STORY

絶景 絶景

新絶景 秋のオーロラ

1か所に留まらないオーロラハンティングで出会う格別なオーロラ (1)

ノースウェスト準州

1年間のオーロラ撮影ロードはいよいよ秋に入った。秋のオーロラは黄葉と湖に写る逆さオーロラ等の撮影が有名だが、今回はそれに限らずあらゆる撮影を楽しみたいと思ってドローンでの空撮まで用意して旅を開始した。イエローナイフをスタートして、真っすぐなハイウエイ3をひたすら走り続ける。

オーロラハンティングと言われ始めて5年位経つだろうか?雲があっても無い所まで走りオーロラを追いかけて見るというスタイルだ。今回は往復1000キロを超えるオーロラや自然の姿を追い求める旅をスタートした!

オーロラ撮影に最高の場所

オーロラ撮影に最高の場所

素晴らしい天気と真っ盛りの黄葉と美味しい空気をたっぷり味わいながらのスタート。道際には、オーロラ撮影に最適なポイントがたくさん現れる。あ!あそこも良い。ここも良いぞ!などと騒ぎながらのドライブだった。(でもちゃんとチェックは怠りません)

バッファロー

バッファロー

しばらく走っているとバッファローの群れに遭遇した。子供を連れているため警戒心が強く、不用意に近づくことはいけない。かなり距離を置き撮影をしましたが、それでも親のバッファローはこちらをじっと見ていた。

オオカミ

オオカミ

その後もバッファローの別の群れに出会う事もできて、今日はラッキー等と思っていたところ、突然オオカミまでも出現してくれた。すぐに森の中に入ってしまったが、数枚撮影をすることができた。極北の野鳥等もこちらが休憩をするたびに顔を出してくれ楽しく撮影するとこができ、まだ始まったばかりのオーロラロードの旅に沢山の息吹をもらった。

道とオーロラのコラボを撮りだして7年位経つが、今回は色々な道とオーロラを撮るぞ~っと気合を入れて探した。走れど走れど休憩ポイントが限りなく少ないこのハイウエイでは、少し路肩が広くて車が安全に停まれる場所をチェックしておかないと夜撮影で戻っても場所を完全に見失ってしまう。きょきょろしながらチェックをしていく。特に夜は、場所を探すのが難しく広い駐車場等があるポイントを探す。

イエローナイフから100キロ以上走った所で突然オーロラが出始めた!

確か近くに車を停めるスペースがあるはずだ。時間がかかってしまったがやっと見つけてすぐに撮影の準備に入る。オーロラは弱くなってしまったが、必ず来ると信じて戻りオーロラを待つ。

30分位経っただろうか、オーロラは突然やってきた。受け狙いでSTOPの看板を入れて撮影をしてみましたがオーロラは止まることなくそして尽きることなく夜が明けるまで舞い続けた。

fall3-3

正面でブレイクするオーロラ

ハイウエイ上の軌跡とオーロラ

ハイウエイ上の軌跡とオーロラ

運よく車も通過してくれてテールライトの軌跡などを入れながら撮影する事ができた。

写真・文:田中雅美

string(0) ""

コメントを残す

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

SEARCH