自然豊かなバンクーバーでリラックスとオーガニックを体感する癒しの旅の幸せ

自然豊かなバンクーバーでリラックスとオーガニックを体感する癒しの旅の幸せ

お気に入りに追加

バンクーバーは、世界で最も暮らしやすい都市だという。数日滞在しただけでも、その評価に納得するだろう。美しき海辺の都市は暮らすように旅したい。

自然と都市景観が隣接する健やかな街で癒やしの旅を

陽光が降り注ぐ海上には白い船が美しく停泊する。

ブリテュッシュ・コロンビア州南西部のバンクーバーは、太平洋に開かれた西のゲートシティだ。東京からのフライトは9時間ほど。日本に最も近いカナダには、素晴らしい旅に必要な条件がすべて整っているといっていい。

バンクーバー港のウォーターフロントに立つ最新ホテル「フェアモント パシフィックリム」から望む、心休まる夕焼け。

海と山に囲まれながら都市の利便性もたやすく享受できるし、海流の影響で気候も温暖だ。驚くほど自然豊かなスタンレー・パークに、バラード入り江を望む半島の外周に沿って巡らされた全長22キロもの遊歩道、シーウォールは、サイクリングや散策が楽しめる憩いの場だ。街中に目を移せば、バンクーバー発祥の地ギャスタウンのような歴史漂う石畳の古い街並みや、ロハス志向の流行発信地キツラノだってある。

車を30分ほど走らせると、トレイルやスキーができる山々にアクセスできアウトドア体験も思いのまま。その気になれば朝はサイクリング、日中にゴルフをして、午後はセーリングといったアクティビティを存分に満喫できる。

近くに島が多いバンクーバーでは港で水上飛行機の発着もよく見かける。

ライフスタイルはオーガニックが主流で、海洋資源や自然環境に配慮した食材を使用するなど食への意識も高い。恵まれた環境で暮らしを謳歌するローカルたちが羨ましく思えてならない。とはいえ、多民族が暮らし合うこの街は旅行者にもフレンドリーだ。他愛ない会話を交わすだけで心地がいいし、自分が受け入れられたような気分になる。暮らすように旅することがその土地を知る近道であるなら、バンクーバーほど理解しやすくこれほど魅力的な都市はないだろう。

VANCOUVER(バンクーバー)

海と山に囲まれ気候も温暖。自然と共生する港湾都市には健康的なオーガニックライフが定着。ローカルのマインドで街や人に溶け込み暮らしを追体験するように滞在したい。
通貨 カナダドル(1カナダドル=約83円 ※2016年11月現在)
電話(国番号) +1

海辺に佇むハイエンドのためのオアシス

◆ Fairmont Pacific Rim
(フェアモント パシフィックリム)

新しいタイプのプライム ミニスター スイート。機能的なフルキッチン付き。

バンクーバー港のウォーターフロントに立つ最新ホテル。ファッション、アート、食、音楽の要素を大胆に取り込み、感度の高いインテリアで統一した館内は自然素材と最先端技術とが融合し、快適を極める。

ノースショアの山並みや眼下は豪華客船が発着するカナダ・プレイスと、ビューは最高。

ウィローストリームスパでリフレッシュを。

ロビーラウンジは、毎夜オールジャンルの生演奏で賑わい、海洋環境を壊すことなく獲ったオーシャンワイズなシーフードの料理も堪能できる。最高にヒップなスポットとして話題だ。

Fairmont Pacific Rim(フェアモント パシフィックリム)

所在地 1038 Canada Place, Vancouver
電話番号 800-257-7544
客室数 367室
料金 フェアモント ゴールド スイート キング 1,359カナダドル~
URL http://www.fairmont.com/pacific-rim-vancouver/

チャレンジ精神旺盛になれる街

エマニュエル・ルゴー氏。ファイナンス・アカウンティング・マネージャーを経て、2015年9月にカナダ観光局国際担当副社長に就任。10年間暮らしたモントリオールからバンクーバーに転居。バンクーバーのトレンドを生み出すおしゃれな街キツラノに在住。

自国の魅力を紹介するために、まず相手の国への理解を深める観光の仕事は大変魅力的です。モントリオールからバンクーバーに転居して数カ月経ちますが、生活は180度完璧に変わりました。モントリオールでは足元はハイヒールでしたが、バンクーバーではスニーカーに履き替えたほどです。

カナダの魅力に共通しますが、この街の人々はみなオープンマインドで、人とコミュニケーションを図ることが好き。暮らしを優先し、リラックスした雰囲気でいられ、アクティブにもなれる。

見どころは数多くありますが、友人が来ると歴史が薫るギャスタウンや緑の多いスタンレー・パーク、キツラノを紹介します。日常生活ではヨガやテニス、カヤックもやりますし、ロードバイクにも挑戦中です。目標を高く設定できて、チャレンジ精神旺盛になる。それがバンクーバー・マインドです。

ペルー流のアレンジが光る海の幸を

◆ Ancora(アンコラ)

ヨットハーバーを眺めるテラス席。

明るく開放的なレストラン。

アンコラは、グランビル・アイランドの対岸に2015年9月にオープンしたウォーターフロント・ダイニング。ここで味わうべきは、ペルー人シェフと日本人料理人による新鮮な魚介を多彩なアレンジで盛り合わせた一品。

少量多皿で生ガキや刺し身まで楽しめ、前菜として、ワインのお供にも最適。もちろん味は保証済み。

“アンコラ・グラシエール”4人前 135カナダドル。

Ancora(アンコラ)

所在地 1600 Howe Street, Vancouver
電話番号 604-681-1164
営業時間 12:00~15:00(日曜 11:00~14:30)、15:30~24:00
定休日 土曜昼
URL http://www.ancoradining.com/

パブリックマーケットは美味の宝庫

◆ Granville Island(グランビル・アイランド)

小型でもスピードがあるアクアバス・フェリー。乗船が楽しい。

フォールス・クリークに突き出した半島で、連日賑わう人気観光スポット。生鮮食品やスウィーツなどが取り揃う地元客行きつけのマーケットにビール工場、ショップでのお土産選びにも事欠かない。お腹も満たせて一日いても飽きないほど。バンクーバー散策で陽射し溢れる自然を体感して。

左:工場街を再開発した一大観光スポット。
右:バンクーバー最大のマーケットのほか、屋外にもショップが立ち並ぶ。

Granville Island(グランビル・アイランド)

所在地 1669 Johnston Street, Vancouver
電話番号 604-666-6655
営業時間 9:00~19:00(マーケット)
定休日 無休
URL http://www.granvilleisland.com/

※ダウンタウンから車で約15分。主要スポット数カ所から小型フェリーでのアクセスも可能。

山頂からの眺望は一見の価値あり

◆ Grouse Mountain(グラウス・マウンテン)

左:山頂には展望レストランやアウトドアショップも併設。
右:大型のロープウェイ「スカイライド」。予約で屋根の上に乗ることも。(C)Grouse Mountain

旅の限られた時間の中でも、大自然を満喫し、リフレッシュできるのもこの都市ならでは。ノース・バンクーバーにある標高1250メートルの山で、ロープウェイの終着点からバンクーバー市街が一望できる格好のビュースポット。麓からのトレイルも整備されており、タイムトライアルに挑戦する人も。冬はスキー場になり、仕事帰りにナイターをするアクティブなローカルも多いと聞く。これぞバンクーバーライフだ。

Grouse Mountain(グラウス・マウンテン)

所在地 6400 Nancy Greene Way, North Vancouver
電話番号 604-980-9311
スカイライド運行時間 8:45~22:00
料金 43.95カナダドル~
URL http://www.grousemountain.com/

石畳のダウンタウンで大自然の美味巡り

◆ Vancouver Food Tour(バンクーバー・フード・ツアー)

バンクーバーには山海の滋味がたっぷり。大自然のパワーを美味しくチャージしよう!

#01 バンクーバー発祥の地ギャスタウンへ

広場のギャシー・ジャック像前でフードツアーのガイドと待ち合わせ。

バンクーバーには「前菜はここ」「メインは次の店で」と少しずつ食事しながら巡るフードツアーがある。今回は歴史的建造物、空間デザインなどの受賞 歴や、オーシャンワイズにこだわる名店を回るツアーに参加。

1軒目は「L’Abattoir」。いざ出発!

L’Abattoirの建物は19世紀に建てられたバンクーバーで最初の刑務所を改装し、レストランに。

タコのチャコールグリルほか1品。シェアする楽しみも。

#02 和食×韓国の創作料理に感激!

超人気店もスムーズに入店。

前菜2品を味わった後は、街をそぞろ歩きながら2軒目へ。この日は多国籍なアレンジが評判のダイニング「Pidgin」。ボウルスタイルに仕立てた豚の角煮に、日本酒ベースのカクテルをマッチング。意外な組み合わせに魅了される。

次はどの店で何を食べるのか。ミステリーツアーのよう。

4時間かけて煮込んだ豚の角煮丼にキムチを合わせて。

#03 メインはフードシーンの最前線で

アンガースビーフのグリル、ハーベストサラダにラムのロースト。

3軒目「Wildebeest」は連日ゲストで溢れかえる人気のダイニング。メインディッシュは肉料理。まずはラム料理とサラダを味わいつつ、本命のアンガスビーフのグリルへ。ここまでで合計6品を堪能。お腹も心も期待以上に満たされる。

人気絶大なレストラン。あまりの混雑ぶりに、入り口は人が溢れるほど。

#04 締めはデザートとのペアリング

再構築したチーズケーキ。デザインセンスを感じさせる美しい盛り付けで。

最後の一軒は地元のハイエンドで賑わう「Bauhaus Restaurant」。洗練されたデザートに、ペアリングはコーヒー、紅茶・ハーブティー、シャンパンやデザートワインもすすめてくれる。終始、美食尽くしの贅沢な夜が約束されている。

歴史ある建物内に広がるスタイリッシュなダイニング。

Vancouver Food Tour(バンクーバー・フード・ツアー)

今回紹介した フードツアーのコースは「エピキュリアン・ギャスタウン・エクスペリエンス」(250カナダドル)。巡るお店や内容はその都度変わり、1名から参加可能。ほかに「ギャスタウン・テイスティング・ツアー」(110カナダドル)もあり、こちらはグループでの参加となる。
電話番号 778-228-7932
URL http://www.vancouverfoodtour.com/

※問い合わせは電話で

自然を愛する平穏な島で物語を紡ぐような滞在を

バンクーバーから水上飛行機で約30分。手荷物ひとつでショートトリップを。

◆ Hastings House(ヘイスティングス・ハウス)

左:ヨットが浮かぶ静かなガンジス湾。ルレ・エ・シャトーならではの豊かなステイが楽しめる。
右:森林浴も楽しめる美しい庭。

水面を滑走しながら、コール・ハーバーを次々と飛び立っていく水上飛行機。小さな機体に乗り込み向かう先は、バンクーバーとビクトリアを隔てるジョージア海峡に200以上の島々が浮かぶガルフ諸島。そのなかでも最大の島が目的地のソルトスプリング島だ。

都会的なバンクーバーとはうってかわって、中心地のガンジスは小さな田舎町といった様子。島に信号機は見当たらず、車で2時間も走ればぐるりと一周できるほどだ。道路沿いには鬱蒼とした森が広がり、畑や農場、民家はところどころで目にする程度だ。自然とオーガニックなスローライフを愛する人々がよどみなく暮らすこの島。人口は1万人ほどだが、訪れる観光客は年間50万人以上というから驚きだ。

オーシャンフロントの客室“マナーウエスト”。マホガニーのベッドに石造りの暖炉も。

宿泊施設のなかで滞在すべきは、ガンジス湾岸に佇むカントリー・リゾート「ヘイスティングス・ハウス」だろう。1940年、イギリス人船艦設計師のウォレン・ヘイスティングスが11世紀伝統的なマナーハウスを建てたのが始まり。その後はクロス家、パークス家と所有者が変わりながら増築と改装を繰り返し、現在の姿にまで洗練された。石造りの家屋や古い木造の客室は趣深く、安息の時間を約束する。

4~10月であれば、毎週土曜に開かれるサタデーマーケットへ。ワイナリーやビール醸造所、チーズ工房を巡ってみるのもいいだろう。日帰りも可能だが、ステイは2泊以上が理想だ。

アットホームなサービスも印象的。

朝食も自慢。2種類あるメニューのほか、スペシャルもあり。

つかの間のショートトリップは、本物の豊かさを知ることになるだろう。

Hastings House(ヘイスティングス・ハウス)

所在地 160 Upper Ganges Road, Salt Spring Island
電話番号 800-661-9255
客室数 18室
料金 プレミアルーム 415カナダドル~
URL http://www.hastingshouse.com/

【日本での問い合わせ先】ルレ・エ・シャトー

電話番号 0800-888-3326

島の滋味を味わい尽くす

“オーガニック・アイランド”とも呼ばれるソルトスプリング島は美味の宝庫だ。4~10月の毎週土曜に開催されるサタデーマーケットは有名で、バンクーバーやビクトリア、海外からもたくさんの人々が訪れる。

「ガリー・オークス・ワイナリー」

ビオ・ワインで数々の受賞歴を誇る「ガリー・オークス・ワイナリー」や、自社農場のヤギのミルクを使った最高品質のチーズが評判の「ソルトスプリング・アイランド・チーズ・カンパニー」は要チェック。

「ソルトスプリング・アイランド・チーズ・カンパニー」

また島内には有機素材を使ったクラフトビールの醸造所もあり、わざわざでも足を運ぶ価値ありの逸品ばかりだ。

Garry Oaks Winery(ガリー・オークス・ワイナリー)

URL http://garryoakswinery.com/

Salt Spring Island Cheese Company(ソルトスプリング・アイランド・チーズ・カンパニー)

URL http://saltspringcheese.com/

体にいい!を持ち帰る
バンクーバー手土産リスト

機能性や味、そして地元にこだわったバンクーバー発のアイテムをご紹介。

高機能シルク&カシミアの発祥地

◆ Kit and Ace(キット・アンド・エース)

厚手なのに軽やかで柔らかなカシミアセーター 398カナダドル(写真左)。

襟がパーカ風になるデザイン。カシミアのニット 448カナダドル。

「旅行のための服」をテーマにした日本にもファンの多いブランド。独自に開発した“テクニカルカシミヤ”や“ストレッチ・シルク”は、肌触りはソフトで、洗濯機で洗っても形崩れしないと高く支持されている。バンクーバーのショップは発祥の地。品揃えも多く必見だ。

Kit and Ace(キット・アンド・エース)

所在地 151 Water Street, Vancouver
電話番号 844-548-6223(カスタマーセンター)
営業時間 10:00~19:00(日曜 11:00~18:00)
定休日 無休

繊細な味わいは日本人好み

◆ Beta5(ベタ・ファイブ)

左:2011年10月にオープン。倉庫を改装し手前がショップ、奥が工房に。
右:アワードで受賞したハンドクラフト・チョコレート 30カナダドル(12粒) 

「チョコレートは科学的で芸術的。創作性に溢れクリエイティブ」とオーナー。厳選したカカオをベースに野菜や咳止めキャンディ、ビールを組み合わせ、テクスチャーや色のバランスまで追求した独創的なチョコレートは、国際チョコレートアワードで金賞を受賞。

Beta5(ベタ・ファイブ)

所在地 413 Industrial Avenue, Vancouver
電話番号 604-669-3336
営業時間 10:30~17:30(土・日曜 10:00~17:00)
定休日 月曜

感度の高いセレクトショップ

◆ Walrus(ウォーラス)

肌触りのいいSunday Dry Goodsのタオル。左から:64カナダドル、40カナダドル、89カナダドル。

バンクーバーとブリティッシュ・コロンビア州に限定し、グッドデザイン・ローカル・使い勝手の良さを基準にセレクトしたアイテムが充実。人気のHerschelのバッグなどアイテムも豊富。

HARLOWの自然派コスメ。フェイスエリクシール 44カナダドル、チーク&リップ 32カナダドルなど。

左から、Mellifera Beesのハチミツ・ラベンダー 17カナダドル、ハチミツ・ジンジャー 11カナダドル。

Walrus(ウォーラス)

所在地 3408 Cambie Street, Vancouver
電話番号 604-874-9770
営業時間 10:00~19:00(土曜 ~17:00、日曜 12:00~17:00)
定休日 祝日

※掲載された情報は2016年11月現在のものです。
※記載の休日のほか、クリスマス、年末年始などに休む施設もあります。

 

コメントを残す