新緑の夏、紅葉の秋。アガワ渓谷の絶景を走り抜けるツアートレイン
©オンタリオ州観光局

新緑の夏、紅葉の秋。アガワ渓谷の絶景を走り抜けるツアートレイン

お気に入りに追加
新緑の夏、紅葉の秋。アガワ渓谷の絶景を走り抜けるツアートレイン-イメージ1
歴史的な鉄道を走り抜けるツアートレイン

スペリオール湖とヒューロン湖の間にあるスー・セント・マリーから、470km北にあるハーストまでをつなぐアルゴマ・セントラル鉄道。1914年、主に北部の鉱物産地から物資や労働者を運ぶことを目的に建設された歴史的な鉄道だ。深い森を切り開き、固い岩盤の丘から険しい谷間を走り抜ける線路の完成には、実に15年の歳月を要した。その複雑な自然の中をゆく工事は、現在の技術をもってしても難しいと言われている。

新緑の夏、紅葉の秋。アガワ渓谷の絶景を走り抜けるツアートレイン-イメージ2
音声ガイドや映像も楽しめる車内

この鉄道のルート上、スー・セント・マリーから約180kmの地点にあるのがアガワ渓谷だ。カナダ南部と北部の植生が混合した深い森の中、深さ200mもの迫力あるV字谷が続く景勝地。その美しさが評判となり、1970年代から、通常運行の列車とは別に、スー・セント・マリーとアガワ渓谷の間を1日で往復するツアー列車の運行がはじまった。車窓からの美しい風景はもちろん、アガワ渓谷でのハイキングや動物ウォッチングなどを楽しむこともできるとあり、大人気だ。

<新しい車両で快適な日帰り列車旅行>
アガワ・キャニオン・ツアートレインは、6月上旬から10月上旬まで、毎日運行されるツアー列車。2011年に新しい客車が導入され、より快適な旅が楽しめるようになった。

新緑の夏、紅葉の秋。アガワ渓谷の絶景を走り抜けるツアートレイン-イメージ5
スー・セント・マリーのダウンタウンにある駅から出発

出発は、スー・セント・マリーのダウンタウンにある駅。走りだして20分ほどで、列車は大自然の中へと入っていく。車内では、電車の先頭につけられたカメラのモニター映像が見られる他、日本語による音声ガイドも聞くことができ、見どころを見逃すことなく楽しめる。またスー・セント・マリー観光局のスタッフも同乗しており、一帯の観光情報を直接聞くこともできる。

新緑の夏、紅葉の秋。アガワ渓谷の絶景を走り抜けるツアートレイン-イメージ6
楽しみのひとつはダイニングカーでの食事

<カジュアルに食事が楽しめるダイニングカーも>
ツアートレインにはダイニングカーも連結されている。出発の1時間前からツアー終了ギリギリまで利用可能で、フレンドリーなスタッフが温かい朝食から、ボリューム満点のランチ、スナックまでをサービスしてくれる。もちろんビールやワインなどのアルコールも提供。

新緑の夏、紅葉の秋。アガワ渓谷の絶景を走り抜けるツアートレイン-イメージ7
パンケーキやフレンチトーストなどの朝食

ゆっくりと食事をしながら眺める車窓の風景はひときわ印象的だ。また、テイクアウトのランチもオーダーし、目的地アガワ渓谷の自然の中でピクニックを楽しむのも、人気のスタイルだ。

新緑の夏、紅葉の秋。アガワ渓谷の絶景を走り抜けるツアートレイン-イメージ8
線路はかなり湾曲して伸びており、撮影チャンスも豊富

<車窓には息を飲む風景の連続>
片道の運行時間は約4時間だが、飽きる暇などない。列車の大きな窓に流れていくのは、うっそうと茂る森と点在する湖、そして大小様々な川。ハイライトも多数散りばめられている。たとえば出発から147km地点のモントリオールリバーなどは絶景地。川の上40mの高さに架かる湾曲した陸橋をぐるりと走り抜ける際には、車内から歓声が上がる。そして最後に列車は丘の上から150m以上の落差をゆっくり下っていき、アガワ渓谷の見事なV字の岸壁に囲まれた谷底に到着する。

新緑の夏、紅葉の秋。アガワ渓谷の絶景を走り抜けるツアートレイン-イメージ9
展望台から眺めるアガワ渓谷の景観

<展望台に上り眼下の渓谷を堪能。秋色の風景も必見!>
アガワ渓谷は、道路のアクセスがなく電車でしか訪れることができない大自然地帯。ここでのツアートレインの停車は約2時間あり、ゆっくりと過ごすことができる。駅からは何本かのハイキング・トレイルも延びており、その美しい風景を歩いて堪能することも可能だ。とくに人気があるのは、線路から76m上の崖に設置された展望台へのルート。300段の階段を上りきると、谷底に線路が延びるアガワ渓谷の絶景が一望できる。

新緑の夏、紅葉の秋。アガワ渓谷の絶景を走り抜けるツアートレイン-イメージ10
渓谷からの出発は、車掌さんが吹く昔ながらの笛が合図

新緑の夏のさわやかさも素晴らしいが、ひときわ人気が高いのが、秋景色のシーズン。9月中旬から10月上旬にかけ、渓谷一帯は燃えるような紅葉世界となる。メープルやシラカバ、ポプラなどがまじりあった森は、深紅から朱色、黄色、緑と様々な秋色がまじりあい、思わずため息が漏れるほどに鮮やかだ。
宝物のような景観に出会える列車の旅。鉄道ファンならずともたっぷり楽しめる、印象的なネイチャーツアーだ。

新緑の夏、紅葉の秋。アガワ渓谷の絶景を走り抜けるツアートレイン-イメージ11

■Agawa Canyon Tour Train
●2016年運行スケジュール
6月21日~10月10日の毎日運行
スー・セント・マリー発8:00→アガワ渓谷着12:00
アガワ渓谷発14:00→スー・セント・マリー18:00
●料金:6月21日~9月11日 大人$84.07、シニア$75.22
9月12日~10月10日 大人・シニア$101.77
●ホームページ:http://www.agawatrain.com/

コメントを残す