09. バッファローがいた丘

アルバータの物語09. バッファローがいた丘

お気に入りに追加
09. バッファローがいた丘-イメージ1

「Bar U Ranch」のBarは「―」、つまりは棒のことで、その下にアルファベットの「U」がある。

このマークが焼印として牛に刻みつけられ、牧場による牛の品質保証となっていた。

「Bar U Ranch」も、そして僕が先に取材させてもらった4代続く牧場「Trails & Ranch」もアルバータ州の南部にあり、カナディアン・ロッキーの東側に位置している。

09. バッファローがいた丘-イメージ2

このあたりは冬になると「チヌーク(chinook)」と呼ばれる局地風が吹き込んでくる。

ロッキーの斜面を東へと吹き降ろしてくるこの風は、暖かく、かつ乾燥していることから、このあたりの雪をあっという間に溶かしてくれるのだ。

チヌークの呼び名は、先住民の言葉に起源を持つらしい。雪を溶かすその特性から、この風は「スノー・イーター=雪を食べる風」とも呼ばれている。

09. バッファローがいた丘-イメージ3

冬であってもチヌークによって雪が吹き飛び、溶かされることから、バッファローは雪の下に隠された牧草を口にすることができた。

加えて、降水量が豊富で小川もたくさんある。だからここはずっとバッファローの越冬地だったんだそうだ。

何千年もこのカナダの大地で暮らしてきた野生のバッファローが選んだ土地だ、間違いがあるはずがない。バッファローがいた丘は、まぎれもなく牛の放牧にとっても最適の丘だったのだ。

09. バッファローがいた丘-イメージ4

さて、1873年に、北西騎馬警察(North-West Mounted Police)という組織が設立され、1875年には「フォート・カルガリー」が築かれている。

カナダ有数の大都市・カルガリーの第一歩はここから始まった。

北西騎馬警察はのちに、マウンティの愛称でも知られるカナダ王立騎馬警察(Royal Canadian Mounted Police=RCMP)になるけれど、当初の役割はその名前の通り、「北西」、つまりカナダ北西部のアルバータ州とサスカチュワン州の治安維持だった。

09. バッファローがいた丘-イメージ5

このプレーリーでは、生きるために必要な分だけしかバッファローを殺さない先住民の人たちに対し、アメリカからやってきた白人たちが、毛皮目的にバッファローの狩猟を行い、バッファローが激減していた。

さらにはアメリカの密輸業者が持ち込んだウィスキーによってアルコール依存性となる先住民の人が続出したりとトラブルが頻発していたのだ。

09. バッファローがいた丘-イメージ6

だから北西騎馬警察の最初の仕事は、主に先住民の人たちとアメリカのウイスキー密輸業者の争いを阻止し、秩序を維持することだった。

しかし1879年には、こうした北西騎馬警察の役割も意味をなさなくなってしまう。

なぜなら、この年にこのエリアのバッファローは絶滅し、食糧難に陥った先住民の人たちが居留地区に移動させられてしまったからだ。

09. バッファローがいた丘-イメージ7

バッファローが消え、バッファローを生活の糧をしていた先住民の人たちがいなくなった丘に、カナダ政府は放牧を目的とした利用の場合は賃貸料を安くするといった措置を講じ、牧場経営の希望者を誘致したのだ。

たくさんの人がこの丘にやってきた。加えて、北西騎馬警察の中には、3年の任期を終えてここで牧場経営を始める隊員もいた。

アルバータ州の南部、ポーキュパイン・ヒルズというところには「ヘッドスマッシュト・イン・バッファロー・ジャンプ」というユネスコの世界遺産に登録された場所がある。

09. バッファローがいた丘-イメージ8

先住民の人たちが6000年にもわたってバッファローの狩猟を行ってきた場所だ。

6000年の間、この地で暮らしてきたバッファローにもかかわらず、アメリカ人による毛皮目的の狩猟が始まると、彼らはあっという間に姿を消してしまった。

チヌークが吹くこの丘に牧場を拓いた人には何の罪もないのはもちろんだ。ただ、アルバータの次の目的地・エドモントンに向かうにあたり、かつてこの丘でバッファローが生かされ、バッファローによって生かされてきた先住民の人たちがいたことを覚えておいてもいいだろうと思う。

コメントを残す