04. クリスマス・オレンジ

カナディアン・ロッキーを越えて04. クリスマス・オレンジ

お気に入りに追加
04. クリスマス・オレンジ-イメージ1
©Rocky Mountaineer

ロッキーマウンテニア号は全長約1400キロ、カナディアンロッキーに源流を持つフレーザー川と並行するように進んでいく。

この川はサーモン、特にベニザケの遡上で知られていて、夏から秋にかけて数えきれないほどのベニザケが河口に押し寄せてくる。その数は多い年で数千万匹とも言われている。

だからこそ、ヘルズ・ゲートにはベニザケの遡上を助けるための「魚道」が設けられていたのだ。

04. クリスマス・オレンジ-イメージ2

ベニザケが目指しているのは、あす列車が通過することになる、サーモンアーム市のスシュワップ湖だ。「サーモンアーム」というのもまた、ずいぶんと分かりやすい名前だ。ベニザケたちはこの湖で準備を整えたあと、産卵に適した支流へと泳いでいく。

朝、バンクーバーを出発したロッキーマウンテニア号がその日の夜、乗客の宿泊のために停車するのが、フレーザー川の河口からおよそ400キロのカムループスという街だ。スシュワップ湖はさらにその100キロ先、河口から実に500キロも遡ったところにあり、ベニザケたちが目指すのはさらにその先になる。彼らの旅の長さを実感してもらえると思う。

04. クリスマス・オレンジ-イメージ5

上流まで何も口にせず長い道のりを泳いできたベニザケは、その名の通り、産卵の準備が整ったことを示す真っ赤な体になる一方で、その身はすっかりと細ってしまっている。

だからヒグマならいざ知らず、人間にとってはとても食べられた代物ではないらしい。

04. クリスマス・オレンジ-イメージ6

しかし、フレーザー川の河口に押し寄せてきたころの、まだ赤くない体をした元気いっぱいのベニザケならば話は別だ。当時、河口に位置する漁港スティーブストンではベニザケ漁が盛んに行われ、周囲には缶詰の工場が立ち並んでいたそうだ。

そんなベニザケの漁に惹かれ、日本からもたくさんの人々がスティーブストンやってくることになる。それもなぜか、和歌山県民ばかりが―。

04. クリスマス・オレンジ-イメージ7

カナダ太平洋鉄道(CPR)の機関車「374号」がバンクーバーにやってきたのと同じ1887年、「香港―横浜―バンクーバー」の定期航路の運航が始まっている。

たぶんこの定期航路を利用したのだろう、翌1888年に、和歌山県日高郡三尾村(現・美浜町)出身の工野儀兵衛という人物が単身、バンクーバーへとやってくる。

工野儀兵衛氏はまず、バンクーバー市内の製材所で働く日本人たちが住むパウエル街に身を寄せ、そこで無数に押し寄せるというベニザケの話を耳にする。

04. クリスマス・オレンジ-イメージ10

バンクーバーの中心部とスティーブストンの位置関係については、地図をスキャンしたこの画像を見てほしい。バンクーバーの中心部の南に空港があり、さらにその南の方にスティーブストンがある。

その右の方にはフレーザー川の記述もある。このあたりからベニザケは産卵のため、実に500キロ以上も川を遡るということになる。

04. クリスマス・オレンジ-イメージ11

さて、広い河口を埋め尽くすベニザケを見た工野儀兵衛氏は、故郷の人々にこう伝えたんだそうだ。

「フレーザー川にサケが湧く」―。

以来、和歌山県三尾村の村民が太平洋を渡り、続々とスティーブストンへとやってくるようになる。このころはまだ必ずしもカナダへの移民ではなく、ベニザケ漁の繁忙期に限っての出稼ぎの人も多かったようだ。

それでもスティーブストンは三尾村、そして和歌山県出身者が多く住む日本人漁師町の様相を呈していたという。そして三尾村は、カナダ帰りの人たちによる洋風の建物などによって、「アメリカ村」と呼ばれるようになった。

04. クリスマス・オレンジ-イメージ14

もちろんスティーブストンは一貫してアメリカではなく、このころは英国の植民地からカナダの「ブリティッシュ・コロンビア州」になっていたのだけれど。

和歌山県三尾村の人たちが利用したであろうCPRの「香港―横浜―バンクーバー」定期航路には、中国からもたくさんの人々が乗っていた。彼らがつくったバンクーバーのチャイナタウンは今、市内の観光スポットの1つだ。

04. クリスマス・オレンジ-イメージ15

いろいろ調べてみると、太平洋を渡る前に横浜で船を降りた中国人たちも多くいたそうだ。彼らが横浜の地にとどまり、なんと横浜中華街の発展に一役買ったというのだから、なんだか「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいな話だ。

そして、「風が吹けば」的な話をもう1つお伝えしておきたい。カナダのクリスマスイブでは、つるした靴下の中にプレゼントとともに温州みかんを入れるんだそうだ。「クリスマス・オレンジ」と呼ばれている。

04. クリスマス・オレンジ-イメージ16

実はこの「クリスマス・オレンジ」、紀州・和歌山からスティーブストンにやってきた漁師たちが、地元名産の温州みかんを持ち込んだことでカナダ国内に広まったと言われている。

日本の冬なら「炬燵でみかん」は当たり前だけれど、冬はフルーツを手に入れにくかったであろう当時のカナダの人たちに、甘い温州みかんは大歓迎されたはずだ。

そして今や、日本の温州みかんの輸出のうち、カナダ向けが実に全体の80パーセントを占めている。そのきっかけがフレーザー川のベニザケだとしたら、まさに事実は小説より奇なり、だ。

04. クリスマス・オレンジ-イメージ19

太平洋からフレーザー川へと「移動」してきたベニザケが和歌山県の漁師をスティーブストンへと「移動」させ、中国から「移動」してきた人々が各地にチャイナタウンをつくり、日本から持ち込まれた温州みかんがCPRの貨物列車に乗ってカナダ国内各地へと「移動」していく。

うまく言えないけれど、「移動」には不思議なストーリーが満ち溢れている。

コメントを残す