STORY

アルバータの物語

13. 毛皮の砦

ウクライナをはじめとするヨーロッパからの移民が開拓を始める以前、エドモントンには鬱蒼とした林が広がっていた。

彼らは木を切り倒して林を農地に変えていったけれど、樹々が生い茂っていた頃のエドモントンには、実は丸太で作られた巨大な砦がそびえていた。

1846年、今はアルバータ州の州議事堂がある場所にハドソンベイ会社が建設したのが、毛皮交易の拠点である「フォート・エドモントン」だった。

当時、独占的な毛皮交易の権利を与えられていたハドソンベイ会社がこの砦の中に用意した品物が、写真にあるような日用品やピストルなど。

これに対し、近隣の先住民の人たちが、自ら捉えたビーバーなどの毛皮を砦に持ち込むことで、物々交換による「交易」が行われていたのだ。

フランスの探検家、サミュエル・ド・シャンプランがやってきて、今のケベックシティに毛皮交易のための丸太の砦を建設したのは1608年のことだった。

もっと毛皮を、もっと毛皮を、とビーバーを追い求めるヨーロッパ人は、それから200年以上をかけてカナダの西から東にまで交易の範囲を広げ続け、1846年にカナディアンロッキーの東に位置する地に、フォート・エドモントンを築いたのだ。

丸太の砦から始まるエドモントンの歴史をそのまま再現した施設が、「フォート・エドモントン歴史公園」だ。砦跡が1915年に取り壊されたことから、歴史的建造物の保存を求める市民が声をあげ、1969年から公園の建設が始まった。

現在の「フォート・エドモントン歴史公園」は、毛皮交易の時代に加え、鉄道がエドモントンに到達した1905年や、第一次世界大戦後の1920年代のエドモントンの姿を忠実に再現している。

さて、ここで話を丸太の砦「フォート・エドモントン」に戻したい。

先住民の人たちは砦に毛皮を持ち込んだだけではなく、砦の中で暮らす先住民の女性もいた。

毛皮交易においては、ヨーロッパから来た白人男性が先住民の女性と結婚するケースも多かったという。

そう聞くと、なにやら虐げられた存在のように思うかもしれないけれど、砦の中にはヨーロッパ人の男性と先住民の女性が暮らすための部屋もちゃんと設けられていた。

彼女たちは、ビーバーの毛皮を持ち込む先住民たちとの橋渡し役であり、カナダでの慣れない暮らしを支える存在でもあった。

そんな当時の毛皮交易の姿が、「フォート・エドモントン歴史公園」では体感することができる。

しかし、この砦ができた頃、植民地・カナダの経済を牽引してきた毛皮交易は既に斜陽の時を迎えようとしていた。

既にビジネスが成り立つようなエリアでのビーバーは取り尽くされ、ビーバーの毛皮から作られる高級帽子・ビーバーハットは、パリ製のシルクハットに取って代わられようとしていた。

また、ハドソンベイ会社に認められていた毛皮の交易独占権も1859年にはその期限切れを迎え、多くの事柄が毛皮交易の「終わり」を告げ始めていた。

イギリス、そしてカナダ政府は既に、アルバータなどカナダ西部での農業の可能性について関心を寄せ、1857年には調査隊を派遣してもいる。調査結果は、カナダ西部には農業に適した肥沃な土地が広がっている、というものだった。

1891年、エドモントンに初めてウクライナ移民がやってきた。1905年にはカナダ北部鉄道によって、エドモントンを通る大陸横断鉄道が敷かれている。

カルガリーでバッファローが消えた後に牛の放牧が始まったように、ビーバー猟の終焉に伴い、エドモントンは農地の開拓と移民受け入れへと大きく動き出していく。

アルバータ州はまさに、“Farm & Ranch”の土地なのだ。

文・写真:平間俊行

コメントを残す

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

SEARCH