専用車で旅する ~ カナディアンロッキーとウォータートン
©Waterton Lakes National Park

専用車で旅する ~ カナディアンロッキーとウォータートン

日数:6泊8日

お気に入りに追加

専用車・専用ガイドでめぐるマイペース旅

アルバータ州南部のウォータートン・レイクス国立公園は、米・グレイシャー国立公園と国境をまたいで「ウォータートン・グレイシャー国際平和自然公園」として世界遺産登録されています。
素晴らしい観光資源に恵まれた場所ですが、日帰り観光ができないため、ツアーには組みにくいデスティネーションとなっていました。 それならば専用車で自由に旅していただきましょう! 個人手配旅行でなら、様々なアレンジが可能になります。

ツアー提供元:株式会社カナディアンネットワーク

ツアーハイライト画像クリックで大きく表示します。

ツアー日程

日程 エリア スケジュール 食事
1日目 ウォータートン

夕方: 成田発 直行便にてカルガリーへ
午前: 着後、専用車にてウォータートン・レイクス国立公園へ

ガイドがお迎えし、専用車にてウォータートンへ向かいましょう。ハイウェイを南下していくと、間もなく平原地帯へと入ります。
途中、フォート・マクラウドの北西騎馬警察博物館や、世界文化遺産に指定される史跡ヘッド・スマッシュト・イン・バッファロー・ジャンプを見学していただきます。

朝: ×
昼: ×
夜: ×
2日目 ウォータートン

専用車の旅・2日目

午前: 湖クルーズでお楽しみください。
カナダと米国との国境にまたがる南北に細長いアッパー・ウォータートン湖。 湖を取り囲む切立った峰々、森に刻まれた国境線を眺めながら、のんびりとしたクルーズです。

午後: ランドマークでもあるプリンス・オブ・ウェールズ・ホテルへ観光に立ち寄りましょう。 ホテルの丘は、湖が見渡せる絶好の写真ポイントです。 ホテルでのアフタヌーン・ティーも人気があります。
キャメロン・レイクなど周辺のハイキングをお楽しみください。(レベルに合わせてお選びいただけます)

朝: ×
昼: ×
夜: ×
3日目 ゴールデン

終日: 専用車の旅・3日目

ウォータートンに別れを告げ、風力発電の風車が目を惹くピンチャー・クリーク、ドイツ・バイエルン地方の雰囲気を残すキンバリー、温泉のあるラジウム・ホットスプリングなど、ロッキー山脈の西側を抜け、一路、ゴールデンへ。 走行距離 約500Kmのロングドライブです。
お泊りは、キッキング・ホース・マウンテン・リゾートで。 冬にはスキー場となりますが、夏でもゴンドラが運行していますので、山頂からカナディアンロッキーの山並みを眺めていただけます。

朝: ×
昼: ×
夜: ×
4日目 レイクルイーズ

終日: 専用車の旅・4日目

ヨーホー国立公園のエメラルド・レイク、タカカウ滝などをご覧いただきならレイクルイーズへ。 
エメラルド・レイク湖畔の散策や、タカカウ滝では水しぶきを浴びながら滝近くまで歩いてみてはいかがでしょう。 もちろん本格的なハイキングも可能。 天候や、お客様の体調、ご興味に合わせて、コースをお選びいただけるのは専用車旅ならではの贅沢感です。
途中、フィールドの町のビジター・センターでは、このエリアで発掘されたカンブリア紀の化石の展示もご覧いただけます。 

朝: ×
昼: ×
夜: ×
5日目 バンフ

終日ハイキングをお楽しみください。
歩き慣れないお客様なら、半日コースのレイクアグネス・ハイキングと、モレーンレイクへの観光の組み合わせがお勧め。 健脚のお客様には、モレーンレイクからラーチ・バレーへのハイキングなど、様々なコースでお楽しみいただけます。
もちろんレイクルイーズ湖畔の舗装された散歩道を30分歩くだけでも、見える景色はぐっと変わります。

夕方、バンフへ移動

朝: ×
昼: ×
夜: ×
6日目 バンフ

終日: バンフ自由散策

シャトルバスでサルファー山へ。 ゴンドラで山頂へと昇ってみましょう。 遊歩道が設置されていますので、ボウ谷を見下ろしながらの散策がお楽しみいただけます。 
午後は乗馬やサイクリングなどのアクティビティ、ショッピングなど自由な時間をお過ごしください。 追加ハイキングのアレンジも可能です。

朝: ×
昼: ×
夜: ×
7日目 機中泊

朝: 送迎車にてカルガリー空港へ
午後: 直行便にて帰国の途へ

朝: ×
昼: ×
夜: ×
8日目

夕方: 成田着

朝: ×
昼: ×
夜: ×

備考:■手配旅行となりますので、詳しくはご相談ください。