13. ハード・インディアン・シュガー=「メープルの謎」3=
かつて使われていたメープル・シュガーの型の数々

カナダの歴史を謎解く旅13. ハード・インディアン・シュガー=「メープルの謎」3=

お気に入りに追加
13. ハード・インディアン・シュガー=「メープルの謎」3=-イメージ1

メープルシロップの「謎」を追って、僕が最後にやってきたのが、オタワ郊外にある「ウィーラーズ・パンケーキ・ハウス」。文字通りメープルシロップたっぷりのパンケーキを食べることができる砂糖小屋=シュガー・シャックだ。

先住民たちは砂糖カエデの樹液の甘さを知っていた。でも、それを煮詰めるための鍋を持たず、くり抜いた木の幹の中を樹液で満たし、焼いた石で水分を飛ばしていた。

13. ハード・インディアン・シュガー=「メープルの謎」3=-イメージ2

先住民から伝えられた樹液の甘さと、僕らが今、目にすることができるメープルシロップの間をつなぐ「ミッシング・リンク」を、このシュガー・シャックで見つけ出すことができるんだろうか。

バーノン氏は、この「ウィーラーズ・パンケーキ・ハウス」を経営するかたわらメープルシロップについての研究を続け、同じ敷地内に「メープル博物館」を作って膨大な数の資料を収蔵している。

博物館を案内しながら、バーノン氏は僕にこう言った。

13. ハード・インディアン・シュガー=「メープルの謎」3=-イメージ3

「先住民たちは、サップ(樹液)を入れるにもバーチ・バーク(白樺の樹皮)の入れ物ぐらいしか持っていなかった。だからサップを集め、焼いた石をどんどん入れて水分を飛ばし、メープル・シュガー、つまり砂糖として保存していたんだ」。

その時、先住民が作っていたメープル・シュガーは粉だったのか、それとも塊だったんだろうか。

「石のように固い砂糖だ。『ハード・インディアン・シュガー』と呼ばれている」

13. ハード・インディアン・シュガー=「メープルの謎」3=-イメージ4

なるほど、丸太の中に焼いた石を入れ続けていくと、最後にあの樹液はすべての水分を失い、固い砂糖の塊になるんだ。

「先住民たちは、砂糖の塊をトマホークで砕いて使っていた」とバーノン氏。

塊であれば持ち運びや保存には便利なことこの上ない。バーノン氏の博物館には、先住民が砂糖のかたまりを入れておいたバーチ・バークのコンテナも展示されていた。

13. ハード・インディアン・シュガー=「メープルの謎」3=-イメージ5

罠を使ってビーバーを捕らえる先住民のトラッパーは、ひと冬の間、ビーバーを追ってスノー・シューとバーチ・バーク・カヌーで移動し続ける。

同じバーチ・バークの容器にメープル・シュガーの塊を入れておき、食べる時に斧で小さく砕けばいい。氷点下の冬を越すための貴重なエネルギー源を先住民たちは携行することができたんだ。

13. ハード・インディアン・シュガー=「メープルの謎」3=-イメージ6

だとすると、ヨーロッパ人たちが先住民に教えてもらったのも、ハード・インディアン・シュガーということになる。

博物館の中をさらに進んでいくと、日本で言えばブリキ、ということになるんだろうか、一斗缶のような金属の容器がたくさん並ぶコーナーが現れた。

「今のようなメープルシロップが作られるようになるのは、こうした金属の容器が登場してからだ。そうでないとシロップを保存しておくことができない。だからそれまではずっと、メープル・シュガーだったんだ」

13. ハード・インディアン・シュガー=「メープルの謎」3=-イメージ7

そうなんだ。「ミッシング・リンク」に対する答えは本当に簡単だった。なんだか頭を殴られたような気がした。

だって、「ミッシング・リンク」なんてどこにもなかったのだから。先住民もヨーロッパ人も、最初から同じように砂糖を作っていたんだ。そもそも最初はシロップなんて作っていなかったんだ。

13. ハード・インディアン・シュガー=「メープルの謎」3=-イメージ8

「メープル・シュガーは大変、貴重なものだった。砂糖を持った行商人が集落をめぐって売り歩いていたようだが、結構な稼ぎになったらしい。また、もっと後の時代にはいろいろなデザインの型で造ったメープル・シュガーも登場して、贈り物に使われたりしていたんだ」とバーノン氏。

最初のころはただの四角く区切った型でキューブ状の砂糖をつくっていたけれど、やがて聖書やハート、ビーバーなどの装飾的な型へと変わっていき、贈り物としても使われたということだ。

13. ハード・インディアン・シュガー=「メープルの謎」3=-イメージ9

装飾的なメープル・シュガーはスタンパーと呼ばれる器具で砕かれ、お茶に入れられたりしたようだ。まるで角砂糖のような使われ方だ。

「先住民の間でも、なまけものの部族は自分でメープル・シュガーを作らずに他の部族のところに盗みに来たり、その結果、部族間の戦争になったこともあるようだ」とバーノン氏。

13. ハード・インディアン・シュガー=「メープルの謎」3=-イメージ10

ヨーロッパ人にとっても先住民にとっても、メープルの甘味は本当に貴重なものだったのだろう。

ただし、僕の中には小さなひっかかりが残っていた。ヨーロッパ人たちは鍋で樹液を煮詰める過程で、今あるようなメープルシロップを温めた状態のものを見ていたはずだ。あの温かくてトロトロの状態をたぶん知っていたはずなんだ。

バーノン氏に視線を向けると、こんな答えが返ってきた。

「まだメープル・シュガーを作っていた300年から400年前、既に『タフィ・パーティー』が行われていた。ものすごく寒くて長い冬が終わった後に初めて収穫されるものがメープル・サップだった。春の到来を祝うタフィ・パーティーが行われていて、それが今のシュガーリング・オフにつながっていくんだ」

13. ハード・インディアン・シュガー=「メープルの謎」3=-イメージ11

シュガーリング・オフは、春にメープルの樹液が初めて収穫される頃、シュガー・シャック(砂糖小屋)で行われるイベントだ。メープルたっぷりのパンケーキに、ハムもメープルで煮込んであるし、まさにメープルづくしのお祝いだ。

その原型が、みんなでメープル・タフィを楽しんだ「タフィ・パーティー」というわけだ。

13. ハード・インディアン・シュガー=「メープルの謎」3=-イメージ12

まだ森に雪が残るころ、砂糖カエデの木からメープル・サップを収穫し、大きな鉄の鍋で煮詰めていく。きっとその作業は、氷点下の冬を乗り切り、甘い樹液と再び出会えた喜びに満ちていたんだと思う。春の訪れと初めての収穫を祝い、周囲の雪の上に熱い樹液をたらし、みんなでタフィを楽しんだ。

僕の勝手な想像だけれど、「タフィ・パーティー」があったからこそ、金属の容器が登場した時に何の抵抗もなく「砂糖」は「シロップ」へと変わっていったんじゃないだろうか。