11. 種と土

アルバータの物語11. 種と土

お気に入りに追加
11. 種と土-イメージ1

これがエドモントン周辺の典型的な風景だ。平らな大地と空が視界いっぱいに広がっている。

このあたりは昔からこんなふうだったと思うかもしれないけれど、ウクライナの人たちがやってきた時、ここには樹々がうっそうと生い茂っていた。

ちょっと考えてみれば極めて当たり前のことだ。さあ、種を蒔いてください、と言わんばかりの土地が広がっているはずなどない。

11. 種と土-イメージ2

ウクライナの人たちを迎えたのは、この写真のような景色だった。

それを人の手だけで木を切り倒して畑にし、小麦を育て、ヨーロッパの「パンかご」と呼ばれるほどの穀倉地帯を生み出したのだ。

ウクライナの人たちは大西洋を渡り、「移民列車」に揺られたはてにエドモントンにたどり着くと、こんな林の中を歩きながら、開墾に適した土地を探し歩いたそうだ。

11. 種と土-イメージ3

自分が根を下ろすべき場所を探し歩いていたウクライナの人たちの掌の中には、「土と種」があった。

この写真の女性のように、布袋には黒い土が入っていた。彼らのふるさとの土だ。もう1つ、手のひらの中にあったのは、ふるさとの小麦の種だ。

彼らはふるさとの黒土に似た土地に、ふるさとの種を捲こうと「土と種」を握りしめてエドモントンにやってきたのだ。

タイムスリップしたかのようなこの女性がいるのは、エドモントンにある「ウクライナ・ヘリテージ・ビレッジ」。1891年に初めてウクライナの人がエドモントンにやってきて以来の暮らしの変遷を紹介するための施設だ。

11. 種と土-イメージ4

初めは自分たちの歩みを記録に残そうと有志が手弁当で古い住居を集め始めたが、今では州政府が運営し、エドモントンのウクライナ系カナダ人の人たちが協力する形で施設が運営されている。

ヘリテージ・ビレッジでは、それぞれの建物にこの女性のような人たちがいて、当時の生活を再現してくれている。

11. 種と土-イメージ5

そして、びっくりさせられるのが、彼女たちが当時と同じようにウクライナ語しかしゃべらない、ということだ。さらに彼女たちは、この家の修繕をしたり畑を耕したり、といった仕事も担っている。もう芝居とは言えないぐらいの「本気度」だ。

それにしても、何と粗末な家なんだろう、彼らはエドモントンにやってきたばかりの頃、こんな土間に丸太を三角に組み合わせた小屋に住んでいた。屋根はなんと、「草ぶき」だ。

屋根をふいている、というよりは勝手に雑草が生えている、といった感じだ

11. 種と土-イメージ6

この白黒写真は、初期のウクライナ移民の人たちの写真だ。家族や親戚がいっしょに大西洋を渡ってきたのだろうか。

建物の骨格がなんとなくゆがんでいるし、屋根はと言えばやっぱり「草ぶき」だ。

それにしても、「土と種」を手にこの地にやってきたウクライナの人たちは、騙されたと思わなかったのだろうか。

あのカナダの鉄道会社が作った移民募集のポスターとはあまりにかけ離れている。

11. 種と土-イメージ7

でも、ウクライナ・ヘリテージ・ビレッジの担当者、Davidさんは、こんなふうに教えてくれた。

「祖国ではせいぜい5エーカー程度の土地を耕していた貧しいウクライナの人たちにとって、160エーカーもの土地を無償で提供してくれるというのは、新しい人生を切り開くには、十分魅力的だったはずです」

当時、カナダ政府は入植者に対して160エーカーの土地を無償で提供する、という政策を推進していた。

160エーカーは、約65万平方メートルにあたる。彼らはいきなり、東京ドーム約14個分の土地を手に入れたのだ。

11. 種と土-イメージ8

ヘリテージ・ビレッジには年代順に当時の建物などが配置されている。少し歩いていくと、ずいぶんと立派な木造の建物が見えてきた。

1915年に建てられた家だという。もう屋根は「草ぶき」ではなくなっていた。

家のそばには穀物貯蔵庫のような建物もあり、その横でお母さんが棒を振るって麦を脱穀していた。

11. 種と土-イメージ9

エドモントンにやって来てから20年ほどが経過し、手の中にあった小麦の種が、ふるさとと同じ黒い土の畑からたくさんの実りをもたらしてくれるようになった。

あのポスターと現実との間にはずいぶんと違いがあったけれど、ウクライナの人たちはそれでも160エーカーの土地に希望を感じ、エドモントンを拓き続けたということだろう。

コメントを残す