STORY

絶景 絶景

新絶景 秋のオーロラ

1か所に留まらないオーロラハンティングで出会う格別なオーロラ (2)

ノースウェスト準州
松茸

松茸

ここは今回の目的地ノースウエスト準州第2の都市ヘイリバー。イエローナイフから約500キロ離れている。8年位前よりここに複数ある滝の一つを撮影している。オーロラとコラボする事もできるが、角度的にちょっと難しい場所でもある。

滝に沿ってある遊歩道が気持ちよく、特に秋の黄葉を観ながらハイキングは最高だ。林道の両側をよく見てみるとキノコがあるぞ・・・えっ~~これ松茸!そんな感じで出ている。その年の環境によるが、少ない時と多い時がはっきり分かれる。今年は、多いと思ったが、昨年は、まったく無かったと記憶している。

森の遊歩道

森の遊歩道

この遊歩道は人間だけの道では決してなく、もちろん動物も使っているので食料の食べ残しなどは必ず持ち帰ってほしい。

グレートスレーブ湖で記念写真

グレートスレーブ湖で記念写真

近くにはグレートスレーブ湖もありそこで撮影するオーロラはまるで砂浜から撮っている感じがする。当たり前だ、四国の大きさより巨大な湖なのだから。四季を通して素晴らしい姿を見せてくれる湖だ。他の季節の写真はまだ次回にご期待を!

ドローンでアレキサンダーの滝を

ドローンでアレキサンダーの滝を

アレキサンダーの滝では、毎年オーロラを狙って8年も経ってしまったが、まだちゃんとした撮影ができておらず、今回はなにが何でも撮影する意気込みだった。昼間のうちに水量などを確認してからクマの形跡も忘れずチェックする。

ドローンで滝を上空から撮影をして夜のドローンでのオーロラが可能か確認した。(海外でドローンを飛ばす場合、その国や州により許可条件などが違うので間違いのない許可を得てから飛ばしてもらいたい)

結局夜のドローンでのオーロラ撮影はタイミングが合わずここでは撮影はできなかったが、念願の1枚を撮る事ができた。

fall4-top

道際の黄葉

道際の黄葉

さて、イエローナイフに戻る500キロのロングドライブと撮影が待っている。夜の撮影をメインに場所の確認の移動になる。今回どうしてもオーロラを狙いたい場所があり、帰りに狙う事にした。

森林火災後とオーロラ

森林火災後とオーロラ

第一のポイントは森林火災の後にオーロラをうまく絡める事だった。ハイウエイの周辺にも数か所撮影出来る場所があり、その中でも近くまで寄れる場所を選んだ。

それほど待つこともなくオーロラは姿を現した。この時はオーロラの動きが早くあまり撮影ができなかったが、それでも何とか気に入ったオーロラが撮ることができた。

ヘイリバーを後に

ヘイリバーを後に

この森林火災の大地の下はまだ燃えていると先住民が話すと聞いた。それは真冬でも地下に原油があり夏になると燻っている熱でまた発火すると・・・。
実際の事は分からないが、それがホントならそれはそれでスゴイ事だと思った。この燃え後のスプルースの木にも夢の様なお話がある。それは冬のシーンまで待ってほしい。

ハイウエイを走っていると良く目にするものに小さい池や川がある。これがとても素敵で何としてもオーロラと撮りたいと思っているが、車を停める所がなく思うように行かない。今回は昼間良く確認をしておき車が停められるスペースがある場所をチェックした。1か所は、周りに3つの池があるところで上空にオーロラが出れば良いと思って待った。その甲斐あって素晴らしいオーロラが出てくれた。しかも2つの池にはオーロラが映ってくれたのだ。

真上では、恐ろしい様な姿でオーロラが走り回り大ブレイクアップを見せてくれた。そして帰りに狙いたい場所にやってきた。

fall5-5

実はこの場所で初めて撮影した写真が、写真集リアルタイムオーロラの表紙になっているので、それを超える写真が撮りたく思っていた。オーロラは既に出ていたが、少しずつ強くなり1本のしっかりしたオーロラに変化した。湖面に反射しながらゆっくりと光の筋を動かして踊り続けた。表紙程の派手さは無かったが少し神秘的なオーロラが撮れたと思う。

その後、1時間ほど走るといよいよイエローナイフに戻ってきた。いつもの空港脇で必ずオーロラを観察する。すると雲が出て来てしまい残念ながらオーロラは撮影できなかった。この場所は明日だと思いサッサとホテルに向かいロングハンティングツアーを終了。昨夜のシーンが頭の中にあり今日は早めに空港脇に行って撮影の用意をしようと考え夕焼けの残る中出かけた。

すると空港の反対側で見事なアーチ状のオーロラが出現。しかも4重~5重のオーロラだ!このタイプのオーロラはすぐに姿を変えてしまうので急ぎたいところだが、これはじっくりと撮影した。

fall5-6

空港の上でブレイクアップ

空港の上でブレイクアップ

やがてオーロラは1度姿を消して、そして2時間位経ったと思うが、強いオーロラが突然やってきた。それは空港の上でダンスするかのように走り、踊り続けた。そしてその中を飛行機が飛び立った。なんてラッキーな乗客だろう。最高のオーロラを離陸から上空で観られるなんて滅多にある事ではないのだから。

写真・文:田中雅美

string(0) ""

コメントを残す

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

SEARCH