12. 失業中のプディング

メープルシロップ ワンダーランド12. 失業中のプディング

お気に入りに追加
12. 失業中のプディング-イメージ1

ケベック州の南部、イースタンタウンシップスに暮らすビッキーさんは、メイン料理だけでなく、僕にメープルシロップを使ったデザートも教えてくれた。ただし、その名前がなんとも変わっている。

「失業中のプディング」―。名前の由来が気になって仕方がないデザートだ。

僕にはフランス語はまったく分からないけれど、このスイーツはフランス語で「プディン・オ・ショマール」というんだそうだ。

12. 失業中のプディング-イメージ2

この「ショマール」というのが、英語で言うところの「unemployed」。つまり、日本語では「失業中のプディング」ということになる。

このスイーツはケベック州全体でもよく食べられるし、このイースタンタウンシップスを代表すると言ってもいいような、みんなに愛されているデザートなんだそうだ。

僕なりにこのスイーツの全体像を説明すると、鍋で温めたメープルシロップをトレーに流し込み、そこに生地を浮かべた後、トレーごとオーブンでふっくらと焼き上げる、という感じになる。

名前の由来はさておき、まずは生地を作っていく。ちょっと細かい数字になるけれど、教えてもらった通りにお伝えしておきたい。材料と分量は次の通りだ。

〔生地〕
・小麦粉(オールパーポス・フラワー)350ml
・ベーキングパウダー
・牛乳190ml
・砂糖1カップ
・バター2分の1カップ
・卵2個
・バニラ5ml

〔シロップ〕
・生クリーム380ml
・メープルシロップ500ml

12. 失業中のプディング-イメージ5

まあ、根掘り葉掘りと聞いたのでビッキーさんも分量を細かく教えてくれたけど、あんまり厳密に考えすぎなくてもいいと思う。

それと、ビッキーさんは自家製のメープルシロップのうち、軽くてサラサラの「エキストラ・ライト」を使っていたけれど、好み次第でもう少しコクのある「ミディアム」でもいいんだそうだ。

鍋でこのシロップをとろとろと温める。あ、この写真も左手で鍋をかき混ぜながら右手でシャッターを切っている。両手を使えるというこの特技、他に何か役に立つことはないだろうか。

12. 失業中のプディング-イメージ6

このトロトロのメープルシロップの中に生地を浮かべるように、ふわんと投入する。あとは200度のオーブンで30~40分焼き上げると、生地がふんわりと膨らんで美味しそうなプディングになる。

12. 失業中のプディング-イメージ7

さて、気になって仕方がないのが、このデザートの名前だ。その由来は、1929年10月、ニューヨーク株式市場での大暴落に端を発した世界恐慌をきっかけに、カナダでも多くの失業者が出たことにあるそうだ。

「ケベック人はとにかくデザートが大好き。だから大恐慌の中にあっても甘いものを食べるために、固くなったパンなんかを使って、このプディングを作っていたというわけ」とビッキーさん。

12. 失業中のプディング-イメージ8

生活が苦しい時代に生まれたこのデザートは、もともとは小麦粉ではなく、硬くなってしまったパンなどを「生地」に使っていた。水分を失って硬くなったパンが、温かいメープルシロップの中で柔らかくなり、甘いデザートに変身するのだ。

当時、輸出が国民総所得の30%を占めていたカナダにとって、大恐慌の影響は極めて深刻だったようだ。例えば、1928年に14億ドルだった輸出高は、4年後の32年には、実に5億ドルにまで落ち込んでしまったという。

「失業中のプディング」は、そんな厳しい時代背景の中で生み出され、今もケベックの人たちを和ませてくれている。

12. 失業中のプディング-イメージ9

今、僕はビッキーさんらとともに豚ヒレ肉の料理を食べ、ケベックのすばらしくおいしいチーズでワインをのみ、メープルシロップの甘いプディングを楽しんでいる。

苦しい時であっても、「甘さ」は人を和ませ、元気にさせてくれる。

冷凍庫の中に、「いつからあるんだっけ」という凍ったパンがあったら、メープルシロップを使って素敵なデザートに変身させてみたらどうだろうか。時にはしみじみと「甘さ」に感謝する時間があってもいいと思う。

コメントを残す