16. キツツキの小屋

メープルシロップ ワンダーランド16. キツツキの小屋

お気に入りに追加
16. キツツキの小屋-イメージ1

僕の原稿「メープルシロップ ワンダーランド」にたびたび登場するケベック・イースタンタウンシップスのシュガーシャック(砂糖小屋)、「ピック・ボア」。

主人のアンドレさんは、1813年にドイツからカナダに渡ってきた移民の家系で、おじいさんもお父さんもメープルシロップ農家を営んでいたそうだ。

実家を離れて家具を作る仕事に就いていたアンドレさんはある時、どの店でメープルシロップを購入しても、子供の頃から慣れ親しんできた味とは何かが違うことに気付くようになる。

16. キツツキの小屋-イメージ2

父が亡くなり、放置されていた砂糖カエデの森に戻ったアンドレさんは、家具づくりの経験から自らのシュガーシャックを「キツツキ=ピック・ボア(Pic Bois)」と名付け、昔ながらの製法によるメープルシロップづくりを開始する。

昔と今とでは、メープルシロップづくりの何が違うんだろうか。

16. キツツキの小屋-イメージ3

砂糖カエデの樹液(メープル・サップ)にはたった3%しか糖分が含まれていない。これを結晶化する手前の糖度約66%まで煮詰めたものがメープルシロップとなる。

しかし近年では、多くの農家が「OSMOSE」という逆浸透装置を使い、まず70%ほど水分を飛ばしてから樹液を煮詰めているのだという。

この装置を使えば短時間で効率的に、かつ低コストでメープルシロップを作ることができるのだが、アンドレさんはこの最新マシーンには懐疑的だ。

16. キツツキの小屋-イメージ4

「短い時間でメープルシロップづくりを作ることによって本来の味や風味が失われてしまう。長い時間、煮詰めたことによって初めて、キャラメルのような風味や熟成された味が出てくるんだ。ほら、コトコトと煮詰めたシチューやスープと同じだよ」とアンドレさん。

もちろん、「OSMOSE」を使ったメープルシロップづくりに何か問題があるわけではないし、オフィシャルに認められている製造方法だ。

16. キツツキの小屋-イメージ5

それでもアンドレさんは、「自分は完璧主義者だから、本来の味や風味のないメープルシロップには満足できないんだ」と言う。

だから、多くの農家がチューブを使って樹液を集めたあと、「OSMOSE」で水分を除去し、ガスの炎で煮詰めるのに対し、アンドレさんは、幹にぶら下げたバケツで1本1本から樹液を集め、薪の炎で煮詰めていくという伝統的な手法を守り続けている。

16. キツツキの小屋-イメージ6

薪を使って樹液を煮詰めることにより、メープルシロップにスモーキーな風味も加わるんだそうだ。

砂糖カエデの幹から最初に出始めたころの樹液でつくる、軽くてサラサラしたメープルシロップは「エキストラライト」と呼ばれている。

樹液を採取する時期があとになるにつれて気温が高くなっていき、それにつれてメープルシロップの味や色も濃くなり、呼び名は「ライト」「ミディアム」「アンバー」「ダーク」と変わっていく。

16. キツツキの小屋-イメージ7

このうち「エキストラライト」と「ライト」、「ミディアム」が、「カナダNO.1」というグレードに位置づけられている。

確かにアンドレさんがつくる「エキストラライト」は、軽さの一方で他にはない味の深みがある。それを一度味わってしまうと、普通の「エキストラライト」がなんだか軽すぎるように感じてしまう。

「もう20年も『OSMOSE』が使われているから、今のカナダの若い人たちは本当のエキストラライトを味わったことがないと思う。ほとんどの人が味の違いが分からなくなっていることを自分は心配しているんだ」

16. キツツキの小屋-イメージ8

僕は取材を通じて、結構メープルシロップについて分かった気になっていたけれど、その僕が味わっていたものは、アンドレさんに言わせると、心配でならないメープルシロップ、ということなんだろうか。

僕はこの「メープルシロップ ワンダーランド」という原稿の最初のころ、日本でメープルシロップを買う時は、ラベルを見て「100%」とか「PURE」とか書いてあるかを確認した方がいい、などと書いている。でも、メープルシロップは僕なんかが考えるよりも、もっともっと奥深いもののようだ。

コメント

  • 中島淳子

    こんにちわ。だいぶ前、フーディーズのカナダ特集だったか、それとも旅番組のカナダ特集だったか。この人ではなかったけれど、やはり昔ながらの製法でメープルシロップを作っているおじいちゃんが登場した。そのおじいちゃんが番組の最後、帽子を取ってメープルの木に深々とお辞儀をしていたのが、とても印象的だったんです。
    自然の恵みに感謝する。そして自然と共存する。畏敬の念を忘れない。そんな気持ちのこもったメープルシロップを、私も味わってみたいものです。

コメントを残す