09. モチモチのベーグルと眠らない街

君はまだ本当のカナダを知らない09. モチモチのベーグルと眠らない街

お気に入りに追加
09. モチモチのベーグルと眠らない街-イメージ1

トロントに次いでカナダで2番目に大きな都市、モントリオール。

プティンやスモーク・ミートなど、おいしいものがたくさんあるけれど、忘れてはならないモントリオールの「食」、それがベーグルだ。

なにしろモントリオールのベーグルはニューヨーク式と並び、北米のベーグルを代表する存在。つまりベーグル界の二大巨頭なんだ。

09. モチモチのベーグルと眠らない街-イメージ2

そして、モントリオールを代表する「フェアマウント・ベーグル」と「セント・ビアター・ベーグル」は2軒とも、そろって365日・24時間営業だ。

例えばベーグル店を日本のパン屋に置き換えてみると、早朝から開いているパン屋はあると思うけど、24時間営業のところはあまりないと思う。

09. モチモチのベーグルと眠らない街-イメージ3

この疑問について、「フェアマウント・ベーグル」の責任者、ステファン氏に聞いてみた。すると答えは簡単。買いに来る人がいるから店を開けている、ということのようだ。

ステファン氏、いわく。「朝6時から9時ぐらいまでは学生が、そのあと昼間の時間帯は一般の客、15時以降はまた学生がやってきて、23時にクラブが店じまいした後は、警察官や消防署員、シフト勤務の人が買いに来るんだ」

つまり24時間、入れ代わり立ち代わり、誰かが焼きたてのベーグルを求めて店にやってくるというわけだ。

09. モチモチのベーグルと眠らない街-イメージ4
ノートルダム大聖堂

さて、モントリオールは街中に公用語であるフランス語があふれ、旧市街には石造りの建物と石畳が続き、その美しさから「北米のパリ」とも呼ばれている。

世代によってパッと浮かんでくるものは違うだろうけれど、例えば1976年のモントリオール五輪では、体操のナディア・コマネチが史上初の10点満点を連発した。

また、カナダを代表する歌手、セリーヌ・ディオンが結婚式を挙げた「ノートルダム大聖堂」があるのがモントリオールだ。

09. モチモチのベーグルと眠らない街-イメージ5

街の中心部には緑があふれ、歩いていく少し先を当たり前のようにリスが駆け抜けていく。一方で、モントリオールはカフェやレストラン、たくさんのバーが並んでいる。

09. モチモチのベーグルと眠らない街-イメージ6

そう言えば、「プティン編」に登場いただいたケベック州政府観光局のロック・パケットさんは、モントリオールで飲み明かした後のプティンが最高だと言っていた。

夜まで楽しくワイワイ、ガヤガヤ、モントリオールは24時間、本当に活気にあふれた「眠らない街」だ。

このモントリオールの名物であるベーグルを僕なりに解釈すると、パンと決定的に違うのは生地にバターを使っていないことと、ベーグルは焼く前にお湯で茹でる、という2点だと思う。

09. モチモチのベーグルと眠らない街-イメージ7

そしてモントリオールのベーグルの特徴は、ニューヨーク式と違って生地に卵を使うことと、生地を茹でるお湯にハチミツを入れていることだと思う。

「セント・ビアター・ベーグル」では職人さんが生地をくるくるっとやって、次から次へとベーグルの輪っかをつくっていた。

09. モチモチのベーグルと眠らない街-イメージ8

「フェアマウント・ベーグル」でも基本的には同じ。生地の真ん中に穴を開けてドーナツ型にするのではなく、細く伸ばしたロープ状の生地を手のひらでくるくるっとやって輪っかにしていく。

これを少しの間、寝かせておく。その状態のベーグル生地がこれ。くるくるっとねじられて輪っかになったのがよく分かると思う。

09. モチモチのベーグルと眠らない街-イメージ9

次に生地をハチミツの入ったお湯に投入する。これがモントリオールのベーグルにほどよい甘味がある理由だ。

茹であがったベーグルには白ごまやケシの実などがまぶせられ、木の板の上に一列に並べて窯の中へ。

09. モチモチのベーグルと眠らない街-イメージ10

「フェアマウント・ベーグル」も「セント・ビアター・ベーグル」もオーブンではなく、窯と薪の炎、という伝統をしっかり守っている。だからベーグルの焼け色もまちまちになっていて、いい感じの焦げ具合だ。

09. モチモチのベーグルと眠らない街-イメージ11

そして、「フェアマウント・ベーグル」で見せてもらったなんとも楽しいシーンがこれ。

焼きあがったベーグルを板ごと窯からひっぱりだし、板をえいやっとやると、ベーグルが宙を飛んでケースの中にドサドサッと収まるという職人芸。

ちゃんと順番を守り、一列になって宙に浮き、行儀よくケースへと飛び込んでいくベーグルたちのなんと美しいこと。

09. モチモチのベーグルと眠らない街-イメージ12

そうそう、みんなは焼き立てのベーグルを食べたことがあるだろうか。

焼き立てパンのフワフワ感とは違って、熱々ベーグルの内側はモチモチ、モチモチと歯ごたえがあって、噛んでいくと甘味がふんわりと口の中に広がる。

カナダではスモークサーモンとクリームチーズなんかのベーグルを食べる機会があると思う。でも、もし機会があったらモントリオールで何もつけない焼き立てベーグルをぜひ体験してほしい。

夏も冬も、どんな時間であっても、店に来た人たちを迎えてくれるモントリオールのベーグル。

焼き立て熱々、モチモチのベーグルが「眠らない街」を支えているんだ。

コメントを残す