歴史・文化

イヌイットとつながりたい 「石の島」の物語

#ヌナブト準州

ヌナブト準州の州都、イカルイト。「イヌイットとつながりたい」と考えた僕の旅が始まる。
イヌイットが暮らす島はどれも「石の島」。草は多少生えるものの、木は一本も生えない。つまり、石と岩でできた島。だから日本のように、桜が咲いたり紅葉で山々が染まったり、そんな景色はここにはない。風景の変化と言えば、短い夏が終わるとすべてが雪と氷に閉ざされることぐらいだろう。
木がないのだから、イヌイットの島にはそもそも「紙」がない。にもかかわらず、故ケノジュアク・アシェバクさんというイヌイット女性はここで版画を始め、その第一人者となり、世界中にイヌイット・アートの高い芸術性を知らしめた。

RECOMMENDED CONTENTS

  • FAR&WIDE ヌナブト編 ~美しき極北の冒険~

    ロベルトとベラは、いつかは挑んでみたいと思っていたカナダ極北の旅をするためにヌナブト準州へ。そこには息をのむよ […]

  • 超お手軽!! トーテムポール大紀行

    カナダ先住民の文化の中で、とてもユニークで、すこぶる派手、しかも誰でも知っているものがある。それは西海岸のトー […]

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

SEARCH