モダンなビルと歴史的建造物が融合するデザインとアート の都市 モントリオール

モダンなビルと歴史的建造物が融合するデザインとアート の都市 モントリオール

お気に入りに追加

グッドデザインに囲まれた、洗練のモントリオール。“北米のパリ” とも称されるこの都市は街を散策しながら名建築を巡るといい。感性を刺激するデザインは至るところに。

新旧の融合と文化の交錯が生み出す先鋭の都市景観

歴史ある旧市街から数ブロックで近代的な高層ビルが林立する。

サン・ローラン川の左岸に発展した、カナダ第二の都市モントリオール。住民の大半はフランス系カナダ人で、二カ国語で併記された看板や街中で交わされる会話からもわかるように、ここでの公用語はフランス語だ。パリに次いで世界2 番目となるフランス語圏のこの都市は、北米大陸におけるフランス文化の地でもある。

とはいえ、早くから移民を受け入れてきた寛容なる国際都市。世界各国から集まったメンバーで構成されるエンタテインメント集団シルク・ドゥ・ソレイユがこの地で発祥し、本拠地を置くように、多民族が互いを認め合い、共存する中で独特の文化は形成されていった。この街の大らかで自由な気風は、滞在してすぐに実感できるはずだ。

プラス・ダルム駅と直結するコンベンションセンターもカラフル。

旧市街には歴史的建造物が立ち並び、一方のダウンタウンには近代的な高層ビルが林立。新旧がこれほど整然と共存する都市も珍しい。どこに視線を向けてもこの街を特徴づける風景が目に入り、軽い興奮を覚えるようだ。歴史ある伝統を礎に先進の発想を柔軟に取り込みながら、モントリオールの文化的想像力は育まれたに違いない。都市景観の優れたサンプルであり、建造物のショーウィンドウという見方もできるだろう。

2017 年に市制375 周年を迎えるモントリオールは、街のあちこちで再開発が急ピッチで進行中だ。クリエイティブなデザインとフランス文化に彩られたカナダの先端都市は今、新たな時代の展開を迎えている。

MONTRÉAL(モントリオール)

フランス文化が薫る、カナダ第二の都市。歴史的建築物と近代的な高層ビルとが調和し独特の景色を浮かび上がらせる。多民族文化の交差点で多様なデザインを堪能。
通貨 カナダドル(1カナダドル=約83円 ※2016年11月現在)
電話(国番号) +1

アメリカから寄贈された別名「フラー・ドーム」。

サンテレーヌ島全体が会場となった1967 年のモントリオール万国博覧会で、アメリカのパビリオンとして誕生した「バイオスフィア」。現代のレオナルド・ダ・ヴィンチと称される建築家バックミンスター・フラーによる設計で、現在は水と環境の展示施設としてサン・ローラン川や五大湖の水のエコシステムを紹介。一見の価値ある現代建造物だ。

La Biosphère(バイオスフィア)

所在地 160 Chemin Tour-de-lʼ Isle, île Saint-Hélène, Montréal
電話番号 514-283-5000
開館時間 10:00 ~ 17:00
休館日 日~水曜
料金 15カナダドル

URL http://labiosphere.be

354個のキューブで構成する不思議住居

◆ Habitat67(アビタ67団地)

多面体構造のモダニズム建築は近代的集合住宅の最高傑作。「眺めが良くて最高。離れられないわ」と住人を魅了するアビタ67 団地。

高層階からはサンテレーヌ島やバイオスフィアが一望に。

サン・ローラン川の急流を眺めるマルクドロウン岸壁に立つこの集合住宅は、マギル大学に在籍していた建築家のモシェ・サフディの修士論文を基に、1967年に開催されたモントリオール万国博覧会の主要テーマ「住宅計画」の一貫として建てられた。
一世帯平均2~3個のキューブを所有、当初は低所得者層向けだったが、現在は建築家や音楽家などクリエイターやアーティストが好んで暮らしている。

“デザインとともに暮らせる”のが魅力

双子の兄弟、デクスター・パート氏(左)とバイロン・パート氏。2006年カナダ発のブランド「WANT Les Essentiels」を設立。旅行バッグなど上質アイテムが人気を博す。

僕らのオフィスはモントリオールとニューヨークにあり、両都市から多くのインスピレーションを得ています。しかし、モントリオールをベースにすることは人生にも、ブランドのためにも重要で欠かせない部分です。ファッショナブルで生活水準が高く、活気あるナイトライフがあり、生き生きとした文化的にも豊かな街。その条件をすべて満たすのは、ここモントリオールだけ。僕たちの住まいはアビタ67団地で、旧市街やサン・ローラン川が見渡せ、緑豊かな素晴らしい公園も近い。旧港のヴュ・ポールや1976年に五輪が開催された跡地(オリンピック公園)など建築にも歴史があります。モントリオールは他にない特別な雰囲気をまとっていながら、それがとても心地いい。ここ以外での生活は考えられません。

WANT Les Essentiels

URL http://www.wantlesessentiels.com/

次世代に向け進化し続ける、芸術とデザインの一大拠点

この街はモダンなデザインがよく似合う。変貌し続ける都市の“今” を見届けよう。

[Art]
◆ Musée des beaux-arts de Montréal(モントリオール美術館)

「デザインもアートの一部です」と家具や日用品まで並び、見応えたっぷり。

シェルブルック通りを挟んで旧館とモシェ・サフディが設計した新館が向き合って立つ、1879年に設立されたカナダ最古の美術館。5つのパビリオンには4万1000点にも及ぶ膨大なコレクションを展示する。レンブラントやマティスの作品が年代順に鑑賞できる西洋美術コレクションに、国際コンテンポラリーギャラリーでは抽象画から斬新な彫刻作品まで現代アートの潮流が一目瞭然に。カナダとケベック州の歴史や文化を伝えるコレクションを中心に、イヌイットやアメリカ先住民によるアート作品が並ぶブルジ・パビリオンは見ておきたいところだ。

美術品の展示は一般的に壁面とフロアを使うが、空間すべてを利用したディスプレイが同館の方針であり、特徴でもある。国際的にも評価される常設展示はもちろん、革新的テーマに挑戦する企画展もクオリティが高い。旅先で感受性が強くなっているためか、ジャンルを超えた数多くの作品を目の前にすると「これが好き」「面白い!」と感じる気持ちが必ず湧き起こってくる。「だから何度もリピートしていただけるのです」と、スタッフは誇らしげだ。もっとも年間100万人が訪れるというから、その表情にも納得がいく。

館外にパブリックアートが多いのもアートを身近にという考えから。2016年11月にはインターナショナル・アートコレクションを展示する6階建ての新館もオープン。こちらもモダンデザインの新たな拠点となりそうだ。

神殿のような旧館。新館とは地下通路でつながっている。

左:広々とした館内。カナダらしい大空間に並ぶ作品は眺めているだけで心地よい。
右:館外は季節ごとに替わる作品が。まさにアート尽くし。

Musée des beaux-arts de Montréal
(モントリオール美術館)

所在地 1380 Rue Sherbrooke Ouest,Montréal
電話番号 514-285-2000
開館時間 10:00~17:00(水曜 ~21:00)
休館日 月曜
料金 12カナダドル~

URL http://www.mbam.qc.ca/

現代アート・ホッピングならここへも

現代アート専門の美術館としてはカナダ唯一という「モントリオール現代美術館」。インスタレーションやマルチメディア・イベントにワークショップなど多数開催。モントリオールのエッセンスを堪能したい。

Musee d’art contemporain de Montréal
(モントリオール現代美術館)

URL http://www.macm.org/

水辺に集い、癒やしの時間を。革新的な水上のオアシスへ

[Spa]
◆ Bota Bota(ボタ・ボタ)

開放的なガーデン。広々とした温水プールにデイベッドなどが並ぶ。

モントリオールでは、意外な場所でモダンデザインに出合うものだ。対岸には古い街並みの旧市街、仰ぎ見れば廃墟になった巨大な小麦粉工場が。「ボタ・ボタ」は、旧港のサン・ローラン川に浮かぶ、古いフェリーを改装した水上のスパだ。「水辺は癒やされる。環境的にこれ以上、スパ向きの場所はない」とこのアイデアを着想したオーナー。2010年のオープン以来話題となり、15年には3つのプールを設けたガーデンも誕生した。

サウナから眺めるサン・ローラン川対岸の美しき街並み。

左:古いフェリーを改装した画期的な水上スパ。
右:船室を改装したセンスの良いトリートメントルーム。

ここではぜひ「ウォーター・サーキット」を試してみたい。ドライサウナ、またはスチームバスで10 分程度体を温めたら、冷水に1分間。体を冷やした後、15分30秒のリラグゼーションを繰り返し、血行促進を狙うというプログラム。リフレッシュ効果も期待できる。

施設内はサウナに屋外のジャグジー、トリートメントルームやカフェ・レストランまで揃い、何不自由なくたっぷりと過ごせる。これほどユニークなスパは類を見ない。水着やサンダルは購入できるので手ぶらでどうぞ。

屋外のジャグジーから眺める旧市街。

左:至る場所にソファやベッドを備える。バスローブでリラックスした時間を。
右:心地よい揺れで眠気を誘うハンモック。平日の夜は仕事帰りの人たちがリフレッシュに集う。

Bota Bota(ボタ・ボタ)

所在地 Old Port of Montreal, McGill entree Corner de la Commune West and McGill, Montréal
電話番号 514-284-0333
営業時間 10:00~22:00(金~日曜 9:00~)
料金 3時間未満 49カナダドル~、ジャーニー(無制限) 59カナダドル~、ウォーターサーキット 39~70カナダドル

URL http://botabota.ca/

デザイン都市の最新ブティックホテル

[Stay]
◆ Hôtel William Gray(オテル・ウィリアム・グレイ)

ルーフトップテラスからの眺め。モントリオールの名所が一望に。

ジャック・カルティエ広場や旧港、ノートルダム大聖堂を見下ろす絶好のロケーションに2016年7月オープンした全127室の最新ホテル。建築家とデザイナーは目立たせることより、街になじむデザインを最優先にした。

18世紀の歴史的建造物である政治家エドワード・ウィリアム・グレイの住居に8 階構造のガラスタワーをシームレスに導入、新しいオールド・モントリオール・スタイルを実現した。客室のインテリアは装飾や色を控えたミニマルなデザイン。

左:多機能なリビングルームとライブラリーを設けたパブリックスペース。
右:デザイン性が高くクリエイターの利用も多い。

コンクリートの天井にレトロモダンなインテリアが調和する客室。

館内にレストランやカフェ、ライブラリー、ライフスタイルショップもあり、地元の人々と観光客の文化の交差点となるコミュニティとしても機能する。
ほどなくプールとスパもオープン。すべてが洗練され、どこまでも心地いい。

左:1階はコンテンポラリー・カナディアンフードのレストラン。ドライエイジングビーフは必食。
右:シェフのデレク・ボッキング氏。壁面の新鮮なハーブや野菜を摘み、サラダなど料理に。

Hôtel William Gray(オテル・ウィリアム・グレイ)

所在地 421 Rue Saint Vincent, Montréal
電話番号 514-656-5600
客室数 127室
料金 スタンダード 499カナダドル~、デラックスキング 550カナダドル~

URL http://hotelwilliamgray.com/

日本人デザイナーが創出した美食空間

[Restaurant]
◆ Maison Boulud(メゾン・ブリュ)

奥にはテラス席やプライベートルーム、シェフズテーブルもあり。

ザ・リッツ・カールトン モントリオール内にあるレストラン。炎が揺らめく暖炉を備えたダイニングは「ガラスを多用し、光で遊ぶ」をテーマに、日本を代表するデザイナー杉本貴志氏が手がけている。落ち着いた雰囲気の中にもエッジの利いた色気のある装飾が凝らされ、まさに大人のための空間だ。

料理はニューヨークで活躍するスターシェフ、ダニエル・ブリュ氏がプロデュース。ケベック州の食材を中心に、フレンチをベースにイタリアンの要素も緻密に取り入れた内容だ。ここではぜひペアリングコースをリクエストしたい。ワインはもちろん日本酒との絶妙なマッチングも楽しめる。記憶に深く残る晩餐を。

左:3種のキノコとニョッキ、ロブスタービスクの泡を添えて 27カナダドル。
右:定番のフォアグラのテリーヌ 33カナダドル。ケベック産ウナギのスモークとともに。

Maison Boulud(メゾン・ブリュ)

所在地 Ritz-Carlton Montréal 1228 Rue Sherbrooke Ouest, Montréal
電話番号 514-842-4224
営業時間 7:00~10:30、12:00~14:00(土・日曜~ 14:30)、18:00~22:30
定休日 無休

URL http://www.maisonboulud.com/

リッチでモードなリサイクルファー

[Shopping]
◆ Harricana(アリカナ)

左:サイドにアライグマのファーをあしらったハーフブーツ 489カナダドル。
右:コートやストール、天然石のアクセサリーとアイテムも多彩。

2016年に移転し、リニューアルオープンしたショップ。リサイクルしたファーで仕立てる豊富なアイテムは、毛皮交易で有名なモントリオールならでは。人気のニットキャップはサイズや色のバリエーションも多彩。ファーは取り外せ、お手入れしやすいと評判だ。店内ではファーを使ったシュシュのワークショップも行っている。

Maison Boulud(メゾン・ブリュ)

所在地 Ritz-Carlton Montréal 1228 Rue Sherbrooke Ouest, Montréal
電話番号 514-842-4224
営業時間 7:00~10:30、12:00~14:00(土・日曜~ 14:30)、18:00~22:30
定休日 無休

URL http://www.maisonboulud.com/

デザイン性と機能性を兼ね備えた名品

[Shopping]
◆ m0851(エム・ゼロ・エイト・ファイブ・ワン)

左:新作コート 415カナダドル、ポシェット 295カナダドル。
右:パープルのバッグ 450カナダドル、キャメル色バッグ 545カナダドル、チャーム 60カナダドル。

2016年に移転し、リニューアルオープンしたショップ。リサイクルしたファーで仕立てる豊富なアイテムは、毛皮交易で有名なモントリオールならでは。人気のニットキャップはサイズや色のバリエーションも多彩。ファーは取り外せ、お手入れしやすいと評判だ。店内ではファーを使ったシュシュのワークショップも行っている。

m0851(エム・ゼロ・エイト・ファイブ・ワン)

所在地 4925 Rue Sherbrooke Ouest, Montréal
電話番号 514-903-9907
営業時間 10:00~18:00(木・金曜 ~19:00、日曜 11:00~17:00)
定休日 無休

URL http://www.m0851.com/

旧市街で見つけたアートの源流

モントリオールのもうひとつの見どころといえば、「ヴュ・モンレアル」とも呼ばれている旧市街。市庁舎の前から旧港に続くジャック・カルティエ広場を挟む、ノートルダム通りとサン・ポール通りがメインストリートだ。

バロック様式のモントリオール市庁舎やノートルダム大聖堂、銀のドーム屋根が目印になるネオ・クラシック様式のボンスクール市場など、石畳の街を散策していると、重厚な石造りの歴史的建造物をそこかしこで目にできる。

ローカルや多くの観光客が訪れる人気スポットだけに、周辺にはショップのほか洒落たレストランやカフェも数多い。日中はもちろん、建物が美しくライトアップされた夜の街はノスタルジックな気分にさせる。モントリオールのアートの源流を辿れば、この街をより深く理解できるはずだ。

◆ Notre-Dame Basilica(ノートルダム聖堂)

左:高さ77m、幅41mの壮大な聖堂。ブルーの祭壇やモントリオールの歴史をモチーフにしたステンドグラスは見逃せない。
右:後方にサクレ・クール礼拝堂が。

1829年に建築されたネオ・ゴシック様式のバジリカ聖堂。コバルトブルーの照明に浮かび上がる黄金の祭壇は、あまりの壮麗さに畏敬の念すら抱かせる。7000本ものパイプを使用した世界最大級のパイプオルガンは必見だ。

祭壇の奥にはモントリオール出身のセリーヌ・ディオンが結婚式を挙げたサクレ・クール礼拝堂がある。こちらもお見逃しなく。

Notre-Dame Basilica(ノートルダム聖堂)

所在地 110 Rue Notre-Dame Ouest, Montréal
電話番号 514-842-2925 www.basiliquenddm.org
開館時間 8:00~16:30(土曜 ~16:00、日曜 12:30~16:00)
休館日 無休
料金 5カナダドル

※掲載された情報は2016年11月現在のものです。
※記載の休日のほか、クリスマス、年末年始などに休む施設もあります。

【取材協力】カナダ観光局

コメント

  • Naoya

    モントリオールの魅力が伝わりました!!

  • 山本 義広

    モントリオールと言えばオリンピックが開催された事くらいしか、頭にはなかった。この町の成り立ち、移民を受け入れ続けていることによる、多様性、多民族との協調、調和が素晴らしい。又それ故に美術でのおおらかさ、ユニークさが見受けられる。是非とも訪れたい街である。

コメントを残す