Warm and Gentle
Banff

ダイナミックなロッキー山脈と、間隙を縫うように流れるボウ川に優しく見守られた、アットホームな街。世界遺産のバンフ国立公園内に位置するバンフは、森や湖といった美しい自然が調和するように広がる人気のマウンテンリゾートエリアだ。いざ、豊かな自然の安らぎに包まれ、息を呑むほどに美しい冬の楽園へトリップ。

Travel Stories

ここは、贅沢な自然の恵みに育まれたカナディアン・ロッキーの拠点。クラシックに佇むダウンタウンを囲むのは、雪を纏った山々と透き通るような湖。手つかずの自然の美しさがくれた究極のリゾートタウンとして知られるほか、癒しを求めて訪れる人も多いとか。歴史が浅く、多国籍の人が助け合うピースフルなコミュニティに心まで潤ってくる。自然の懐に抱かれたバンフでは日常生活から抜け出して、スイッチは完全にオフモードへ。自分自身を解き放ち、思いっきりネイチャークレンズ。想像を超える天然のスピリチュアル体験が、新しい自分を呼び覚ましてくれる。

Calgary Travel Guide

国立公園内にあるバンフは、カルガリーから車で1時間30〜40分ほど。モダンな山岳リゾートホテルから外へ出れば、冬はアイスバブル鑑賞にアイスウォーク、神秘のスターゲイジングまで見どころにあふれている。圧倒的な大自然に包まれた絶景を巡り、そのすべてを五感で感じて。かつてない自分と向き合うハートウォーミングな時間を、とことん堪能しよう。

Abraham Lake

雄大なカナディアン・ロッキーに囲まれながら眺める、自然が生み出すアイスバブルの神秘。贅沢な自然の恵みに癒されていく。

Abraham Lake

大小さまざまな形の気泡が凍ることで生じるアイスバブルは、まるで時間が止まったような幻想的な氷のアート。

Abraham Lake

冬のカナダが一番好きだと語るガイドさん。寒く過酷な環境だけど、自然の天候に身を任せることで、想像を遥かに超える特別な景色が待っているという。

Abraham Lake

足もとに広がる水玉模様のアイスバブルは、湖の奥深くに吸い込まれてしまいそうなほどエネルギーがみなぎっている。

Abraham Lake

19世紀に作られたアブラハム湖は、クリアで美しいアイスバブルが見られる聖地。真冬の気温が氷点下20℃にまで下がる場所だが、谷間に位置しているから鑑賞しやすい。

Abraham Lake

そっと目を閉じ、地球の恵みが与えてくれるエネルギーのすべてを五感で感じて。自然のあるがままの姿に心が研ぎ澄まされていく。

Abraham Lake

氷の上に身を預け、全身で自然の神秘を噛みしめる特別なひととき。この絶景を残すため、多くの写真家がこの場所を訪れるそう。

Abraham Lake

氷点下20℃を下回るため十分な防寒対策は忘れずに。氷の上で長時間耐えうるウィンターブーツや、靴用カイロはマスト。

Abraham Lake

やわらかな陽光がロッキー山脈を照らすダイナミックな光景。堂々と佇む雄大な自然は、忘れることができない思い出を心に刻んでくれる。

Ice Bubble Watching
@ Abraham Lake

大自然が生み出す神秘、アブラハム湖に広がるアイスバブル。バンフ国立公園北部の西に位置する透き通った人工湖に現れるこの現象は、1月中旬から2月末頃までの短い期間にしか見ることができない特別な絶景だ。湖の底の動植物などの有機物から発生するメタンガスの気泡が水中で凍ることで生じる美しいアイスバブルは、一度は見るべき自然が育む芸術作品。

SHOP INFORMATION

Abraham Lake

Abraham Lake
Clearwater County, AB, Canada
https://www.travelalberta.com/ca/listings/abraham-lake-8562/

Hanging out in town

140年ほど前に開拓されたバンフは、クラシックでどこか懐かしさを感じさせる街並み。ダウンタウンの通りは、ムース通り、エルク通り、ラビット通りなど、動物の名前になっていてとてもキュート。

Hanging out in town

バンフの象徴、カスケード山を望むメインストリートをゆっくりと散策。市街地には、ショップやレストランやホテルなどが立ち並び、地元の人や観光客で賑わっている。景観保護のため高い建物が規制されていて、美しい景観を街全体で守り続けているのも魅力。野生動物のシカやリスに遭遇することも! 自然と共存するこの街ならではの風景が広がる。

Calgary International Airport

世界にも一年中オープンのクリスマスショップはあるけれど、このお店はカナダで最大規模。店内には、天井まで高さがある大きなツリーがいくつも並んでいる。

Calgary International Airport

フレンドリーな店員さんに、なぜ年中クリスマスショップをやっているのか聞いてみると、「クリスマスって嫌いな人いないでしょ?」と微笑みと一緒に返ってきた。間違いない!

Calgary International Airport

面白くて新しいクリスマス雑貨が揃うこのお店は、季節ごとにテーマを変えて、1年に1〜2回は、新たな商品を仕入れているそう。

Calgary International Airport

クリスマスグッズで埋め尽くされている、夢のような店内。幸せが全部詰まったようなお店にワクワクが止まらない。

Calgary International Airport

ゆっくりと店内を見渡しながらお買い物。ラッピングのボックスもとてもキュートだから、スーベニアを買うのにもおすすめ。

Calgary International Airport

店内にいくつか展示されていたクリスマスの街のジオラマ。緻密に再現された世界に、思わず引き込まれてしまいそうになる。

Shopping
@ The Spirits of Christmas

冬の一大イベント、クリスマス。あのドキドキ感といったら、とても言葉にはできない、季節がくれる贈り物のようなもの。バンフアベニューでひときわ賑わっていたThe Spirits of Christmas(ザ スピリッツ オブ クリスマス)は、なんと365日、毎日がクリスマス。スノードームをはじめ、ハンドメイドの雑貨や世界中のアーティストの作品などを取り扱う。メルヘンな世界へようこそ!

SHOP INFORMATION

Abraham Lake

The Spirits of Christmas
133 Banff Ave, Banff, AB T1L1C1, Canada
https://www.spiritofchristmas.ca/

Abraham Lake

渓谷の内側に続く山道キャット・ウォークは、冬でも整備されていて安全。ボウ川に流れ込むジョンストン・クリークに架かる橋を渡り、下段の滝ローワー・フォールズへ。

Abraham Lake

白銀の世界の中をひたすら歩く。冬のジョンストン・キャニオンは人も少なくてとても静か。凍てつくような寒さも好奇心には叶わない。

Abraham Lake

上段の滝アッパー・フォールズに到着。水が凍ってその下をわずかに滝が流れる。目の前に広がる絶景にまばたきや息をすることさえも忘れてしまう。

Abraham Lake

6億年以上の歴史がある岩盤や壁一面に張りついていた氷。この場所は、アイスクライミングの名所でもあるのだとか。高さ約30mの巨大な氷柱は圧巻!

Abraham Lake

雪で覆われた渓谷に、やわらかな陽光が降り注ぐ。標高が高い渓谷内では、凍っているエリアもあるためアイゼンを装着すると安全。レンタルもあり。

Abraham Lake

澄みきった青い空を見上げ、ゆっくりと深呼吸。自然のパワーを全身にたっぷり取り入れて、贅沢なネイチャーデトックスを。

Abraham Lake

厳かな美しさに包まれたジョンストン・キャニオン。当日の天気は凛とした冬晴れ! 山の天気は変わりやすいため、こまめにチェックすることが大切。

Abraham Lake

大迫力のカナディアン・ロッキーを往復約2時間かけて楽しむハイキングには、冬のカナダだからこそ楽しめる豊かな感動が待っている。

Hiking
@ Johnston Canyon

中心街から車で約30分、バンフ国立公園内にあるJohnston Canyon(ジョンストン・キャニオン)は、長年ジョンストン・クリークによって削られてできた渓谷で、ハイキングコースとして人気のスポット。中でも冬のアイスウォークは格別! 雪と氷で覆われたカナディアン・ロッキーの中では、滝や川のすべてが凍りつき、巨大な氷柱や洞窟が顔を出す。閑寂の山景色を楽しむ至福の時間。

SHOP INFORMATION

Abraham Lake

Johnston Canyon
Improvement District No. 9, AB, Canada
http://banff.ca/index.aspx?NID=648

Abraham Lake

バンフ・アベニューから車で数分、トンネル・マウンテン・ロード沿いに位置するホテル。庭には小鳥やリスが集まってくる安らぎのリゾート空間。

Abraham Lake

メインロッジのSleeping Buffalo Dining Room(スリーピング バッファロー ダイニング ルーム)。暖炉や角のシャンデリアなど、バンフの美しい自然になじむインテリア。

Abraham Lake

天然の花崗岩を使用した暖炉でリラックス。穏やかな環境で眺める炎の揺らめきは、これ以上ないヒーリング効果をもたらしてくれる。

Abraham Lake

柱と梁のある天井の高いダイニングルームは居心地抜群。料理もサービスもバンフでトップランク。これぞマウンテンオアシス。

Abraham Lake

シーズンによって、常に新鮮な食材を提供している。Charcuterie Boardは、スモークしたバッファローや鴨の胸肉などさまざまな前菜肉を堪能できる。

Breakfast
@ Buffalo Mountain Lodge

優雅な山岳リゾートホテルBuffalo Mountain Lodge(バッファロー マウンテン ロッジ)は、かつて先住民から“眠るバッファロー”と呼ばれた、トンネル山に位置する。閑静な山奥に佇むログハウス調のモダンな建物は、天井も高く心地よい雰囲気。ラウンジで暖を取りながら地元で調達された上質の食材をいただく、これ以上ない贅沢なひととき。

SHOP INFORMATION

Abraham Lake

Baffalo Mountain Lodge
700 Tunnel Mountain Rd, Banff, AB, Canada
https://crmr.com/buffalo/

Abraham Lake

360°どこから見ても隙間のない満天の星空。吸い込まれてしまうほどにまばゆい夜空を眺めていると、改めてこの地球に生まれた幸せを感じる。

Abraham Lake

ライトを消して真っ暗な世界の中にひとり。神秘的な星空の美しさに包まれる、究極のデトックス。

Abraham Lake

雪が音を吸収し、とても静かな空気に包まれる。天候に恵まれ、奇跡的にオーロラが星空を彩ってくれた。

Abraham Lake

星ひとつひとつの輝きが強く、まるでダイヤモンドが舞っているよう。悩みは消え、頭はクリアに。ただひたすら自然のパワーを堪能して。

Abraham Lake

目を閉じても見える星空と一体化したとき、感じたことのないピースフルな気持ちが芽生えてくる。

Star Gazing Tour
@ Minnewanka Lake

カナディアン・ロッキーの夜空に広がる大自然のプラネタリウム。夜間照明の少ないミネワンカ湖では、まるでダイヤモンドのように輝く、ロマンティックで幻想的な星空が鑑賞できる。見渡す限りの夜空に埋め尽くされた幻想的な世界は、思わず言葉を失ってしまうほど。自然の恵みに包まれながら美しい星々を心に刻み込んで。

SHOP INFORMATION

Abraham Lake

Minnewanka Lake
Banff National Park, Alberta, Canada
https://www.banfflakelouise.com/lake-minnewanka

ほかの都市もチェック!

Costume

〈ice bubble watching, hanging out in town , hiking , star gazing tour〉レッドフード付きアウター¥95,000/CANADA GOOSE(カナダグース 千駄ヶ⾕店) デニム¥22,000/ LEVIʼS® AUTHORIZED VINTAGE(リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社) グレーリブニット帽¥3,900 リュック/ともにKARRIMOR(カリマージャパン) その他/すべてスタイリスト私物〈shopping , lodge〉フリンジニットジャガードカーディガン¥35,000/ LEINWANDE ( エムエイティティ) デニム¥22,000 / LEVIʼS® AUTHORIZED VINTAGE(リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社) その他すべてスタイリスト私物 カナダグース 千駄ヶ⾕店 03-5860-6518 リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社 0120-099-501 カリマージャパン 03-3221-6883 エムエイティティ( ラインヴァンド)INFO@THE-MATT.COM

Partnership with Destination Canada,Northwest Territories Tourism

Staff

Photographer: Gen Saito Stylist: Yoshino Videographer: Ricardo Nobuo Shima at Media Bucket Video Editor: Nouzo,Yozo Model: Marika Kai at Irving Coodinator: Kaz Yagi at motion pla-net Text: Maiko Narikiyo Editor: Mihoko Iida Video Direction: Eri Imamura Video Producer: Yosuke Endo Web Direction: Mio Takahashi