B級グルメから洗練料理まで カナダの食都モントリオールは、深い

B級グルメから洗練料理まで カナダの食都モントリオールは、深い

お気に入りに追加

 カナダならではの緑多い都市は、フレンチの聖地でありガッツリこってりのB級グルメ揃う、懐深い食都だ。よく観察すると、通りによってさりげなく区分された異文化のたたずまいを感じることができ、ここが移民の国と知る。


MONTRÉAL(モントリオール)

カナダはどこに行っても、暮らしのそばに豊かな自然がある。

カナダはどこに行っても、暮らしのそばに豊かな自然がある。

MONTRÉAL(モントリオール)
アクセス 日本からトロントあるいはシカゴ経由で行くのが一般的。日本からのフライト時間は、トロントまで約12時間、トロント~モントリオールは約1時間15分。
時差 日本時間 −14時間(サマータイム時は −13時間)
通貨 カナダドル(1カナダドル=約93円 ※2015年11月現在)
気候 厳しい冬が過ぎると、春と秋は穏やかで過ごしやすい。ただし春先は急に寒くなることがあるので注意が必要。夏は湿度が高めだが、平均気温は22度前後。30度を超える暑い日もあるが、日本人には快適な気候だ。

舌を喜ばせてくれる細やかな食材選びと調理

Toqué!(トケ!)

鹿肉のカルパッチョには、ゼンマイ、メロン、ハーブ、貝や去年の野菜のピクルスをトッピング。マヨソースと赤唐辛子のソースで頂戴する。シンプルな料理だが複雑な味。

鹿肉のカルパッチョには、ゼンマイ、メロン、ハーブ、貝や去年の野菜のピクルスをトッピング。マヨソースと赤唐辛子のソースで頂戴する。シンプルな料理だが複雑な味。

 北米のパリといわれるだけあって、この街には絶品のフレンチを供する店が多い。が、中でも屈指が「トケ!」。シェフのノーマンがつくり出す料理は繊細で、だが、どこか大地のような安心感がある。

 こだわり抜いた食材は、小規模でプロフェッショナルな農家多数と契約し、各々の得意な作物や肉を提供してもらう。野菜だけで25軒ほどの農家と契約しているとか。さらに生ゴミは肥料にして、農家に戻すという徹底ぶり。店の屋上にも菜園をつくり、摘みたてのハーブなどが料理に使われる。

左:シェフのノーマンは、スタッフを叱ったことが一度もないという人格者。「だって若い人が失敗したら、それを頼んだ僕の責任でしょ」と……。23人のスタッフとは週に60時間以上をともに働く。スポーツチームみたいなものなのだとか。 右:美しいデザートは、イタリアンでおなじみのカネローニをルバーブスライスで包んだもの。ソルベはルバーブ。中のホワイトチョコとルバーブの苦味が相性バッチリだ。

左:シェフのノーマンは、スタッフを叱ったことが一度もないという人格者。「だって若い人が失敗したら、それを頼んだ僕の責任でしょ」と……。23人のスタッフとは週に60時間以上をともに働く。スポーツチームみたいなものなのだとか。
右:美しいデザートは、イタリアンでおなじみのカネローニをルバーブスライスで包んだもの。ソルベはルバーブ。中のホワイトチョコとルバーブの苦味が相性バッチリだ。

 テイスティングメニュー7皿で117カナダドル+税金。ちょっと高くて手が出ないという人には、5年前にオープンしたブラッスリーがおすすめ。同様のコンセプトの料理がカジュアルにいただける。

Toqué!(トケ!)

Toqué!(トケ!)
所在地 900 Place Jean-Paul-Riopelle,Montréal, Québec
電話番号 +1-514-499-2084
営業時間 11:30~13:45(火~金曜)、17:30~22:00(金・土曜 ~22時30分)
定休日 日・月曜
URL http://www.restaurant-toque.com/

レンガづくりの元邸宅で優雅な滞在がトレンド

Hôtel Nelligan(ホテル・ネリガン)

客室はいずれもシックな雰囲気だが、レザーや毛皮、メタルを要所にあしらって、ちょっとシャープに。

客室はいずれもシックな雰囲気だが、レザーや毛皮、メタルを要所にあしらって、ちょっとシャープに。

 モントリオールは大都会なので近代的な豪華ホテルも選び放題だが、人気なのが贅沢なブティックホテルやオーベルジュ。歴史地区に立つこのホテルも、そんな人気ホテルのひとつだ。17世紀の街並みの残る通りに、1850年に建てられたレンガづくりの邸宅。モントリオール出身の詩人の名を冠したホテルは、クラシックながらエッジの効いた雰囲気だ。

こちらはラウンジ。ダイニングは2カ所あり、ルーフトップには見晴らしのいいバーもある。

こちらはラウンジ。ダイニングは2カ所あり、ルーフトップには見晴らしのいいバーもある。

 若いスタッフが多く、どこかキビキビした感じに好感が持てる。部屋のドアを開けると音楽が流れてくる。ゲストを音楽で迎えたいからということだそうで、なるほど人の気配のような温かみが漂う。細やかなおもてなしのあるホテルだ。

Hôtel Nelligan(ホテル・ネリガン)

Hôtel Nelligan(ホテル・ネリガン)
所在地 106 Rue St-Paul O., Montréal, Québec
電話番号 +1-514-788-2040
客室数 105室
料金 スタンダードルーム 179カナダドル~、ジュニアスイート 229カナダドル~
URL http://hotelnelligan.com/accueil/

街の食文化を反映する洒落た食料品店

Fou D’ici(フー・ディシィ)

フー・ディシィ自慢のチーズは、ぜひコンフィを添えて食べてみたい。

フー・ディシィ自慢のチーズは、ぜひコンフィを添えて食べてみたい。

 オフィスやホテルなどの高層ビル街にあるハイセンスな食料品店。広い店内には何でも揃うが、いちばんのおすすめは1000種類以上扱うというチーズ。オーガニックのものはもちろん、教会でつくっている希少なものまで置いている。

左:メープルシロップ押しのケベック州の新製品、メープルコーク 2.69カナダドル。 右:ダウンタウンのビル街にある店は、テイクアウトのランチも人気。

左:メープルシロップ押しのケベック州の新製品、メープルコーク 2.69カナダドル。
右:ダウンタウンのビル街にある店は、テイクアウトのランチも人気。

 チーズの楽しみ方のアドバイスとしては、ヨーロッパ同様コンフィ(砂糖や酢漬け)のトッピング。ハードチーズにはオニオンなど野菜のコンフィ、ソフトチーズには果物のコンフィのような甘いものが合うとか。で、当然コンフィも売っているので、お土産になるという次第。アップルビネガーもおすすめで、毎朝、スプーン一杯飲むと健康によいのだそうだ。

Fou D’ici(フー・ディシィ)
所在地 360 Boulevard de Maisonneuve O., Montréal, Québec
電話番号 +1-514-600-3424
営業時間 8:00~20:00(土曜 9:00~18:00)
定休日 日曜
URL http://www.foudici.com/

賑やか楽しい市場ではジモティに混じってお買いもの

Atwater Market(アトウォーター・マーケット)

左:果物店はカラフルで見た目も楽しい。味も濃厚。ホテルに帰ってビタミン補給に。 右:花屋さんが多いのも特徴。

左:果物店はカラフルで見た目も楽しい。味も濃厚。ホテルに帰ってビタミン補給に。
右:花屋さんが多いのも特徴。

 洒落た食料品店も楽しいが、市場も面白い。街いちばんはジャンタロン・マーケットだが、立地がよくて人気店の揃うこのアトウォーターもおすすめ。アールデコ様式のタワーを中心に広がる市場は、1933年にオープンした。

 フレッシュな野菜や果物はもちろん、バラエティに富んだ食肉加工品も見逃せない。市場内にはカフェやピザ店もあるので、気軽にランチを済ませたいときにもいい。購入した惣菜を食べられるところもあるので、尋ねてみるといい。

Atwater Market(アトウォーター・マーケット)
所在地 138 Avenue Atwater, Montréal, Québec
電話番号 +1-514-937-7754
営業時間 7:00~18:00(日曜 ~17:00)
URL http://www.marche-atwater.com/

ガッツリB級グルメがこれまたウマイっ!

左:スモークミートのお店「シュワルツ」。セリーヌ・ディオンがオーナーのひとり。 右:こちらがシュワルツのスモークミート。10日間マリネした肉を8時間燻製、3時間蒸してサンドする!

左:スモークミートのお店「シュワルツ」。セリーヌ・ディオンがオーナーのひとり。
右:こちらがシュワルツのスモークミート。10日間マリネした肉を8時間燻製、3時間蒸してサンドする!

ラ・バンキーズのウィンナーやソーセージ入りプーティン 9.95カナダドル。

ラ・バンキーズのウィンナーやソーセージ入りプーティン 9.95カナダドル。

 極上のフレンチを堪能したら、すこぶるつきのB級グルメを貪る!

 フライドポテトにグレイビーソースと粒々のチーズカードをかけた“プーティン”。マリネした牛の胸肉200gをサンドした“スモークミート”。NYベーグルと人気を二分するモントリオールの“セサミベーグル”。

 高カロリーのガッツリ食たちは、ブルーワーカーの味方で、みんなに広がった。激しい外見ながら、これがおいしいのですよとっても。

贔屓のベーグル店はいろいろ。おすすめはこちらのサン・ヴィエトー・ベーグル。もちもち感最高。

贔屓のベーグル店はいろいろ。おすすめはこちらのサン・ヴィエトー・ベーグル。もちもち感最高。

La Banquise(ラ・バンキーズ)
994 Rue Rachel E., Montréal, Québec
+1-514-525-2415
営業時間 24時間営業
定休日 無休
URL http://labanquise.com/


Shwartz’s(シュワルツ)
所在地 3895 Boulevard St-Laurent, Montréal, Québec
電話番号 +1-514-842-4813
営業時間 8:00~24:30(日~金曜 ~翌1:30、土曜 ~翌2:30)
定休日 無休
URL http://www.schwartzsdeli.com/


St-Viateur Bagel(サン・ヴィエトー・ベーグル)
所在地 263 Rue St. Viateur O., Montréal, Québec
電話番号 +1-514-276-8044
営業時間 24時間営業
定休日 無休
URL http://www.stviateurbagel.com/bakeries-and-cafes/

コメントを残す