01. Coast to Coast
©Rocky Mountaineer

カナディアン・ロッキーを越えて01. Coast to Coast

お気に入りに追加
01. Coast to Coast-イメージ1

僕は今、バンクーバーからレイク・ルイーズ、そしてカナディアン・ロッキーの観光拠点バンフへと向かう、列車の旅に出ようとしている。

出発を待つ早朝の駅には太陽の強い光が斜めに差し込んでいて、起きてからさほど経っていない目には少々眩しいぐらいだ。

01. Coast to Coast-イメージ2

コーヒーのいい香りが駅舎いっぱいに漂い、ピアノの静かな調べが始発駅に集まった人たちを優しく包み込んでいる。

僕が乗り込む列車の名前は、ロッキーマウンテニア号。ロッキーの山々も、真っ青な空も、すべてを車窓から一望にしながら、食事やワインなど最上級のサービスを楽しむという豪華な旅だ。

いくつかあるロッキーマウンテニア号のコースのうち、僕がたどるのは、地図でオレンジ色に記されたルート。1867年のカナダ建国からちょうど20年後の1887年、カナディアンロッキーを越えて、列車が初めてバンクーバーに到着した時とほぼ同じルートになる。

01. Coast to Coast-イメージ3

だからこのコースには、「First Passage to the West Discovery Drive」という名前が付けられている。

1887年当時、“coast to coast”、つまり大西洋から太平洋へと列車を走らせるには、3000メートルをゆうに超えるロッキー山脈に線路を通す必要があった。

もちろん今のように重機などない時代のこと。人の手だけでカナディアンロッキーを貫くのは、想像を絶する困難な事業だった。

01. Coast to Coast-イメージ4

空前絶後の難工事を経て開通した線路に乗り、ロッキーを越えてバンクーバーまでやってきたカナダ太平洋鉄道(CPR)の蒸気機関車の名前は「374号」。今もバンクーバーの「ラウンドハウス・コミュニティセンター」でその雄姿を見ることができる。

この「374号」のバンクーバー到着は、「第2の建国」とも言える大陸横断国家・カナダの誕生を告げるものだった。

01. Coast to Coast-イメージ5

なにしろ1867年の建国当時、この新しい国に参加したのはオンタリオ、ケベック、ニューブランズウィック、ノヴァスコシアの4州だけだった。いずれもカナディアンロッキーのずっと東、大西洋側の州だ。

一方で、太平洋に面したブリティッシュ・コロンビア州(BC州)は当時、カナダではなく、「英国領ブリティッシュ・コロンビア植民地」にすぎなかった。しかもカナディアンロッキーに阻まれているため、建国したばかりの「カナダ」とはアメリカを経由しなければ行き来もままならなかったという笑えない話すらある。

01. Coast to Coast-イメージ6

一方、その頃のアメリカはと言うと、1865年に南北戦争で勝利した北部側では声高にカナダ併合論が主張され始めていたし、「374号」がバンクーバーに到着したのと同じ年、アメリカは当時のロシア帝国からアラスカを購入してもいる。だからカナダ政府は、アメリカ北部軍のカナダ侵攻を本気で恐れていたという。

だからもし、カナディアンロッキーを越えて大西洋と太平洋、東と西を結ぶこの線路がなかったら、世界一住みやすい街とも言われるバンクーバーは今ごろ、アメリカの一都市だったかもしれない。

北米一と言われるスキーリゾート、ウィスラーも、あるいは太平洋から押し寄せて来るあの絶品サーモンも、この線路がなければカナダのものではなかったのかもしれない。

01. Coast to Coast-イメージ7

そうなればアメリカは、今は「飛び地」になっているアラスカとブリティッシュ・コロンビア州とで太平洋側すべてを国土に取り込み、一方のカナダは太平洋への出口を持たない、こじんまりとした存在に甘んじていただろうと思う。

だからロッキーマウンテニア号に乗り、「374号」とは逆に西から東へと進むこの旅は、おいしい料理や素晴らしい景色を楽しみながら、 “coast to coast”、大陸横断国家・カナダ建設の苦難と、今の姿のカナダがあることの喜びを体感する旅でもある。

出発を告げる合図なのだろう、駅舎内にバグパイプの音が響き渡った。

01. Coast to Coast-イメージ8

カナダは移民の国だ。何代か前にスコットランドから海を渡ってきた人もたくさんいる。そして太平洋に開けているからこそ、かつてはたくさんの日本人もここ、バンクーバーにやってきている。

「移民の国」を感じさせるバグパイプの演奏に見送られながら、いよいよ車内へと足を踏み入れていく。ロッキーマウンテニア号の3つのランクのうち、最上級クラス「ゴールド・リーフ」の車両は2階建てだ。全面ガラスばりの2階の席では、真上にぽっかりと浮かぶ雲ですら、手でつかみとって自分のものにできそうだ。

01. Coast to Coast-イメージ9

階段を下りた1階は食堂車。というより、ほとんどレストランと言っていい。1つの車両ごとに3人もの料理人が配置され、乗客においしい料理をつくってくれるのだ。

なにしろ早朝の出発だ。列車がバンクバーを離れてほどなく、まずは朝食となる。1つの車両の乗客のうち半分ずつが1階に降り、交代で食事を楽しむ仕組みだ。

せっかちな日本人なら、「俺たちの順番はまだなんだろうか」などとイライラしそうなものだけれど、「後発組」であってもみんな気に留めるふうでもなく、飲み物を手に景色を見ながら、まったりとした時間を過ごしている。

こんなにゆとりのある気持ちになれるのも、カナダならでは、ロッキーマウンテニア号ならでは、なのかもしれない。

01. Coast to Coast-イメージ10

「レストラン」の席につくと、この写真のようなメニューが出てきて、好きな料理を選ぶことができる。国際線のエコノミークラスで「ビーフか、チキンか」などと聞かれるのとはわけが違う。

ロッキーマウンテニア号はまるで、「どうせ急ぐ旅じゃあるまいし」といった空気を漂わせながら、カタタン、カタタンという軽快な音を響かせ続けている。

絶品料理と絶景、そして大陸横断国家・カナダ誕生に至る歴史に触れる旅が今、カタタン、カタタンと始まった。

コメント

  • bibi

    トロントの日本レストランでお寿司を堪能しました。おいしかった。

  • ANDY JAPAN

    仕事を完全リタイアしたら是非、バンクーバーからトロントまでノンビリと列車の旅をしてみたいですね。

  • 藤原 昇

    前略

    もう半世紀近く前の思いでです。大卒後、10年、32歳で大学院に入り、37歳で、ポスドクとして、北米に飛び、アメリカ・カナダで数年間を過ごした。

    その人生で、老輩が決して忘れることのない思い出、それは冬のカナダ(モントリオール)。小5だった愚娘は、とりわけ冬のカナダを愛した。愚妻は寒い寒いと言いながら、結構、それなりに生きた。

    あの時代に乗った大陸横断鉄道の旅は、決して忘れることはない。それは厳寒を忘れさせるほどの人生だったから。隣のアメリカの旅も、決して忘れはしないが、それでもカナダには負ける。とりわけ、風景は、他国の追従を許さない。老輩な、その後、ヨーロッパにも滞在し、冬の北欧にも圧倒されたが、カナダのそれに比ぶれば、それも比ではない。

    もう、八十路は過ぎたが、もう一度、冬のカナダを体験してみたい、と願っている。

    虎視眈々と、狙っているが、果たして・・・、乞うご期待、としておきたい!

  • 藤原 昇

    生きているうちに、広大な「サスカチュアン」と「マニトバ」を、横断鉄道で、走ってみたい!

  • Kitayama

    15年前と20年前、2回ほどカナデイアンロッキー超えのサイクリング楽しみました。キャッモアからバンフ経てカムループスのトランスカナダハイウエイ(1号線)の500K、2回目はエドモントンからカムループスまでイエローヘッドハイウエイを900Kほど、大自然の中を気ままに走り、ロッキーの景観を堪能できました。宿泊はリーズナブルなB.Bとモーテル、カムループスではフライフィッシングも体験することができ、印象深い旅ができました。ブルーリバーの豪華山岳リゾートの設備には驚きました。(冬のヘリスキーで有名)時間と体力と経済的余裕あればいきたい・・

  • morita

    暗い『電気なし」の踏切 カンカンとなる警報 5分も貨物車が走る この国の大きさを知つた
    次の日 高山から延延と感じる走る列車を眺め よし 次の旅は乗ると 
    しかし もう無理だね残念 

  • kanna

    一度は大陸横断したいなあ。

コメントを残す



あったかい、冬カナダキャンペーン Close