい。時間はまだまだ、たっぷりある。次の出会いに向けてひと休みしていると、サンドイッチとポテトチップの機内食が運ばれてきた。暖かな機内でゆったりと座り、食事と飲み物を楽しみながらオーロラを待つ。なんて贅沢な夜だろう。

再び姿を見せたオーロラは、力強さを増していた。尾翼から星空に向かって伸びた光の帯が、2本、3本と数を増やしながらゆらゆらと揺れる。撮影の手を止め、窓の外に集中してみる。ようやく実感が湧いてきた。子供の頃から描いていた夢が、ついに叶ったのだ。

mgw

オーロラとともに、無数の星がきらめく夜空の美しさにも心を奪われる。

静かだった機内に人々の賑やかな話し声が戻った頃、飛行機は着陸態勢に入った。夢の時間も終わってしまうが、寂しさはなく満ち足りた気分。3時間ものフライトでたっぷりとオーロラを見ていたのだから、当たり前かもしれない。

この後、運良く地上からもオーロラを見ることができたが、機内から見たあのオーロラはやはり特別だった。まるでオーロラの中を突っ切ったような、不思議な感覚。少し大げさかもしれないが、宇宙に近づけた気さえした。

あれから数ヶ月が経ち、机の上にはあの日にもらった「オーロラフライト搭乗証明書」が飾られている。一生に一度の夢は、叶った。だけど、願わずにはいられない。いつかまた、もう一度と。

文章・写真 渡辺裕希子

コメント

  • 木村良子

    かなり前ですがオーロラを観にカナダへ。
    初トライはフォートスミス。3泊全夜曇りで一度も観ることが出来ず、飛行機ツアーがあれば、と思ったものです。翌年リベンジでイエローナイフへ。5泊全夜観ることが出来ました。言葉で表現するには難しい、とても素晴らしい光景でした。空からのオーロラ、いつか体験したいですね。

  • Aurora_lover

    2019年の「オーロラチャーターフライト」は催行されたんですね。2018年はキャンセルされ、代わりにキルナへのツアーに参加した方を知っています。

  • 荒巻 圭士

    このようなツアーに参加してみたい!ヨーロッパからの帰国フライトで機内からオーロラを見た事があるけど、オーロラを見るためのフライトって素晴らしいと思います。

コメントを残す