13. 春のパーティー・その1

メープルシロップ ワンダーランド13. 春のパーティー・その1

お気に入りに追加
13. 春のパーティー・その1-イメージ1

氷点下の厳しい冬がようやく終わりに近づいた頃、ケベックの人たちは親戚や友人を一堂に集めて楽しいパーティーを開く。シュガーリング・オフ・パーティーだ。

まだ寒さが厳しい3月上旬、日中と夜間の気温差が一定の条件を満たすと、砂糖カエデの幹から樹液(メープルサップ)が流れ出すようになる。

これが年に一度のメープルシロップづくりのスタートと、パーティーの季節の合図なんだ。

13. 春のパーティー・その1-イメージ2

煮詰められた樹液が醸し出す、甘い甘い香りが、ケベックの人たちにとっての春の香りなのだろう。

シュガーリング・オフ・パーティーでは本来、煮込んだ豆や豚肉など、素朴な食べ物がテーブルに並んでいたけれど、最近ではもっとおしゃれで洗練された料理がパーティーを彩っているようだ。

ケベックの「ラ・ターブレ・ドゥ・ピオニエー」は、モントリオールの有名シェフと、近くのリンゴ農家の一家が協力して、2013年にオープンさせたお店だ。

建物はおよそ100年続くシュガーシャック=砂糖小屋がベースになっていて、「小屋」というよりはレトロな雰囲気を漂わせるおしゃれなレストラン、という感じだ。

13. 春のパーティー・その1-イメージ3

店のお勧め料理は、このページのトップ写真にある、フワフワのスフレオムレツだ。

スフレオムレツと言えば、海に浮かぶ世界遺産、フランスのモンサンミシェルが有名だけれど、さすがはケベック、フランス系だなあ、と改めて感じさせられる。

スモークサーモンと地元の新鮮チーズが乗っている。オムレツは確かにシュガーリング・オフ・パーティーの定番だけれど、こちらはぐっと高級感が漂う料理になっている。

それにしてもどうだろうか、このフワフワ、トロトロ感は。

13. 春のパーティー・その1-イメージ4

豚肉料理は2種類。アイスワインを使って焼き上げたホロホロのプルドポークに、メープルシロップで煮込んでからスモークした豚肉。

13. 春のパーティー・その1-イメージ5

同じ肉でも食感がまるで違っていて、それでいてどちらも柔らかくてボリューム満点。お腹を空っぽにして行かないと、後悔すること間違いなしだ。

13. 春のパーティー・その1-イメージ6

もちろん、定番の豆のスープや、メープルシロップでつくったベイクドビーンなんかもあった。この写真がベークドビーンだけど、ほどよい甘さが本当に美味しかった。

実は、僕が「ラ・ターブレ・ドゥ・ピオニエー」を訪れた時、例年になく気温の低い日が続いていて、サトウカエデの樹液=メープルサップの収穫は始まってはいなかった。

それでもパーティーの開催日をずらすわけにはいかない、というより待ちきれないのだろう、店内では既に楽しそうなグループがフライング気味に春の訪れを祝っていた。

13. 春のパーティー・その1-イメージ7

ご高齢の女性の集団は週に1回ぐらい、いっしょに編み物などをしているサークルのメンバーなんだそうだ。写真を撮らせてもらったら、いきなり古い民謡らしきフランス語の歌の合唱が始まった。

意味を尋ねてみると、「Love Life」みたいなことらしい。皆さんの顔を見ただけで、まさしく、人生を楽しんでおられるという感じがストレートに伝わってくる。

13. 春のパーティー・その1-イメージ8

店内には昔のシュガーリング・オフ・パーティーらしき写真が飾られていた。

みんなが口にしているのは、熱々のメープルシロップをならした雪の上にたらし、棒でまるめるメープル・タフィだろう。

親戚や友人が久しぶりに顔を合わせるうれしさ、現代のように甘いものが氾濫していない時代の、できたてのメープルシロップの極上の甘み、そして、氷点下の冬がようやく終わるという喜びー。

メープルシロップは単なる「砂糖」じゃない。「Love Life」を実感させてくれる特別な「甘さ」なんだ。

コメントを残す