15. シロップの中のおじいちゃん

メープルシロップ ワンダーランド15. シロップの中のおじいちゃん

お気に入りに追加
15. シロップの中のおじいちゃん-イメージ1

「大統領の料理人」という映画をご存知だろうか。1980年代、フランスのエリゼ宮(大統領官邸)で、女性としては初めて、大統領のプライベートシェフとなった料理人の物語だ。

彼女がミッテラン大統領のためにつくる料理は、華美な装飾を排し、素材を生かした伝統的な「田舎料理」。周囲の反発やとまどいをよそに、大統領を喜ばせたい一心で奮闘する彼女は、こんなセリフを口にする。

「おばあちゃんの味があればいい」―。

15. シロップの中のおじいちゃん-イメージ2

日本で言えば「おふくろの味」ということになるんだろうか。料理の本質を言い表した、いい言葉だと思う。そしてもう1つ、彼女が発した中で気になった言葉がある。

「尼さんのおなら(ペ・ド・ノンヌ)」がそれだ。フランスには、シュー生地を油で揚げてグラニュー糖などをまぶした、こんな変わった名前のスイーツがあるんだそうだ。

15. シロップの中のおじいちゃん-イメージ3

フランス人のネーミング感覚はなかなか理解しがたい。尼さんが料理中におならをした拍子に、シュー生地を油の中に落としてしまったところ、なんということでしょう、偶然にも美味しいスイーツができあがりました、というんだけれど、にわかには信じ難い話だ。

なにしろ、フランス系の人が多く暮らすカナダ・ケベック州では、シナモンロールが「修道女のおなら(ペ・ド・スール)」と呼ばれているという話も耳にした。本当だろうか。

15. シロップの中のおじいちゃん-イメージ4

シナモンロールはおならの拍子にできたりはしないだろうから、「尼さんのおなら」の逸話の方もちょっと怪しい気がする。

さて、だいぶ前置きが長くなってしまったけれど、ケベックには「シロップの中のおじいちゃん」という、ポピュラーで、これまた変わった名前のスイーツがある。

僕は、東京・青梅市に住むケベック出身のマリーさんのお宅で1回、そしてケベック州・イースタンタウンシップスのシュガーシャック「ピック・ボア」でもう1回、このスイーツに接することができた。

15. シロップの中のおじいちゃん-イメージ5

要は、鍋で温めたメープルシロップの中に生地を入れて、グツグツと煮込む、と言えばいいんだろうか。

ただし、マリーさんのつくる「おじいちゃん」は、日本人向けに、メープルシロップ1に対して水1の割合で薄めてあった。

一方のケベック「ピック・ボア」の薄め方は2:1ぐらいだったと記憶している。また、本場では薄めていないメープルシロップで「おじいちゃん」をつくる場合もあるそうだ。

15. シロップの中のおじいちゃん-イメージ6

たぶん、それは強烈な甘さだと思う。なにしろじっくり煮込んでいるから生地の中にメープルシロップがこれでもか、という感じで染み込んでいる。まあ、ケベックの寒い冬に体を温めるにはぴったりのスイーツであることは間違いないけれど。

15. シロップの中のおじいちゃん-イメージ7

マリーさんがつくる「おじいちゃん」は、この写真のようにミントが乗っていたり、イチゴなどが添えられていて、その酸味がメープルシロップの甘さとほどよいバランスになっている。

日本人にはこのぐらいの甘さがちょうどいいと思う。ただし、カナダを旅した時には、もっと甘い本場の「おじいちゃん」も、ぜひ経験してほしい。

15. シロップの中のおじいちゃん-イメージ8

僕は「ピック・ボア」で、地元のみなさんが食べるのと同じ甘さの「おじいちゃん」を食べてみた。

このガツンとくる甘み。またカナダに、またケベックに来たなあ、と実感できること間違いなしだ。

それにしてもだ、どうして「シロップの中のおじいちゃん」という不思議なネーミングになったんだろうか。

メープルシロップの中でグツグツと煮られた生地のシワシワな感じがおじいちゃんみたいだから、とか、そのシワシワ、フニャフニャな感じがおじいちゃんでも食べられそうな柔らかさだからとか、あるいは簡単な料理なので鍋をかき混ぜてて、とおじいちゃんに頼めるからとか、まあいろんな説があるようだ。

しかし、いくら調べてもはっきりした理由は分からないんだろうなあ、と僕は思う。

まあ、おじいちゃんがシロップにつかっちゃたり、尼さんや修道女がおならをしたりと、なんだかフランス系のスイーツは大変なことになっているけれど、美味しいことに間違いない。

あ、「大統領の料理人」の彼女の言葉を思い出した。「おばあちゃんの味があればいい」―。喜んでもらおうと美味しいものをつくる気持ちが一番大事。華美な装飾もいらないし、名前がおじいちゃんでも、おならでも、まあいいんじゃないだろうか。

コメントを残す