最高級の劇場と圧巻のステージで観客を魅了し続ける都市トロント

最高級の劇場と圧巻のステージで観客を魅了し続ける都市トロント

お気に入りに追加

大都市らしくビジネス街をイメージさせるが、トロントは世界トップクラスのシアターシティだ。拍手と歓声に高揚する夢の扉を今、開こう。

エキサイティングな夜の街で非日常に満ちた感動体験を

夜になり一層、輝きを増すエンタテインメント地区が眼下に。

カナダ最大の都市であり日本から東の玄関口でもあるトロントは、先住民族であるヒューロン族の言葉で「トランテン=( 人と会う場所)」を意味する。由来通り、民族は多様で互いを尊重しながら暮らすコスモポリタンシティだ。

ここのリベラルな市民性がエンタテインメントの地盤を育むのか、大小40カ所以上もの劇場が点在する。芸術や文化に対しての政府や民間の財政援助も厚く、バレエ団とダンスカンパニーは50以上、6つのオペラ団体とふたつの交響楽団が精力的に活動する。日本では、バレエ団は全国で数えても10程度。数字で示すだけでもトロントの文化活動がいかに盛んかがわかる。

左:エンタテインメント・ディストリクトはCNタワーのほど近く。
右:趣向の異なるふたつの劇場で構成される、エルジン・アンド・ウィンター・ガーデン劇場。

キング通り西沿いのふたつの劇場、ロイヤル・アレクサンドラ劇場とプリンセス・オブ・ウェールズ劇場を中心とした一帯は、エンタテインメント・ディストリクトと呼ばれ、国際映画祭のメイン会場にもなるエリアだ。この界隈をメインにミュージカルやバレエ、オペラとバラエティに富むパフォーマンスが毎夜繰り広げられている。

今でこそ華やかで活況なこの地区も、第一次世界大戦後は荒廃していた時期があったという。不遇の時代を経てもなお輝き、一流のエンタテインメントを知る目の肥えた観客によって都市に活気と躍動感が生まれている。日常では得難い感動をもたらすエキサイティングな夜。旅に欠かせない醍醐味だ。

TORONTO(トロント)

北米有数の都市であり、オンタリオ州の州都。金融センターとして発展を遂げたこの街には世界的スケールの劇場が数多く点在する。ミュージカルもオペラもバレエも思いのままに。
通貨 カナダドル(1 カナダドル=約83円※2016年11月現在)
電話(国番号) +1

ハイソサエティが集う憧憬の幻想空間

◆ Winter Garden,
The Elgin and Winter Garden Theatre Centre
( ウィンター・ガーデン、エルジン・アンド・ウィンター・ガーデン劇場)

現代のテーマパークにも似た装飾。ディテールを見るだけでも面白い。

「 エルジン」と「ウィンター・ガーデン」のふたつある劇場のうち、上流階級向けに造られたのがこちら。重厚で煌びやかなエルジンとは対照的に、手描きの風景画にブナの木々にはランタンが灯るファンタジーの世界が出現。長く厳しい冬に憩いの庭を模した装飾は大層喜ばれたに違いない。

エントランスホールからロビーへ。館内も見どころ多数。

ミュージカルからスタンドアップコメディまで公演の幅も広い。

1928年に閉鎖され鳩やアライグマが住みつくほどだったが89 年に復活。今も往時がしのばれる。

成功と波乱を経て今に輝く!時代を超えた不朽の劇場

◆The Elgin,
The Elgin and Winter Garden Theatre Centre
( エルジン、エルジン・アンド・ウィンター・ガーデン劇場)

着席すると、輝かしい装飾に取り囲まれ気分が盛り上がる。

ニューヨーク出身の建築家トーマス・ラムが設計した、エドワーディアン・スタイルの劇場だ。劇場と劇場が二層構造になった複合スタイルとしては世界唯一を誇り、カナダの歴史遺産に指定されている。1913年12月に「エルジン」、2カ月後の14年2月に「ウィンター・ガーデン」がそれぞれオープンし、瞬く間に話題を集めた。

メイク用品や衣装が並ぶドレッシングルーム。ツアーで見学も可能。

しかし栄華も長くは続かない。第一次世界大戦後には集客が激減し「ウィンター・ガーデン」が閉鎖。70年代にはこのエリア一帯の治安も悪化したが、81年に財団のプロジェクトにより2900 万ドル( 約30 億円) もの巨費が投じられ、現在の壮麗な姿を取り戻すまでとなった。

毎週2回、木曜17時と土曜11時に実施しているガイド付きのバックステージツアーも好評だ。細部にまでわたる解説に、この劇場がいかに愛されているかがよくわかる。

The Elgin and Winter Garden Theatre Centre
( エルジン・アンド・ウィンター・ガーデン劇場)

所在地 189 Yonge Street, Toronto
電話番号 416-314-2901
※2017年1月7日までミュージカル『眠れる森の美女』
の上演あり

トロントは舞台芸術のメインストリーム

ジブ・パラスラム氏。カナダ・ハリファックス出身。トロント大学で演劇と国際関係を学ぶ。トロントを拠点にする演劇集団Pandemic の共同オーナー&創設者で、1968 年創設の劇団Theatre Passe Muraille のプロデューサーとしても活躍。

エルジン・アンド・ウィンター・ガーデンのようなスケールの大きい劇場から、インディペンデントまで個性豊か。幅広いジャンルのパフォーマンスを毎日鑑賞できるのがトロント最大の魅力です。そのため目が肥えた観客も多く、エンタテインメントが育まれる土壌でもある。

ただ劇団を設立するのは容易な反面、運営がうまくいかず、わずか数年で撤退するものも少なくありません。良い舞台だけが残る。トロントは厳しい舞台芸術のなかでもメインストリームに位置する、世界でも有数の都市です。挑戦的な街だから、私も思い切った演出にトライできます。

疲れたとき、アイディアが欲しいときは近くの島や山で気分転換することも。大自然に囲まれた大都市というのも希少ですよね。

◆Four Seasons Centre
(フォー・シーズンズ・センター)

(C)Lucia Graca

最高ランクの音響と設備を備えたオペラとバレエ専門の劇場として2006年6月にオープン。カナディアン・オペラ・カンパニーとカナダ国立バレエ団の本拠地としても有名だ。馬蹄形のマルチユースシアターと、野外シアターを展開する。

(C)Lucia Graca

Four Seasons Centre
(フォー・シーズンズ・センター)

所在地 145 Queen Street West, Toronto
電話番号 416-363-8231
http://www.coc.ca/AboutTheCOC/FourSeasonsCentre.aspx
※2016年12月10日よりカナダ国立バレエ団による上演あり。

◆The Princess of Wales Theatre
(プリンセス・オブ・ウェールズ劇場)

(C)Evan Dion

トロント演劇界最大の「マーヴィッシュ・プロダクション」による2番目の劇場で『ミス・サイゴン』『美女と野獣』など上演。アメリカを代表する現代芸術家フランク・ステラが壁面やレリーフに独創的なアートワークを手がけたことでも有名。

(C)Mirvish Productions

The Princess of Wales Theatre
(プリンセス・オブ・ウェールズ劇場)

所在地 300 King Street West, Tronto
電話番号 416-872-1212
http://www.mirvish.com/theatres/princess-of-wales-theatre
※2016年12月13日よりブロードウェイで大成功をおさめた『The illusionists』を上演。

◆Royal Alexandra Theatre
(ロイヤル・アレキサンドラ劇場)

(C)Edward Burtynsky

1907年に誕生した劇場で、19世紀の重厚なボザール様式を採用。国の歴史的建造物に指定されている。「プリンセス・オブ・ウェールズ」と同じ大手プロダクションが運営しており、プレミアム作品を数多く上演するトロントで中心的存在の劇場。

(C)Mirvish Productions

Royal Alexandra Theatre(ロイヤル・アレキサンドラ劇場)

所在地 260 King Street West, Toronto
電話番号 416-872-1212
http://www.mirvish.com/theatres/royal-alexandra-theatre
※2017年1月17日より、エリザベス女王を主役に見立てた舞台『The Audience』の上演を予定。

カナダの今を追求する最旬レストラン

[Before & After Theatre]
◆Canoe(カヌー)

左:メインディッシュに。サン・カヌー産ミルク豚ガスポールのロースト26カナダドル。
右:新鮮な魚貝で仕立てた人気メニュー。“ローバー”76カナダドル。

高層ビルの54 階ともなると眺望頼みの店も多いが、味は大いに期待していい。シェフのジョン・ホーン氏が提案するのは、地元産の最高級食材をふんだんに使った繊細かつモダンなカナディアン・キュイジーヌ。素材の個性を最大限引き出すテクニックと、多国籍な最先端のアレンジで胃袋をがっちり掴まれる。

夜景を望むカジュアルなバー(写真右)も併設。

Canoe(カヌー)

所在地 66 Wellington Street West, 54th Floor, TD Bank Tower, Toronto
電話番号 416-364-0054
営業時間 11:40~14:30、17:00~22:30(バー 11:45~24:00)
定休日 土・日曜
http://www.canoerestaurant.com/
※夜のワイン・テイスティングコース 105カナダドル

上質なフォーマルウェア&小物が充実

[Before Theatre]
◆ Andrews(アンドリュース)

複合施設内に2016年10月オープン。

トロントに3店舗を展開するセレクトショップ。カナダのブランド「Mackage」のダウンやウールコートから、オペラやバレエ鑑賞にふさわしいドレス、バッグや靴まで。

デザイン性とクオリティの高いアイテムでトータルコーディネートできる、多彩なラインナップが魅力の一軒だ。

Mackage のハンドバッグ。左:495カナダドル、右:395カナダドル。

青のドレス 895カナダドル、Mackageのコート 750カナダドル、ファー 195カナダドル。

Andrews(アンドリュース)

所在地 87 Avenue Road, Yorkville Village, Toronto
電話番号 416-969-9991
営業時間 10:00~18:00( 木曜~19:00、日曜 12:00~17:00)
定休日 無休
http://www.andrewsco.com/

感動の余韻を残す最高級ステイを

[After Theatre]
◆The Ritz-Carlton, Toronto
(ザ・リッツ・カールトン トロント)

金融街の中心、ウェリントン通りの最先端ビルに開かれた5ツ星ホテル。インテリアはクラシカルとモダンが調和し、すべてが上質。

客室やパブリックスペースには400点にも及ぶカナダやトロント出身のアーティストの作品が飾られ、ショーケースとしてローカルの魅力を印象づける。ダイニングやバーではヒップな夜を楽しみたい。

左:リッツ・カールトン・スイートは窓が大きく明るい。
右:にこやかなドアマンがお出迎え。アクセスの良さは抜群。

he Ritz-Carlton, Toronto
(ザ・リッツ・カールトン トロント)

所在地 181 Wellington Street West, Toronto
電話番号 416-585-2500
客室数 267室
料金 リッツ・カールトン・スイート 8,000カナダドル~
http://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/canada/toronto

【日本での問い合わせ先】
ザ・リッツ・カールトン

フリーダイヤル 0120-853-201

歴史的地区は屈指の人気!ショッピングに美味も充実

◆ The Distillery Historic District
(ディスティラリー歴史地区)

1832年創業した北米最大規模のウイスキー蒸留所跡地を中心に、ビクトリア時代の建築物が47棟も並ぶ歴史的地区を再開発。2003年に誕生した複合施設が「ディスティラリー歴史地区」だ。1988 年にカナダ国定史跡に登録、ローカルや観光客で賑わうおしゃれなスポットとして人気を集める。

趣のある赤レンガ造りの建物内にレストランやカフェ、ブティック、アーティストのクラフトショップ、シアターと見どころが満載。クラフトビールの醸造所「ミル・ストリート・ブリュワリー」や、北米で最初の日本酒醸造所「泉酒造」といった蒸留所の生まれ変わりも。

芸術やエンタテインメントを町ぐるみで推進している地区だけあって、ライブイベントやエキシビションも数多く開催している。飽きることなく散策できる、楽しいエリア。時間に余裕をもって訪れるのが賢明だ。

自家焙煎のコーヒーをレトロ空間で

● Balzacʼs(バルザックス)

フランスとサンフランシスコでコーヒーを学んだオーナーが、1996年に小さなカートからスタートしたカフェ。オーガニックやフェアトレードにこだわるコーヒー豆を自家焙煎、抽出したカフェは香り高く風味も豊か。甘くクリーミーなメープル入りのカフェ・カナディアンは一番人気。

手前のマジックバー 3.50カナダドル、カフェ・カナディアン(M)
4.75カナダドル(写真右)。

Balzacʼs(バルザックス)

電話番号 416-207-1709
営業時間 7:00~20:00( 日曜 8:00~19:00)
定休日 無休

愛着が湧く一足を手に入れる

● John Fluevog(ジョン・フルーヴォグ)

ひとつのデザインにつき製造は200足限定、何十年と履き古した靴でもリペアに対応、永遠に持ち続けられるよう子ども靴は作らないと、職人気質なポリシーを掲げる1970年創業のカナダの靴ブランド。シンプルからモードなスタイルまで、誠実な仕事ぶりがうかがえる逸品が揃う。

マドンナなどトップアーティストも愛用。

John Fluevog(ジョン・フルーヴォグ)

電話番号 416-583-1970
営業時間 11:00~19:00(木~土曜~20:00、日曜~18:00)
定休日 無休

身近に飾りたくなるアート作品

●Indigena(インディジナ)

イヌイットアートを扱うギフトショップ。博物館に所蔵されている作品のレプリカや、50 枚しかプリントしない絵画をまとめたカレンダーとアイテムも豊富。クマやフクロウなど動物をモチーフにした品々は温かみを感じさせる。カナダらしいギフトやお土産を買うには最適な一軒。

クッションカバー 68カナダドル、カレンダー 17.95カナダドルほか。

Indigena(インディジナ)

電話番号 416-366-3000
営業時間 11:00~19:00(木~土曜~20:00、日曜~18:00)
定休日 無休

オリジナル品や一点ものの宝庫

● Distill( ディスティル)

アクセサリーや雑貨、布・ニット製品、洋服と、カナダ人デザイナーが手がけるコレクションを取り扱うクラフトデザインのライフスタイルショップ。若手やブレイク前のアーティストを起用し、センスの良いオリジナル限定品や一点ものが多数。ぜひ覗いてみたい。

Cokluch のミトングローブ 90カナダドル( 写真左)。

Distill( ディスティル)

電話番号 416-304-0033
営業時間 11:00~18:00(クリスマス~22:00、夏季~21:00)
定休日 無休

The Distillery Historic District
(ディスティラリー歴史地区)

所在地 9 Trinity Street, Suite 200, Toronto
電話番号 416-364-1177
営業時間 10:00~17:00( 木~土曜 ~20:00、日曜 11:00~18:00)
定休日 無休 ※店舗により異なる
http://www.thedistillerydistrict.com/

歴史を遡り流行を辿る靴の殿堂

◆Bata Shoe Museum(バータ靴博物館)

20世紀のファッション靴を展示したスタイリッシュな空間。

カナダの大手靴メーカーBATAのオーナー、バータ氏が各国を巡り、収集したコレクションは約3万9000点。うち約1万3000点を展示する靴の博物館。「履物は地域性や民族性が顕著に表れ、文化や生活習慣の影響を色濃く受ける」と彼女は人類学のフィールドワークにも熱心に取り組んだ。

グリーンランド、アラスカ、シベリアなど北極圏の履物を地域ごとに展示。

館内は4つのギャラリーに分かれ、古代エジプトのサンダルなど世界各地の伝統的な履物や、偉人、スターの靴まで、4500年にも及ぶ壮大な歴史を垣間見られる。日系人のレイモンド・森山氏が設計する靴箱をイメージした建築にも高い評価が。古い歴史から辿る地下1階からの見学がおすすめだ。

左:男性有名人のハイヒールを集めた展示など企画展も興味深い。
右:刺繍を施した靴はアート作品のよう。

Bata Shoe Museum(バータ靴博物館)

所在地 327 Bloor Street West, Toronto
電話番号 416-979-7799
営業時間 10:00~17:00(木曜~20:00、日曜12:00~)
定休日 無休
料金 15カナダドル
http://www.batashoemuseum.ca/

朝8時から賑わう、地元に愛されるバー

◆BarRaval(バー・ラヴァル)

タコのガリシア風8カナダドル、特別オーダーのカクテル 13カナダドル~など(写真左)。
曲線が特徴的なマホガニーのカウンター。朝はパン、昼はタパスが並ぶ(写真右)。

サン・セバスティアンやバルセロナのバルに魅了されたオーナーのロビン・グッドフェロー氏。「レストランは満席でもバーはどこか常に空間があって、それが席になる。だったらバーにしよう」とスタンディングのタパスバーを2014年に開店した。

好きなシェリー酒にカクテル、コーヒー、3日間生地を発酵させたパンなどこだわりを詰め込んだ。家族連れも訪れるこのエリアきっての繁盛店だ。

Bar Raval(バー・ラヴァル)

所在地 505 College Street, Toronto
電話番号 なし
営業時間 8:00~翌2:00
無休

カリスマシェフがつくったスーパーマーケット!?

◆McEwan(マキュワン)

見るだけでも楽しいセンスのある店内。

レストラン・クオリティのグルメストアとして2015年7月にオープン。人気シェフが選ぶ食材や調味料、スウィーツやドリンクに毎日100種類の料理が用意されるデリも人気。お腹を満たせてお土産も揃う便利な一軒だ。

左:ショートブレッド 16.99カナダドル(左)、コールドプレス方式で抽出したオーガニックのEXバージン・オリーブオイル 21.99カナダドル(右)。
右:大きくても軽いカナダマーケットバッグ60カナダドル。

McEwan(マキュワン)

所在地 66 Wellington Street, West, Unit 21 A, TD Bank Tower, Toronto
電話番号 416-306-1444
営業時間 6:30~19:00
定休日 土・日曜

※掲載された情報は2016年11月現在のものです。

※記載の休日のほか、クリスマス、年末年始などに休む施設もあります。

 

コメント

  • うめっち

    夢のように美しい劇場巡りをしたいです☆

  • さち

    トロント、また行ってみたい!

コメントを残す