STORY

歴史・文化 歴史・文化

&プレミアム

カナダでも人気のアートタウン。ユニークな建築にも出合えます!

オンタリオ州

&Toronto

アート

世界有数のアート都市でもあるトロント。その魅力を絵画修復師のジェニファー・チェニーさんに聞いた。

area data

中心街には複数の美術館が点在している。ここで紹介した以外にも、陶器を展示する『ガーデナー博物館』や靴だけを展示する『バータ靴博物館』など、ユニークな施設も。郊外の広々とした敷地を活用したアート施設も豊富で、『MOCA』はその代表格。『MOCA』の周辺には現代アートのギャラリーが集合した倉庫街も。

今回のナビゲーター

ジェニファー・チェニー
絵画修復師

トロントに暮らして25年。仕事柄、アートスポットに詳しく、アーティストの友人も多い。

ユニークな建築も点在し街全体がまるでアート!

「トロントは芸術の街。この自由な空気を求めて移住するアーティストも多いのよ」とジェニファーさん。
街を歩けばユニークな建築があちこちに。『オンタリオ美術館』も巨匠フランク・ゲーリーの設計だ。
「トロントに来たら外せない場所ね。ピカソからカナダの先住民族のアートまで、存分に楽しめるわ」
『カナダ織物博物館』は、友人に薦められて行ってから、お気に入りになった場所。刺繍や織物など見飽きることのないコレクションだそう。2つの美術館&博物館を見た後は、アーティストが集うコミュニティスペース『401 リッチモンド』へ。館内にはギャラリーも複数ある。
「レトロな建物が好きで頻繁に訪れているの。緑豊かな中庭も素敵よ」
よりエッジの効いた現代アートに触れたいならダウンタウンの西端へ。
「少し閑散としたエリアだけど、アート施設『MOCA』の中に入れば一変! カフェやショップもあって、アート好きなら行く価値があるわ」
最後は『MOCA』にも近い『クリント・ローエニシュ・ギャラリー』。
「ここは今、最もフレッシュな現代アートに出合える場所。ここまで足を延ばせば、トロントのアートは完全網羅したと言えるわね!」

1 オンタリオ美術館

1 トロント出身の巨匠建築家フランク・ゲーリーによる建物が目を引く。2 うねるガラスの内側は開放的な通路で、その奥にはヘンリー・ムーアの彫刻だけを集めた世界最大規模の展示室も。コレクションは紀元前100年頃から現代アートまで約8万点。毎週水曜18時以降は入館無料。

317 Dundas St. W, Toronto
☎416−979−6648
10:30〜17:00(土日〜17:30 水金〜21:00)
月休 入館料C$25

1 オンタリオ美術館

2 カナダ織物博物館

3, 4 世界でも珍しいテキスタイルだけを集めた博物館。ラグや民族衣装、刺繍が施された小物など、カナダだけでなく世界200か国余りから収集した1万3000点余りのコレクションを、企画展のテーマに沿って展示している。5 美術館の創設は1975年。1989年から現在の場所にあり、テキスタイルを用いて表現する現代作家も紹介している。

55 Centre Ave., Toronto
☎416−599−5321
11:00〜17:00(水〜20:00)
無休

2 カナダ織物博物館

3 フォーゼロワン・リッチモンド

6 煉瓦造りの建物が目を引くコミュニティスペース。ギャラリーや建築・デザイン関係の事務所、アトリエなどが入る。踊り場などにも作品が展示され、アットホームな美術館のよう。7 館内はリノベーションされていて、落ち着く雰囲気。1階だけでも4、5軒のアートギャラリーが。カフェや緑豊かな中庭で休憩しても。

401 Richmond St. W, Toronto
☎416−595−5900
営業時間、定休日は施設により異なる

3 フォーゼロワン・リッチモンド

4 ミュージアム・オブ・コンテンポラリー アート・トロント・カナダ

8 1919年に建ったアルミニウム工場をリノベーションした現代アートの施設。空き地も多い工業エリアに突如として現れる。9 1〜5階が展示スペース。大空間を生かしたインスタレーションも。1階にはスタイリッシュなカフェやアートブックを扱う書店があり、半日のんびりと過ごせるほど施設内が充実。オリジナルグッズも人気。

158 Sterling Rd., Toronto
☎416−530−2500
10:00〜17:00(金〜21:00)
火休 入館料C$10

4 ミュージアム・オブ・コンテンポラリー アート・トロント・カナダ

5 クリント・ローエニシュ・ギャラリー

10 トロントでも屈指の現代アートのギャラリー。外観は倉庫のようだが、よく見ると看板が。MOCAから歩いて20分ほどで、周囲には他にも現代アートのギャラリーが密集している。11 インスタレーション的な展示も開催。どこかシニカルなアーティストが多く所属する。展覧会時期のみオープン。スケジュールはウェブで確認を。

190 St. Helens Ave., Toronto
☎416−516−8593
12:00〜18:00
日月火休 入場無料

5 クリント・ローエニシュ・ギャラリー

『&Premium』74号掲載 photo : Image courtesy of the AGO (1, 2), Textile Museum of Canada (3〜5), Tomoyo Yamazaki (6, 7), Ben Rahn/A-Frame (8), TOM ARBAN PHOTOGRAPHY INC (9), Toni Hafkenscheid (11) illustration : Sara Kakizaki coordination : Sumi Sato edit & text : Yuka Uchida

string(0) ""

&プレミアム

コメントを残す

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

SEARCH