グレートネイチャー溢れるユーコン準州 氷河をフライトし動物達と触れ合おう

グレートネイチャー溢れるユーコン準州 氷河をフライトし動物達と触れ合おう

お気に入りに追加

自然豊かなカナダにあっても、ことのほかダイナミックでファンタスティックな大自然を感じることのできるノースウエストとユーコンは、特別な場所だ。天空を彩るオーロラの妖しくも美しい輝き。沈黙の大氷河と静寂の自然に生きる動物たちとのふれ合い。この世のものとは思えぬ体験が待っている。

【ユーコン準州】

圧巻の大氷河と5000m級の山々に言葉を失うクルアニ国立公園。広大な世界遺産、クルアニ国立公園の楽しみ方はさまざま。トレッキングやラフティング、釣りやキャンピングをするのも魅力的だ。だが、壮大な大氷河上空のフライトは何ものにも代えがたい。カナダ最高峰のマウント・ローガン(5959m)をはじめとする切り立つ山々。氷河がまさしく“河”であることを思い出させてくれる迫力満点の風景は、グレートネイチャー。上空は夏でもかなり寒いのでダウンジャケット必携だ。

ユーコンもまた、オーロラ観賞に最適な場所として知られる。山並みとともに夜空に現れるオーロラは、ノースウエストで見る姿とまた違う趣のものだ。万年雪に覆われた山々と大氷河。カリブーやムースたちのグレートネイチャーにくわえ19世紀末のゴールドラッシュに沸いたパイオニアスピリッツが、いまも漂う。

ユーコンの州都ホワイトホース郊外にある、アニーレイク上空に現れたオーロラ。ピンクから紫のオーロラは、大気の窒素と太陽風のプラズマが衝突して発光。緑のオーロラよりも、まれにしか現れない。州都から車で約30分の場所でこんなオーロラが見られる。(Photo:Tourism Yukon)

YUKON(ユーコン準州)

アクセス 日本から直行便なら約9時間でバンクーバーへ。さらに約2時間30分のフライトでホワイトホース着
時差 -17時間(サマータイム時は-16時間)
通貨 カナダドル(1カナダドル=約78円 ※2016年8月現在)
電話(国番号) +1
気候 オーロラと紅葉が楽しめる9月以降は、夜半の冷え込みもはじまる。ダウンや帽子、手袋必携。11~3月の冬場はアンダーウェア着用が必須の寒さとなり、-30℃を下回ることもある。逆に6~8月の夏場の日中は、30℃を超えることもある。ただし、ウィンドブレーカーは必携。

雄大なクルアニ国立公園をフライト

◆ Icefield Discovery(アイスフィールド・ディスカバリー)

グレートネイチャーの感動を短時間で手に入れるなら、やはり遊覧フライト。氷河を熟知したスタッフが、感動の体験を味わわせてくれる。リクエストしだいでは、氷河の上にランディングもOKという特別な体験も可能。ただし、天候不順の場合は飛べないこともあるので、これは承知を。

Icefield Discovery(アイスフィールド・ディスカバリー)

参考料金 フライト(60分)1名 250カナダドル

URL http://www.icefielddiscovery.com/

フェアトレードの本格コーヒー

◆ Bean North Café(ビーン・ノース・カフェ)

サードコーヒーの波はバンクーバーにまで到来していたが、さらに北上し、ここユーコンのホワイトホースにも、こだわりのカフェがたくさん登場している。街からちょっと離れた動物保護区(ここも出かける価値大)の隣にあるカフェで、避暑地の森のカフェといった趣。エシカルな豆にこだわって、もちろん焙煎から手がける。店内には、応援しているアーティストたちの作品がいろいろ展示されていて、ギャラリーの役割も果たしている。

Bean North Café(ビーン・ノース・カフェ)

所在地 km 8.8 Takhini Hotsprings Road, Whitehorse, Yukon
電話番号 867-667-4145
営業時間 夏季 11:00~17:00
定休日 無休(夏季以外は月・火曜休)

URL http://www.beannorth.com/

ひょっこりグリズリーの親子登場!

カナダはどこに行っても動物と触れ合うことができるが、ユーコンで出合う動物たちは近寄りがたい一種の神性のようなものを感じさせる。基本、真の野生だからということなのだろうが、この犯しがたいオーラが、グレートネイチャーの魅力なのだと思う。

もちろんグリズリーなども親子で見かけたりすると、思わず可愛い!となるのだけれど、熊と人間双方にとって危険なわけで、保たれるべき距離感をお互いが察知しなくてはいけない。

美味で、ラベルも可愛い地ビール

◆ Yukon Brewing(ユーコン・ブリューイング)

地ビール人気はユーコンも変わらずで、このユーコンビールはもはや定番。とくに夏のBBQには欠かせない。オンタリオ出身のボブがウィスキーの製造からはじめた会社だが、夏場はビールしか造っていないほどとか。

ビールは11種類あって、いずれもラベルがキュートだが、これも地元のアーティストの作品。瓶のほうが絵になるが、アウトドアで飲んで持ち帰るのには、潰せる缶のほうが便利で人気。日本では3店のバーでだけここのビールが飲めるのだそうだ。

Yukon Brewing(ユーコン・ブリューイング)

所在地 102 Copper Road, Whitehorse, Yukon
電話番号 867-667-4183
営業時間 10:00~20:00、11:00~18:00(日曜)/ツアー 14:00~(月~土曜)
ツアー料金 10カナダドル
定休日 無休

URL http://yukonbeer.com/

アーティストを大切に育てる

◆ Yukon Arts Centre(ユーコン・アーツ・センター)

厳しい自然に暮らすユーコンでは、アートに携わる者に補助金などサポートがある。そのため若いアーティストたちが多く住んでいるのだが、さらにそうした才能を育てる気風もある。と、なんとも素晴らしいユーコンなのだが、このセンターが最たるもの。

ギャラリー、劇場、ホールと、さまざまな芸術家を支援する施設が整い、文化をアピールしている。

Yukon Arts Centre(ユーコン・アーツ・センター)

所在地 300 College Drive, Whitehorse, Yukon
電話番号 867-667-8575
営業時間 10:00~17:00(土曜 12:00~)
定休日 日曜

URL http://yukonartscentre.com/

※コンサートや演劇の上演についてはHP参照

コメントを残す



あったかい、冬カナダキャンペーン Close