STORY

アルバータの物語

17. そして、カナダで生きていく

カウボーイの街・カルガリーと、小麦畑が広がるエドモントンを舞台にした、僕の「アルバータの物語」をそろそろ終えることにしたい。

今回の旅の目的は、誰もいなかった空っぽのプレーリーを、一体誰が「拓いた」のかを知ることだった。

それは、このカナダという国を今の姿にまで発展させてきたのは誰なのか、という問いへの答えを探す旅でもあった。

ウクライナから移民としてやってきた人たちは、文字通り、自らの手で木々を切り倒し、農地を広げていった。

女性だって重要な働き手だった。

屋根に穴が開いた家に住みながらも、雄々しく、懸命に、自らの人生と、カナダという国の未来を切り開いてきたのだと思う。

あの4世代続くウクライナ系カナダ人のご一家、Lay Lopushinkskyさんのご一家でも、月日を重ねる中で生活は豊かになっていき、ご家族の下に自家用車がやってくるような日も訪れた。

僕はカナダの歴史に触れる旅を続けながら、実はずっと同じことを考えている。

この国の歴史には、古今無双の豪傑とか、天才軍師とか、傾国の美女とか、歴史小説家が飛びつくような「キャラの立った」登場人物はまったくと言っていいほど出てこない。

同じ移民の国・アメリカにだって、誰もが知っている将軍とか、早撃ちのガンマンとか、歴史に名を残す大統領がいるにもかかわらず、だ。

カナダの歴史をつくってきたのは、名もない健気(けなげ)な人たちだと思う。真面目に働き、家族の団らんを心の拠り所とし、たまにはみんなでピクニックに行ったりする。

仲間とチームをつくって、野球をやったりカーリングを楽しんだり。

そこにあるのは特別なストーリーではない。あるのはただ日々の生活、人間的な暮らし、ということだと思う。

Layさんのお宅では、復活祭の「イースター・エッグ」をたくさん見せていただいた。

もともとは蝋纈(ろうけつ)染めで装飾されたウクライナ伝統の卵細工で、「ピサンカ」の名で呼ばれている。

ウクライナの人たちはカナダで暮らしながらも、こうした伝統工芸や伝統の踊り、料理など、自分たちの文化を今も大切に守り続けている。

例えば「クリスマス」には七面鳥を食べるというイメージがあるけれど、ウクライナの人たちは「イブ」に肉を食べることは禁じられているという。

「クリスマス・イブ」に食べるのは魚であって、「クリスマス」になってやっと七面鳥などの肉を食べるんだそうだ。

それから僕はLayさんのお宅で、こんなにたくさんのお土産をいただいてしまった。

「CANADA」と書かれた真っ赤なキャップにストラップ、カナダの地図をかたどったキーホルダー、などなど。カナダの国旗まで入っていた。CANADA、CANADA、CANADA。

ウクライナの伝統を守ってはいるけれど、自分たちはカナダ人なんだ、という強烈な自負ー。いただいたお土産を見ながら、僕はそんなふうに感じていた。

僕は日本人だけれど、僕や僕の先祖が日本をつくってきた、なんて自負は露ほどもない。僕はただ偶然、日本という国に生まれただけのような気がする。

でもカナダの人たちは、この大地を切り開いて国を豊かにしてきたのは、つまりこの国を「拓いた」のは自分たちなんだ、という自負に満ちているように思う。そしてカナダの人たちは、心の底からカナダが好きなんだなあと感じさせられる。

さて、旅はいつもあっという間に終わってしまう。日本に戻ってこうして原稿を書いていると、やっぱり何かやり残したような気にさせられる。

そうそう、ウクライナの伝統料理も食べに行ったけれど、たまたまお目当てのレストランが休みだったため、残念ながら時間切れで味わうことができなかった。

その時に僕が代わりに食べたのが、カナダ人なら誰もが知っているドーナツチェーン「Tim Hortons(ティム・ホートンズ)」のドーナツ。

ナショナルホッケーリーグ(NHL)所属のエドモントン・オイラーズ(Edmonton Oilers)を応援するためのものだ。

甘かった。口の中でジャリジャリと音がした。どうしてこういうチョイスをしたのか、いまだに自分でもよく分からない。

いつかまた、ウクライナの伝統料理を味わうべく、「続・アルバータの物語」に出会う旅に出なくてはならないのかもしれない。

文・写真:平間俊行

コメントを残す

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

SEARCH